【千歌繚乱インタビュー】ヘルタースケルター、V系歌謡曲で勝負

twitterツイート

■“その場所に自分が立ってる”っていう感覚を与えたい

――では、自分たちにしかない魅力も教えてください。

朝比奈 悠:やっぱり一番は、メロディだったり歌だったり、あと言葉だったり、曲の芯となる部分がどこのバンドよりも強いなって思います。

kaz:曲調と、悠さんの独特の小説っぽい詩は大きな魅力ですね。でもだからといって“ザ・歌謡曲”なライブをしているわけじゃなくて、ライブはガンガンいくところもポイントです。

魅影:独自の世界観があることはもちろん、楽しめる曲もある。でも楽しめるように作った曲でも、メロディがいいというのは他のバンドと違う点です。

ハル:自分はもうこのメンバーがメンバーであることが、他のバンドにはない魅力だと思っています。このメンバーが集まって音楽やって、売れないのはありえない。150%言い切れるんで。

▲ハル(G)

――おぉ自信たっぷりですね! 各メンバーのどういったところが魅力的ですか?

ハル:魅力的な部分がありすぎて、どっから言っていいのかわかんない(笑)。ひとつ言えるのは、相当変な人間が集まったバンドだってこと。

御笠 ねる:違うベクトルに変な偏屈が集まってるから、逆に喧嘩にならないよね。ともなやつはひとりもいない。たぶん誰も就職できないですよ(笑)。

一同:(笑)。

朝比奈 悠:まぁでも流行ガン無視してこういうバンドやってる時点で、変だよね(笑)。あえて流行と逆行しようぜっていってるところがもう、ね。

御笠 ねる:確かに。でもほんとにヘルタースケルターは曲が良くて。どんな売れてるバンドでもフルアルバムの中で一曲くらいは微妙な曲ってあるじゃないですか。僕もエリック・クラプトンめちゃくちゃ好きですけど、それでも自分にはあんまり…って曲もあるし。でもヘルタースケルターで今日のセットリスト微妙だったなって日はないし、SEからいいなって思える。一曲もこれ微妙だなって曲がない。

――楽曲を制作する上で心がけていることは?

御笠 ねる:絶対に鼻歌か口笛で作ること。ギタリストってよくギターでメロディ作るけど、なんでかわからないけど僕は鼻歌か口笛しか作らない。

悠:きっと、歌って気持ちいいフレーズが出てくるんだろうね。



――なるほど。

ハル:アレンジに関しては、上質な音楽を追求することを目標としています。あと、ちょっと聞いただけで「うちのバンドだ」ってわかることも大切。変わったメンバーが集まってるから個々のアレンジも個性的だし、それがあわさったら自然とヘルタースケルターらしくなるってのは感じています。

御笠 ねる:シンセがシャンシャン鳴ってなくても、ギターやベースをダウンチューニングしなくても、ヴィジュアル系っぽさは出てるし。絶対弦楽器隊はレギュラーチューニング。意地でも下げない。

朝比奈 悠:ツーバスドコドコしなくても、シャウトしなくても、ね。

――歌詞も特徴的ですよね。

朝比奈 悠:今流行りの音楽って、わざとぼかして歌詞をかいて聴き手が自分の状況に当てはめて感情移入できるように作られてると思うんです。とりあえず“会いたい”とかとりあず“寂しい”とか。じゃなくて僕はある程度詳細を提示してあげて、VRのように“その場所に自分が立ってる”っていう感覚を与えたいんです。

――それは面白い。

朝比奈 悠:そのために歌詞にはストーリーがイメージしやすいよう物、場所、天気、時間帯を入れ込むようにしていて。聴いた人が映画を見たり小説を読むように、自分がストーリーの中に入っていくという感覚になれる歌詞を書いています。

▲kaz(B)

――そういう歌詞にしようと思ったのか、自然とそうなったのか、で言うと?

朝比奈 悠:自分が好きだから、が一番ですかね。もともと映画を観るのも小説を読むのも好きですし、自分にインプットされているものを表現するというか。自分自身が歌詞に具体性のあるバンドが好きだったのもありますし。あと、たくさんのバンドが居る中でどう差別化していくか、ということを考えたとき、“自分の持っている武器の中で何が一番強いか”を考えたんです。ストーリー性があって、小説のような歌詞というのは、自分の強みだと思っています。

――10月31日にリリースされるニューシングル「哀燦々」はどんな曲ですか?

御笠 ねる:大まかな雰囲気は結成記念シングルの「斜陽」を踏襲した感じで、メロディと歌詞は歌謡曲だけどもうちょっとロックっぽくなりました。

ハル:これは前の作品と比べて、自分は“重い”と感じたんです。前の作品は“綺麗”が先にあった。綺麗で切なくて、でもキャッチーみたいな。でも今回はロックっぽくて真っ直ぐなバンドサウンドですね。

kaz:「斜陽」では繊細で哀愁漂う、小ぎれいで小じゃれたアレンジをしていたんですが、今回は普通に聴いているだけでは複雑には聴こえないと思うんですが、普通じゃないものを組み込みました。

魅影:ドラム的には「斜陽」より変なことしてないというか、より聴きやすいようにまとめたというか…。そうですね、曲のイメージは、う~ん。「斜陽」っていうか、歌謡曲?…そんな感じで。

御笠 ねる:口下手か!


――(笑)。歌詞のストーリーは?

朝比奈 悠:テーマは、とある種類の恋愛です。「斜陽」は過去を回想している切ないストーリーだったんですが、今回はテーマも重めですね。僕も曲を聴いてハルと同じように重さを感じていたのかもしれないです。

――これからミュージックビデオも撮影されるとか。

朝比奈 悠:今回はエキストラの人を呼んだり、ドラマ仕立てとまではいかないですけど、象徴的なシーンと演奏シーンで展開していきます。曲自体のストーリーが出来上がってるから、前編ドラマにしちゃうと面白みがないので。

――自分たちの色をよく考えていますよね。

朝比奈 悠:バンドは適当に楽しむよりも、考えてやったほうが面白いですからね。

▲魅影(Dr)

――話は変わりますが9月26日<千歌繚乱vol.18>への意気込みも聞かせてください。

ハル:意気込みというか、僕はこういった対バンイベントでもあまり周りのバンドに興味がないんですよ。それは絶対に自分のバンドが一番だと思ってるから。で、こういってる理由を、ライブを見て感じてもらえたらいいかなと思います。

朝比奈 悠:この日の出演バンドは歌モノを集めたんだなっていう主催者さんの意図は察していましたね。大先輩もいますし、普段から対バンしているバンドもいますが、その中で必ずしも上手くなくてもいいから、一番伝わる歌を歌いたいです。

御笠 ねる:歌モノバンドについているお客さんって耳が肥えてる。だから歌モノが集まったこの日のイベントは、評価の基準が高いはず。でもヘルタースケルターには一回聴いてもらえればきっと心に残る曲があるので、ライブ当日じゃなくても次の日とかに「あぁそういえば昨日見たバンドのあの曲よかったよね、調べてみよう」ってなったら勝ちだと思ってます。

――ちなみにどんなセットリストになりそうですか?

御笠 ねる:いつも対バンするバンドのカラーを見て何の曲をやるか決めるんですが、<千歌繚乱vol.18>の日は結構悩ましいですね。

朝比奈 悠:ダークなバンドだらけのイベントライブで一曲目にバラードをやったり、キラキラバンドだらけのライブでトッパーだったら締めにバラードをやって場の熱気を抑えちゃうとか。そういう意味での、対バンするバンドのカラーを見る、です(笑)。

――当日を楽しみにしています。最後に、今後の目標を教えてください。

魅影:自分は堅実なタイプなんで、着実に一歩一歩進んでいけたらいいなと思っています。具体的なことだったら、一年後に池袋EDGEでワンマンとか。

朝比奈 悠:もうそれ目標って言うか、今後のスケジュールの話に近くない(笑)?

御笠 ねる:僕の目標は、来年は百曲作ること!100曲作って使える曲は10、よくて20くらいだけど。

kaz:あーそれ楽しみ。いちファン目線で、ヘルタースケルターのいろんな曲を聴きたいって思ってる。これからもっともっとたくさんの人に、僕たちの曲やライブの魅力を伝えていきたいですね。



ハル:僕は目標とか決めて頑張るってタイプじゃないんですけど、このメンバーでずっとバンドをやりたいです。何十年も。このメンバーで未来に向かっていけたらすごく楽しいなって思います。

朝比奈 悠:バンドとしての最終的な目標は、音楽の教科書にのるような曲を作ること。とにかく、いい曲を残したいなと。個人的には小説っぽい歌詞を書いているので、もういっそ書籍を作りたいなという野望もあります。…こういうのはどこで誰が見てるかわかんないからガンガン言っていったほうがいいと思うから言っておきます!

御笠 ねる:じゃあ俺も言っとく!ジャニーズに楽曲提供したい!

朝比奈 悠:あーいいね!あと、女性ボーカルの曲ばっかり集めたカバーアルバム出したい!アレンジもメンバーのフルアレンジで。

ハル:めっちゃ楽しいなそれ。

朝比奈 悠:池袋EDGEワンマンとの違いね(笑)。じゃあ魅影は無事池袋EDGEワンマンをソールドできたらさよならってことで(笑)!

魅影:えぇっ!?!?

取材・文◎服部容子(BARKS)

   ◆   ◆   ◆

ヘルタースケルターが出演する<千歌繚乱vol.18>、チケットは現在イープラスにて発売中。


<千歌繚乱vol.18>

日時:2018年9月26日(水)開場17:30 開演18:00
出演:EVERSSIC/Soanプロジェクトwith芥/ヘルタースケルター/The Benjamin/More
会場:渋谷REX
料金:【先行チケット】3,500円 【一般チケット】3,800円 【当日券】4,000円 ※ドリンク代別途

・チケット受付
【先行抽選受付】
7月13日(金)12:00~8月19日(日)16:00
チケット購入ページURL:[チケットデリ] http://ticket.deli-a.jp/

【一般先着受付】
8月20日(月)12:00~9月25日(火)
[イープラス]
チケット購入ページURL:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002265279P0030001

「哀燦々」

2018年10月31日リリース

■初回盤
HLSK-0002
¥1,900(税別)
Disc1(CD)
1.哀燦々
2.シュレディンガーの猫
3.まやかし
Disc2(DVD)
1.哀燦々ミュージックビデオ


■通常盤
HLSK-0003
¥1,500(税別)
Disc1(CD)
1.哀燦々
2.シュレディンガーの猫
3.まやかし

<「哀燦々」リリース記念主催ツアー>

<ヘルタースケルター流通第1弾singleリリース記念主催ツアー「哀燦々、大阪」>
2018年11月7日(水) 心斎橋JUZA
OPEN/START 17:00/17:30
Adv/Door ¥3500/¥4000(D代別)
出演 ヘルタースケルター/HAKLO/i.Rias/ballad/繋がRe:ゼロ

<ヘルタースケルター流通第1弾singleリリース記念主催ツアー「哀燦々、名古屋」>
2018年11月8日(木) 今池GROW
OPEN/START 17:00/17:30
Adv/Door ¥3500/¥4000(D代別)
出演 ヘルタースケルター/i.Rias/ペンデュラム/etc…

<ヘルタースケルター流通第1弾singleリリース記念主催ツアー「哀燦々、東京〜kaz生誕祭〜」>
2018年11月12日(月) 巣鴨獅子王
OPEN/START 17:00/17:30
Adv/Door ¥3500/¥4000(D代別)
出演 ヘルタースケルター/EVERSSIC/i.Rias/HiSHi/ソニックデスモンキー/DANGER☆GANG

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報