水森かおり、ファンとの距離の近さが魅力の恒例カラオケパーティー

twitterツイート

“ご当地ソングの女王”水森かおりが、9月3日(月)東京・日本橋のライブレストラン「HIT STUDIO TOKYO」にてDAM★ともカラオケパーティーを行い、最新シングル「水に咲く花・支笏湖へ」を披露したほか、じゃんけん大会やファン参加のカラオケを行う等、大いに盛り上がった。

このイベントは、カラオケDAMで「水に咲く花・支笏湖へ」を歌って選ばれた人が招待されて行われたもの。今回、1,000人を超える応募があったとのことで、当選した幸運な40組80名が会場に集まった。


13時になると、水森かおりの全国ツアーの専属司会を務めている西寄ひがしがステージに上がる。軽妙なトークでお客さんを温めると、全員による「かおりちゃ~ん!」コールに呼びこまれ、水森かおりがステージに登場した。このイベントの毎回の楽しみの一つは水森の着る衣装となっているが、今年は目にも鮮やかな黄色いドレス姿だ。ひまわりのように明るい水森にピッタリのイメージといえよう。まずは、2017年に15年連続紅白歌合戦に出場した際に歌った「早鞆ノ瀬戸」を披露。見事な歌声に吸い寄せられるように聴き入る観客たち。皆、うっとりとした表情で目の前の水森を見つめている。これだけの至近距離で歌を聴けることはめったにない体験だ。


「ありがとうございます!お集まりいただき、嬉しいです!今日は会場がムーディーな雰囲気なので、ドレスくらいは鮮やかに。“ゲッツ!”っていう感じで(笑)」と、ダンディ坂野の黄色いスーツを引き合いに出して笑わせる。今日初めて水森の生歌を聴いたという人もいたようで、客席からは「綺麗!」「かわいい!」「聴いたらもっと歌いたくなる」と、興奮した声が上がっていた。

「みなさん、どちらからいらっしゃいましたか?」との問いかけには、山形県や香川県、山口県など、遠方の県からという声が上がった。そんなお客さんたちを前に続いて歌われたのは、宮城県のご当地ソング「松島紀行」と北海道のご当地ソング「釧路湿原」。釧路の幣舞橋には「釧路湿原」の歌碑があるそうで、歌碑には水森の写真が貼ってあり、スイッチを押すと「結構なボリュームで」歌が再生されるのだとか。身振りを交えて情感豊かに歌う水森。曲の途中、一瞬歌詞が飛んでしまうハプニングもあったものの、珍しいシーンでファンにとってはむしろ貴重な瞬間だったかもしれない。「思い出した!失礼しました(笑)」と笑う水森にお客さんも笑いつつ拍手。こうした空気もこのイベントならではの和やかさがある。


最新シングル曲「水に咲く花・支笏湖へ」が、記念すべきご当地ソング100曲目であることが明かされると、客席から大きな拍手。まだ歌われていない都道府県は、千葉県、徳島県、宮崎県、福岡県の4県。最初は「47都道府県を全国制覇したいです」と冗談半分で言っていたものの、次第にそれが現実味を帯びてきたという。「その中でもこの曲との出会いが、水森かおりの歌手人生を大きく変えてくれたと思います」と、2003年に紅白初出場の舞台で歌った曲「鳥取砂丘」のタイトルが告げられると、大きな拍手が送られ、水森も一層力の入った歌唱となっていた。距離の近さもあり「歌ってるときは、みなさんが審査員みたいに見えて緊張する(笑)」という水森だが、もちろんその歌唱力、表現力は迫力満点だ。


ここで恒例の「じゃんけん大会」を実施。数々の賞品プレゼントの後、じゃんけんで勝った3名が水森の横でカラオケを歌えることに。会場がドッと盛り上がる中、女性2名、男性1名がステージに。みなさん「水に咲く花・支笏湖へ」をカラオケで歌う大ファンばかり。それぞれのキーに合わせて1コーラスずつ歌を披露した。どの方も、曲を聴き込み、何度も歌っていることがわかる歌いっぷりで、歌い終わると「今までで一番上手く歌えました」「かおりちゃんと一緒に歌えますように、って神棚にお願いしてきました」と、感激した様子で感想を述べていた。歌う方1人1人に寄り添って聴いていた水森は「素晴らしい歌声!」と絶賛。さらに「これで終わっちゃうのは、もったいないんじゃない?」という水森の提案で、アンコールとして再びお客さんとじゃんけん大会を開きカラオケをすることに。今回も男性1名、女性2名が参加。緊張した様子もありつつ、思い入れたっぷりに歌声を披露していた。どの方も、水森の歌を愛していることがよくわかる見事な歌唱で、見守っていたお客さんからも大きな拍手が贈られた。


24年目のデビュー記念日に行われる毎年恒例の中野サンプラザでのコンサートについての話になると、今回はドレスも全部新調するとのこと。また、2017年の紅白出場時のハーネスを付けて空中で歌う演出も再現される模様。さらに9月19日に発売されるオリジナルニューアルバム『歌謡紀行17~水に咲く花・支笏湖へ~』に話題が及ぶと、カバー曲も収録されているとのことで、八代亜紀、瀬川瑛子の曲を一節披露する場面もあった。


そして最後は、「16年連続紅白歌合戦出場を目指す勝負曲」として、「水に咲く花・支笏湖へ」を歌唱。この日一番の気合いの入った真剣な表情での熱唱に、聴いているこちらもグッと力が入るように惹きつけられた。最後はリズムに乗せてビシっとポーズを決めて「ありがとうございます!」とニッコリ。イベントのエンディングは、ステージ上からお客さんとともに記念撮影を行った。


「今日は本当にありがとうございました。カラオケパーティーは3回目ですけど、改めて歌に対する情熱を持ったお客さんがお集まりくださったと思いました。もうすぐデビュー24年目に入りますけど、私は、この24年間というのはカラオケファンのみなさんに支えていただいて、成長させていただけた24年間だと思っています。これからもカラオケファンのみなさんと共に歌の幅を広げて成長していけるように頑張りたいと思うので、いろんな水森かおりの歌を愛して歌ってくれたら嬉しいです。またどこかでお会いしましょう!終わりー!」と、満面の笑みで客席に手を振り、万雷の拍手の中でイベントを締めくくった。

◆水森かおり インタビューへ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報