話題のテイラーV-Classギターに「514ce」「414ce Rosewood」「414ce」モデルが追加

twitterツイート

ボリュームとサスティンを両立し、世界中で話題となっているテイラーの「V-Class」ブレーシング採用モデル。先に発売された8モデルに続き、新たに「514ce V-Class」「414ce Rosewood V-Class」「414ce V-Class」の3モデルが登場した。


▲長く使われてきたXブレーシングではなしえなかった、硬さと柔軟性を両立したV-Classブレーシング。サウンドボード上に発生した複数の音波が互いにキャンセルされることなく届くのが特徴。

NAMM Show 2018で発表され、大きな話題となったV-Classブレーシングは、これまでアコースティック・ギターに採用されてきたXブレーシング構造をさらに進化させたもの。ボリュームはより大きく、サステインはより長く、そしてこれまでプレーヤーがあきらめていたイントネーションの精度が劇的に改善。どのポジションを押さえてもピッチの狂いを感じさせないのが特徴だ。

ブラック・グラファイトのナットが目印のV-Classブレーシング採用モデルは5月から続々リリース、今回新たに3モデルが追加発売となった。3モデルともピックアップにはExpression System 2 (ES2) を採用。Taylor DLX Hardshellケースが付属する。

「514ce V-Class」は、サイド&バックにトロピカル・マホガニーを採用した500シリーズからのモデル。マホガニー材は中音域がダイナミックでパンチのあるトーンが長年アコースティック・プレイヤーに愛されている木材。「514ce V-Class」はグランド・オーディトリアム(GA)シェイプで、トップ材はレッド・シダー。


▲514ce V-Class


400シリーズからは、異なる材を採用したグランド・オーディトリアム(GA)シェイプの2モデルが登場。

「414ce Rosewood V-Class」は、アコースティックギターにおいて、ポピュラーかつトラディショナルなローズウッドをサイド&バックに採用。クリアーでバランスが良く、サスティンにも優れている。トップにはシトカ・スプルースを採用する。


▲414ce Rosewood V-Class


「414ce V-Class」は、アフリカの木材オヴァンコールをサイド&バックに採用。オヴァンコールはインディアン・ローズウッドと類似したトーンを持ち、低音と高音の広いレンジなど多くの特徴を共有する。その一方で、わずかに豊かなミッドレンジとコア材にも似た明るい高音が独自の特徴となっており、多彩なサウンドが多くのプレイヤーに好まれている。


▲414ce V-Class

製品情報

◆514ce V-Class
価格:450,000円(税別)
◆414ce Rosewood V-Class
価格:410,000円(税別)
◆414ce V-Class
価格:378,000円(税別)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス