<ライヴレポート>シド、LIVE HOUSE TOUR開幕「ここが“いちばん好きな場所”」

twitterツイート

遂にこの日がやってきた。<SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR「いちばん好きな場所 2018」>の初日、9月3日の神奈川・CLUB CITTA’だ。

◆シド 画像

“いちばん好きな場所”とは、2008年のインディーズラストツアーで初めて掲げられ、2010年のライブハウスツアーでも使われたシドの原点を示す重要なタイトル。結成15年、バンド史上最大規模の31公演に及ぶ大ツアーに臨み、三たびそのタイトルを掲げた4人の思いとは? 午後7時5分、期待、緊張、興奮が入り混じった会場内の空気は、すでに発火寸前だ。


「行こうか、川崎!」

ゆうやが叩き出す猛烈な2ビート、明希の重くうねるベース、Shinjiの高速ギターリフに乗ってマオが叫ぶ。8月に出た新作ミニアルバム『いちばん好きな場所』の1曲目を飾った「VOICE」は、生で聴くとよりエモく激しく、サビで一気に空間が広がる感触がたまらなく気持ちいい。同じく新作からの「reverb」は、エレクトロサウンドを大胆に取り込んだヘヴィなメタリックダンスロックで、前作『NOMAD』収録のメタルチューン「XYZ」と並べて聴くと、興奮が倍増する。「頭からぶっ飛ばしていくぞ!」と叫び、マオが客席最前列に両足を突っ込んで歌っている。差し出された何本もの腕でマオが宙に浮いているような、その光景が一枚の美しい画に見える。


「ここが俺たちとお前たちの、いちばん好きな場所です。待った? 俺も待ちまくった。やっと今日が来た」──明希
「18年前にここに立ったことがあるけど、お客さんが3人しかいなかった。でも俺はガンガン頭振ってた。3人だろうと1000人だろうとやることは一緒です」──Shinji
「緊張してたでしょ? 俺も緊張した。でもそろそろ、ちったー(ちょっとは)ほぐれてきたんじゃないの?」──ゆうや

セットリストは、新作『いちばん好きな場所』を中心に、4月にリリースされた『SID Anime Best 2008-2017』の楽曲にも光が当てられる。『劇場版アニメーション「黒執事( Book of the Atlantic」』の主題歌になった「硝子の瞳」は、スピード感と哀愁とポップさが絡み合うシドの得意技だ。とにかくこの日のシドは力強く演奏し、しっかり歌うことに専念して、セットも含めて余計な装飾は一切ない。これがライブハウス、シドの原点だという意識がビンビンに伝わってくる。マオの表情も、いつも以上に笑顔いっぱいだ。


この日のハイライトをいくつか挙げるなら、その一つは間違いなく「その未来へ」だった。『いちばん好きな場所』の3曲目に置かれたバラードは、ライブハウス空間の中で、想像を超える豊かな広がりを聴かせてくれた。その未来へ、あなたへ、繋げよう。この歌はきっと、ツアーのアンセムになる。そう確信させる、真心のこもったパフォーマンス。

「昔はセットリストに、いろんな曲を入れて盛り上げようとしていたけど、今は“流れ”を大事にしてる。並べた時にどう響くかを、それが重要だと思うから」──マオ

マオの言葉通り、アッパーとスロー、激しさと柔らかさの区別だけではなく、流れの中で一つの大きな画を描いてゆく、パズルのような選曲が面白い。だからこそ、「マスカラ」のように懐かしい曲も、サイケな妖しさと解放感を兼ね備えたダンスロックとして、耳に新しい。ミニアルバムからの「ラバーソール」のような新しい曲も、屈託なくシンプルで明るいロックチューンとして、心に映える。15年続けたライブバンドの定番を盛り込みつつ、その先の未来へ向け、新しい刺激を生み出す。バンドの狙いは明確だ。


やはり初日の緊張感があったのだろう。アンコールは本編とは違い、かなりリラックスした4人の姿が見られた。メンバー紹介のタイミングを間違えてゆうやとマオが笑い合ったり、マオが観客に「どうやるんだっけ?」と聞いて場内が爆笑に包まれたり。かっこよく決めたシドもいいが、ちょっとずっこけた飾らない素顔のシドもいい。15年かけて彼らは、どちらの顔にも磨きをかけ、それが多くのファンを引き付けてきたのだと、幸福感いっぱいの客席を見ながらそう思う。

「この長いツアーのグランドファイナルを、来年3月、横浜アリーナでやります。横浜アリーナは、<dead stock TOUR 2011>の時に、震災で一回飛ばしちゃってるから、絶対にやりたかった。しかも震災の前日の3月10日。運命的なものを感じます」

 突然の発表に、すさまじい歓声と拍手が湧き上がる。これはリベンジではなく、願い。シドに関わるすべての人の思いは、きっと同じだろう。そしてこの日、最後に披露されたのは、ミニアルバムのタイトル曲『いちばん好きな場所』だった。弦楽器をフィーチャーした雄大なロックバラードは、「その未来へ」と並ぶツアーのアンセム候補だ。Shinjiのギターソロの、震えるような気持ちのこもり方が普通じゃない。少し前のMCで明希は「違うバンドじゃないの?っていうぐらいになって帰ってくるから」と言ってくれたが、ツアーが終わる頃、バンドが、そしてこの歌たちがどれだけ成長するか。その時が今から楽しみだ。


「15年経っても、ライブハウスが「いちばん好きな場所」だと言える俺たちを、素敵だと思う。これからも、そう思えたら素敵だよね」──マオ

マオの最後の挨拶に、15年の自信と、ファンへの愛情がにじみ出る。まずはツアーを完走し、次の目的地、2019年3月10日の横浜アリーナへ。1本1本のライブに思いを積み重ね、15周年のストーリーはまだまだ終わらない。

取材・文◎宮本英夫
撮影◎今元秀明


■ミニアルバム『いちばん好きな場所』

2018.8.22 Release
【初回生産限定盤 (CD+DVD)】KSCL-3076/7 ¥2,778+税
【通常盤(CD)】KSCL-3078 ¥1,852+税
<収録曲>※初回生産限定盤/通常盤CD共通
01. VOICE
02. Reverb
03. その未来へ
04. ラバーソール
05. いちばん好きな場所

▼購入者特典

▲スペシャルくじ付きステッカー


▲スペシャルどでかバッジ


▲スペシャル防滴スマホポーチ


▲スペシャルポストカード

【シド「いちばん好きな場所」スペシャルくじ付きステッカー】
対象店舗にてお買い求めいただいたお客様に、「シド「いちばん好きな場所」スペシャルくじ付きステッカー」を先着でお渡しいたします。ご購入いただいたらその場ですぐに、ステッカーのくじ部分をめくってください。“A賞”もしくは“B賞”と表記されていたら、お店の方にその部分をお渡しください。オリジナルグッズをその場でプレゼントいたします。尚、ハズレた場合でもそのままステッカーとしてご使用いただけます。
A賞:シド「いちばん好きな場所」スペシャルどでかバッジ
B賞:シド「いちばん好きな場所」スペシャル防滴スマホポーチ
<対象店舗>
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/sid/shoplist/180822/

【シド「いちばん好きな場所」スペシャルポストカード】
<対象店舗>
Sony Music Shop
ぐるぐる王国
タワーレコード オンライン
HMV&BOOKS Online
TSUTAYAオンラインショッピング(予約分のみ)
Amazon.co.jp
楽天ブックス
ネオウィング
セブンネットショッピング


■全国ツアー<SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 「いちばん好きな場所 2018」>

09月03日(月) 神奈川・CLUB CITTA' OPEN18:00 / START19:00
09月04日(火) 神奈川・CLUB CITTA' OPEN18:00 / START19:00
09月08日(土) 静岡・Live House浜松 窓枠 OPEN17:00 / START18:00
09月09日(日) 岐阜・岐阜club-G OPEN17:00 / START18:00
09月11日(火) 愛知・名古屋ダイアモンドホール OPEN18:00 / START19:00
09月14日(金) 群馬・高崎club FLEEZ OPEN18:00 / START19:00
09月15日(土) 茨城・水戸LIGHT HOUSE OPEN17:00 / START18:00
09月18日(火) 栃木・HEAVEN'S ROCK宇都宮VJ-2 OPEN18:00 / START19:00
09月21日(金) 石川・金沢EIGHT HALL OPEN18:00 / START19:00
09月23日(日・祝) 長野・長野CLUB JUNK BOX OPEN17:00 / START18:00
09月24日(月・休) 新潟・NIIGATA LOTS OPEN17:00 / START18:00
10月03日(水) 宮城・仙台Rensa OPEN18:00 / START19:00
10月05日(金) 青森・青森Quarter OPEN18:00 / START19:00
10月06日(土) 岩手・盛岡CLUBCHANGE WAVE OPEN 17:00 / START18:00
10月08日(月・祝) 福島・郡山HIP SHOT JAPAN OPEN17:00 / START18:00
10月13日(土) 北海道・釧路NAVANA STUDIO OPEN17:00 / START18:00
10月14日(日) 北海道・帯広MEGA STONE OPEN17:00 / START18:00
10月18日(木) 大阪・なんばHatch OPEN18:00 / START19:00
10月20日(土) 香川・高松MONSTER OPEN17:00 / START18:00
10月21日(日) 愛媛・松山WstudioRED OPEN17:00 / START18:00
10月27日(土) 岡山・岡山CRAZYMAMA KINGDOM OPEN17:00 / START18:00
10月28日(日) 広島・広島CLUB QUATTRO OPEN17:00 / START18:00
11月01日(木) 京都・KYOTO MUSE OPEN18:00 / START19:00
11月03日(土・祝) 兵庫・神戸CHICKEN GEORGE OPEN17:00 / START18:00
11月04日(日) 滋賀・滋賀U☆STONE OPEN17:00 / START18:00
11月07日(水) 佐賀・佐賀GEILS OPEN18:00 / START19:00
11月08日(木) 福岡・福岡DRUM LOGOS OPEN18:00 / START19:00
11月10日(土) 熊本・熊本B.9 V1 OPEN17:00 / START18:00
11月11日(日) 鹿児島・鹿児島CAPARVO HALL OPEN17:00 / START18:00
11月17日(土) 埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3 OPEN17:00 / START18:00
11月21日(水) 東京・マイナビBLITZ AKASAKA OPEN18:00 / START19:00

■<SID 15th Anniversary GRAND FINAL>

2019年3月10日(日) 横浜アリーナ

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報