ニック・メイスン「新プロジェクト、ピンク・フロイドのメンバーが支援的なのが厄介」

twitterツイート

ニック・メイスンは、ピンク・フロイドの初期の曲をプレイする新プロジェクトNick Mason's Saucerful Of Secretsを始動する際、デヴィッド・ギルモアとロジャー・ウォーターズに計画を打ち明けたそうだ。彼らは支援してくれたが、それが厄介なところでもあるという。

◆Saucerful Of Secrets画像

英国の『Uncut』のインタビューで、Nick Mason's Saucerful Of Secretsにギルモアやウォーターズを誘うつもりはなかったのかと問われたメイスンは、こう答えた。「いや、彼らは誘わなかったよ。それじゃあ、ピンク・フロイドになっちゃうからね。でも、彼らには僕が何をしようとしているのか、伝えたよ。礼儀としてね。2人とも支援してくれたと言っておかなきゃな。それって、ちょっと嫌だなと思ったけどね! “ああ、やってみたら、バカなまねして”みたいな…。デヴィッドがインターネットをチェックしてるのは知ってるんだ」

Nick Mason's Saucerful Of Secretsはメイスン、スパンダー・バレエのゲイリー・ケンプ(G)、ピンク・フロイドのツアー・メンバーだったガイ・プラット(B)、ザ・ブロックヘッズのリー・ハリス(G)、プロデューサー/作曲家のDom Bekenというラインナップで、5月にロンドンのクラブで初ライブを開催。

好評につき、9月にUK/ヨーロッパ・ツアーを行なう。

Ako Suzuki



twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報