【インタビュー】vistlip、花を主人公に描いたニューSG「薔薇は人のために咲くんだろうか?と考えた」

twitterツイート

ニューシングル「BLACK MATRIX」がテレビアニメ『千銃士』のエンディングテーマとしてオンエア中のvistlip。

◆ミュージックビデオ ほか

切なさを含んだ美しいメロディ、構築されたサウンド、人間ではなく“花”を主人公にして一途な想いを綴った歌詞もいかにもvistlipらしい。ミュージックビデオのショートヴァージョンがすでに公開されている。今回のインタビューではナチュラルメイクの智(Vo)が演技シーンで意識した人気俳優の名前も挙がった。

結成11年目を迎え、バンドをやる楽しさが増しているというvistlipがメンバーチェンジなしで続いてきた秘訣から、制作中のアルバムのことまで智、海(G)、瑠伊(B)の3人がvistlipの今現在を語り尽くす。

   ◆   ◆   ◆

■主人公を花にすることによって僕が描く世界に落とし込める(智)
■深読みしてくれる人がいたら、それでいいかなと思った(海)

──テレビアニメ『千銃士』のエンディングテーマとしてオンエア中のシングル「BLACK MATRIX」は構成は凝っているのにvistlipならではの美しくて強いメロディが飛び込んできます。アニメのテーマということで意識したことがあったら教えてください。

智:アニメのお話をいただいて、曲や歌詞のイメージの要望もあったので、それをTohya(Dr)に伝えて制作し始めました。「なんで1人だけなんだろう?」って感じなんですけど(笑)。

瑠伊:ちょいちょいあるよね。誰かにだけ密告する(笑)。

▲智(Vo)

──(笑)密告って。

智:適している人にね。

──アニメサイドのリクエストを聞いて、だったらTohyaさんの曲が合っているかなと?

智:そう思ったんですよね。僕は曲を作ることができないけど、ピアノから始まってデジタルな要素があって“Aメロ、Bメロ、サビはこんな感じ”っていうのが頭の中にあったのできっとTohyaが自分が思っていることを具現化してくれるんじゃないかって。

──かなり具体的ですね。そこまで伝えるのは珍しい?

海:Tohyaには明確に伝えることがちょいちょいあるよね。

智:ほかのメンバーが作る曲はそれぞれの色が濃いんですよ。Tohyaは器用なタイプだっていうのもあって。

──Tohyaさんの曲を聴いて“今までと違う”と思った部分はあります? それとも“らしい”と思いました?

瑠伊:らしさもありますね。展開の多さ、綺麗なメロディは今までのvistlipらしいところなんですけど、Aメロに移行するまでのインターバルのちょっと妖しい雰囲気は今までと一味違うのかなって。

海:Tohyaらしさは全開なんですが、今まで作っていなかった系統ではあるなって。Tohyaの曲って展開が変わるからノリがとりにくいんですけど、この曲は案外ノリやすいですね。

▲Yuh(G)

──智さんは曲をどう受け取って歌詞を書き始めたんですか?

智:どういう歌詞にするかはボンヤリ考えていたんですけど、期待以上の曲が上がってきたのでデモを聴きながら書き始めて……。先方からいただいていたテーマは憧れの人に対する想いや姿勢だったんですけど、いろいろ悩んだ結果、人間じゃなく、花を主人公にしてみました。

──薔薇が主人公の歌詞になっていますよね。

智:そう。薔薇ってvistlipにあまり合わないんじゃないかと思って使ってこなかったんですけど、アニメのストーリーも考えていく中、主人公を花にすることによって僕が描く世界に落とし込めるかなと思ったんです。庭にいる俯いている女性がいて、人のために薔薇は咲くんだろうか、どう動いていくんだろうかって考えて書きました。

──薔薇は孤独な女性を愛し、害虫から守るためにツタを絡めていくわけですが、最後は“花言葉も示している様に1人1人に大切な役割。やがて君も強く咲いてほしい。”という歌詞で終わりますね。海さんの公式コメントによると、エンディングの歌詞は2パターンあったとか?

海:そうですね。どっちにするか迷っていて。

智:最終的に前向きヴァージョンのほうにしたんです。とは言え、自分の中では決して明るいわけではなく、主人公は花なので想いは届かず“君も強く咲いてほしい”と願うしかないんですね。「“したい”ばかりが膨らんでいく蕾。」っていう歌詞は君に近づきたくても花は無力なので、欲求が花を咲かせる力に繋がっていくイメージで書いていったんですけど、この主人公には君のためを思っているだけではなく、黒い部分もあるなって。黒い薔薇の花言葉は、“独占欲、束縛”なんですが、例えたら赤い薔薇の中に黒い点がポツッとあるようなイメージ。最後に薔薇を咲かせたら、かわいそうな内容になっちゃうんですよ。なので、もう1つのヴァージョンは黒い薔薇が最後に出てくるミュージックビデオのほうで表現しました。

海:Tohyaが前向きに終わらせるイメージで曲を作ったと言っていたので、智から「どうする?」って相談された時に「だったら、もう1つのエンディングはミュージックビデオで使おう」って。深読みしてくれる人がいたら、それでいいかなと思ったんです。

▲海(G)

──ハードな部分と繊細さが同居している曲だと感じましたが、この曲をプレイするに当たって音作りなど、どんなところに気をつけました?

瑠伊:アニメのタイアップなのでTVのスピーカーからベースが少しでも聴こえてほしいなって。隙間を縫ってヌルッと出てくるようなフレーズを考えて弾きました。

海:ギターはいわゆるギターロックのような分離のいい音を鳴らしたら、ほかの楽器と合わさった時にまとまらなくなるなと思って、シンセとの相性も考えてラウド寄りの少しまとまった音にしました。あとはピックひとつで音の感触が変わるので硬いピックを使っています。

──先ほど話に出たミュージックビデオは智さんがコールドスリープのケースから目覚めて彷徨うイメージシーンと演奏シーンで構成されていて、薔薇の花びらが効果的に使われていますね。見どころは?

智:今まででいちばんメイクが薄い(笑)。それと海の私服を着ています。

海:上はビデオ用の服。パンツと靴は俺の私物。

瑠伊:階段をのぼっていくシーンとか?

智:そう、そう。菅田将暉さんのイメージでやってみたんだけど(笑)。

海:オマエがやると綾野剛さん寄りになる(笑)。


智:そうだね。酸素カプセルは貸してもらったんだよね?

海:そう。コールドスリープに見えるものを探してたんですよ。酸素カプセルか日焼けサロンのマシーンだねっていうことになって。

瑠伊:日焼けマシーンだったら面白かったのに(笑)。

海:偶然、酸素カプセルのメーカーさんがvistlipのことを知っていて「それだったら」って貸してくれたんですよ。「これホントに返すの?」って思うぐらい加工しちゃったんですけど(笑)。

智:ははは。やっちゃってたよね。僕はカプセルの中に入っている時、静かで温度も気持ちよくてちょっと寝てしまいました(笑)。

▲瑠伊(B)

──それが朦朧とした演技に活かされているのでは?

海:確かに今回、全体的に演技上手かった。

智:そう? じゃあ、そっちのほうも狙っていこうと思います(笑)。

瑠伊:菅田将暉さん?(笑)。

──ポスト菅田将暉。

海:(笑)おせーよ。

瑠伊:だいぶ年下だからね(笑)。

海:演技も含め、いつもの智とは違う面が引き出されていると思います。それと演奏シーンも全員とかソロショットではなく、智以外はギター隊、リズム隊の2人ずつに分けて撮っています。前回のシングル「Timer」の頃から温めていたアイディアが実現しました。

瑠伊:2人で向かい合って演奏するのは照れくさかったですね。

──ライブではあり得るんじゃないですか?

瑠伊:ライブは1曲の中の一瞬だけど、まるっとTohyaを見ながら弾くって何か甘酸っぱかったです(笑)。

海:Tohyaは座って叩いてるからね。俺とYuhは目も合わなかったけど。

瑠伊:しかもアイツ、目が合うとそらすんですよ(笑)。それがよけい恥ずかしくなった。

▲Tohya(Dr)

──ダンサーが出演した前回の「Timer」から演奏シーンや衣装がストリートっぽくなってきているような。

海:10周年ぐらいからそういう傾向になってますね。vistlipの初期が今のようなスタイルだったので、あの頃の感じを今やってみたら新しいことができるだろうなって。「BLACK MATRIX」に関しては曲を聴いた時から人気がない廃墟みたいな場所で撮影したいと思ってましたね。最後に薔薇の花びらが上から降り注ぐシーンもイメージしていました。

──それと今回、歌詞のテロップが流れていますね。

智:今後も出していきたいと思ってます。

海:智からリクエストされました。

智:せっかく歌詞を評価していただいているので読んでほしいなって。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報