【ライブレポート】Soanプロジェクト、ロリータ服と浴衣姿で一夜限りの<真夏の夜の夢>

twitterツイート

そして8月22日に同じく渋谷REXで行われたのが、“~下駄と帯紐と私、愛する貴女のため・収穫祭~”と副題のついたSoanプロジェクト with 芥によるワンマンライブ。こちらはSoan、芥(from Chanty)、K、Shun、Ivyのメンバーが全員和装姿でライブを行った。

◆ライブ写真
「右手を上げていこうぜー、折り畳め!」というSoanの言葉を合図に流れたのが「月欺けば傀儡が笑う」。とても雅で、妖艶さを抱いた楽曲だ。妖艶でたおやかな楽曲だが、低音効いた音の刺激で観客たちは激しく動く。Soanプロジェクト with 芥は最初から本能を剥き出しに観客たちへ挑みかかったのだ。煽り続けるSoanの声に導かれ、「薄紅は舞い散り寂光に消える」も繰り出される。重厚な音が気持ちを熱く掻き立て、ヘッドバンキングも起こる。

荒々しい音を掻き鳴らすShunのギター、そこへ重なる重厚なリズム隊が生み出す激しい音の唸り。その刺激に触発されたフロアー中の人たちが、舞台上へ絶叫を返してゆく。雄々しい歌声を魅力に「隔つ虚構紡ぐ真実と憧憬」を歌いあげる芥。彼の歌は常にドラマティックで、観客たちを猛暑以上の熱気渦巻く世界へ引きずり込んでいく。演奏は、芥の叫びを合図に重い衝動を響かせる「透過幕」へ。さらに痛む心へ切なさを刺すように、狂気をまとった「濁った瞳」も提示。壊れそうな感情を、気持ちへ委ねるままに歌う芥。 荒れ狂う音の中で嘆く彼の歌声が、胸を搔きむしる。


「全員派手にいこうぜ」といって始まった「朽ち木の行方」では、会場中の人たちが頭上高く手を掲げ手拍子しながら跳ねだした。重く激しい唸りを上げた演奏が、観客たちの身体を思いきり動かしていく。重厚なダンスビートだ。と、ここでこれまでの重厚な演奏から一変、Soanプロジェクト with 芥が届けたのが、JITTARIN JINNの「夏祭り」。そこからダンスビートナンバー「arrive」や「hysteria show time」で、さらに勢いを付けて宴を彩っていく。

本編最後に、Soanプロジェクト with 芥はふたたび「月欺けば傀儡が笑う」を披露。ここでは“~煽りループver.~”として、何度も煽りを繰り返す。ループを繰り返すほどに乱れる理性と浴衣。途中、Kが「お前ら何年バンギャルやってんだよ、もっと前へ来いよ」とマイクを持って煽る場面も。


アンコールでは、メンバー一人一人がポースを決めながら舞台へ登場。「また来年もこういう機会をもてたらなと思います」と、Soanプロジェクト with 芥が届けたのが、美しく、切なくも、愛おしさに満ちたメロウナンバー「刹那を駆ける命の一行に」だった。ジワジワと胸に染み渡る温かい歌声へ優しく抱かれるように、誰もが微笑ましい笑みを浮かべ、スケールあふれたこの楽曲に身を寄り添っていた。すべての嘆きや興奮を空へ解き放つように流れた歌に吸い寄せられ、星の一つ一つとして夜空へ溶け込むような気持ちでSoanプロジェクト with 芥の描いた宴がフィナーレを迎えた。

写真◎遠藤真樹
取材・文◎長澤智典
編集◎BARKS

  ◆  ◆  ◆

なお、Soanプロジェクトは9月5日、9月19日にミニアルバムを発売。現在、YouTubeにて試聴動画も公開中だ。そして9月26日に開催されるBARKS主催イベント<千歌繚乱vol.18>に、Soanプロジェクト with 芥が出演することも決定している。こちらのチケットは現在、イープラスにて発売中。



セットリスト

「月欺けば傀儡が笑う」
「薄紅は舞い散り寂光に消える」
「隔つ虚構紡ぐ真実と憧憬」
「透過幕」
「濁った瞳」
-中間SE-
「undelete」
「sign…」
「朽ち木の行方」
「夏祭り」(Cover)
「arrive」
「hysteria show time」
「躁狂の踊り子~山紫水明の宴~」
「月欺けば傀儡が笑う」~煽りループver.~
-ENCORE-
「刹那を駆ける命の一行に」
-End SE-
「紫陽花がまた咲く頃に」

Soanプロジェクトwith芥 3rd Mini Album『動猛成る狂想、動脈に射つ。』

2018年9月5日(水)Release
全7曲収録/¥2,600(tax out) /S.D.R-337
【Recording Musician】
Produce・Music・Drums:Soan
Lyric・Vocal:芥(from Chanty)
Guitar・Voice:K
Guitar・Voice:Shun
Bass:Ivy

【収録曲】
All Music:Soan All Lyric:芥
1.『heart』
2.『濁った瞳』
3.『meteo trive』
4.『朽ち木の行方』
5.『月欺けば傀儡が笑う』
6.『frowery count』
7.『紫陽花がまた咲く頃に』

Soanプロジェクトwith手鞠 3rd Mini Album『静廉鳴る共奏、静脈に宛がう。』

全6曲収録/¥2,600(tax out)/S.D.R-338
【Recording Musician】
Produce・Music・Drums・Piano:Soan
Lyric・Vocal:手鞠
Acoustic Guitar:タイゾ(from Kra)
二胡・Chorus:祐弥
Violin・Viola:Sachi(from 黒色すみれ)

【収録曲】
All Music:Soan All Lyric:手鞠
1.『落下の挙動、加速、暗転、反射 そして調和する僕と君と。』
2.『春色の音色、記憶回廊』
3.『黄昏色に融解する視界と屈折した類推(アナロジー)』
4.『醜悪なる獣穿つ矢、致死を以て野卑を屠る』
5.『吐情、舌上、熱帯夜』
6.『紫陽花がまた咲く頃に』

<Soanプロジェクト 3rd Mini Album『静廉鳴る共奏、静脈に宛がう。動猛成る狂想、動脈に射つ。』Release Oneman live>

2018年9月30日(日)新横浜NEW SIDE BEACH!!(神奈川県)
open 17:00/start 17:30
adv¥4,500/day¥5,000
Soanプロジェクトwith手鞠/Soanプロジェクトwith芥

<Soanプロジェクトwith芥 3rd Mini Album『動猛成る狂想、動脈に射つ。』Release Oneman Tour>

2018年11月10日(土)札幌Crazy Monkey(北海道)
open 18:00/start 18:30
adv¥4,500/day¥5,000

2018年11月10日(日)札幌Crazy Monkey(北海道)
open 16:30/start 17:00
adv¥4,500/day¥5,000

2018年11月24日(土)大阪北堀江club vijon(大阪府)
open 18:00/start 18:30
adv¥4,500/day¥5,000

2018年11月25日(日)名古屋今池3Star(愛知県)
open 17:00/start 17:30
adv¥4,500 day¥5,000

<Soanプロジェクトwith手鞠 3rd Mini Album『静廉鳴る共奏、静脈に宛がう。』Release Oneman Tour>

2018年12月8日(土)大阪北堀江club vijon(大阪府)
open 18:00/start 18:30
adv¥4,500 / day¥5,000

2018年12月9日(日)名古屋ell.SIZE(愛知県)
open 17:00/start 17:30
adv¥4,500 day¥5,000

2018年12月15日(土)博多DRUM Legend(福岡県)
open 18:00/start 18:30
adv¥4,500 / day¥5,000

2018年12月16日(日)博多DRUM Legend(福岡県)
open 17:00/start 17:30
adv¥4,500 day¥5,000

◆Soan オフィシャルブログ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報