【短期連載インタビュー1】<長岡 米百俵フェス>総合プロデューサーが明かす本フェスのユニークさとは?

twitterツイート
PR

10月6日&7日に新潟県長岡市で開催される<長岡 米百俵フェス ~花火と食と音楽と~ 2018>。長岡名物の花火、新潟のグルメ、トップアーティストたちのライヴが楽しめるこのフェスの成り立ち、見どころについて全3回に及ぶインタビューにて紹介。まずはこのフェスの総合プロデューサーで株式会社キューブ代表の北牧裕幸氏に話を聞いた。

■長岡の魅力を伝えられるフェスを作りたい
――10月6日と7日に新潟県長岡市で<長岡 米百俵フェス ~花火と食と音楽と~ 2018>が開催されます。まずはフェス開催に至った経緯を教えていただけますか?

北牧:長岡市は私の出身地でもあるのですが、2~3年前に長岡市のほうから“長岡開府400年を記念して音楽フェスをやりたい”という話があったんです。音楽フェスはいまや日本中にありますし、最初はなかなか難しいのではないかと思っていたのですが、市のみなさんの熱意に押されるかたちで、<長岡 米百俵フェス>を立ち上げることになりました。やるからには“勝てるフェス”にしたいなと。

――長岡という場所でやる意味も必要ですよね。

北牧:はい。今回フェスを立ち上げるにあたって、まず“長岡という土地の良さをしっかり味わってもらいたい”と考えたので。長岡市という土地は、交通の便がすごくいいんです。東京から新幹線で最速87分ですし、関越自動車道、北陸自動車道、磐越自動車道の3路線が使える。会場の東山ファミリーランドもJR長岡駅から車で約10分の好立地ですし、このアクセスの良さは大きなメリットですよね。また、長岡は8月の花火大会が有名で、毎年100万人以上を集めています。この長岡花火を<長岡 米百俵フェス>でも堪能してほしいと思い、誘致させていただきました。先日、会場で試射を行なったのですが、花火を打ち上げる場所と客席の距離が近く、“ドーン!”という音もすごい迫力でしたね。花火も間近で観られるので、みなさんに喜んでいただけると思います。そして10月は米どころ・新潟の新米が楽しめる時期。地元の食も味わってほしくて、名店、老舗店にお願いして、出店していただくことになりました。長岡の16の酒蔵が一堂に介し、試飲や購入ができるのも魅力だと思います。


取材・文:森 朋之


<長岡 米百俵フェス ~花火と食と音楽と~ 2018>

『長岡 米百俵フェス ~花火と食と音楽と~ 2018』
10月6日(土)&7日(日) 
新潟県長岡市・東山ファミリーランド

【10月6日(土)出演者】 ※50音順・敬称略
NGT48、神田莉緒香、岸谷香、GLIM SPANKY、琴音、サンプラザ中野くん&パッパラー河合、にゃんぞぬデシ、BEGIN、BIGMAMA、藤木直人、FLOW、wacci
MC:楠雄二朗 / U.K. 、 長井短

【10月7日(日)出演者】 ※50音順・敬称略
いとうせいこう is the poet、Creepy Nuts、Shiggy Jr.、JUNNA、東京パフォーマンスドール、ねごと、ひなた、平原綾香、杏子/スキマスイッチ/松室政哉 from 福耳、安田レイ、横山だいすけ、渡辺美里
MC:楠雄二朗 / U.K. 、 加藤諒

■米フェススペシャル・ナビゲーター:山下穂尊(いきものがかり)
■米フェスサポーター(ロゴデザイン):森本千絵(アートディレクター)
■HOUSE BAND MEMBER
本間昭光 音楽監督(Key)
島田昌典 音楽監督(Key)

松永俊弥(Dr)
安達貴史(Ba)
林部直樹(Gu)
中村タイチ(Gu)
坂井”Lambsy”秀彰(Per)
足立賢明(Manipulator)

チケット一般発売日 2018年9月9日(日)
◆<長岡 米百俵フェス ~花火と食と音楽と~ 2018>オフィシャルサイト
DiGa:Online
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報