beyerdynamicから軽量&コンパクトなDAC/ヘッドホンアンプ「Impacto universal」登場

twitterツイート

手持ちの音楽再生デバイスを手軽にハイレゾ再生機に変身させるコンパクトなDAC/ヘッドホンアンプ「Impacto universal(インパクト ユニバーサル)」が、beyerdynamicから登場した。

「Impacto universal」は、バッテリーパックを搭載しながらわずか37gと非常に軽量、大きさも手のひらサイズとコンパクトな設計。本体表側にリモートコントローラーを配し、曲の再生/停止・スキップ・音量調整を直感的に操作できるボタンのほか、48kHz以上のハイレゾ音源再生時に点灯するLEDインジケーターも搭載する。


▲軽量&コンパクトな本体表側にはリモートコントローラーを用意。

▲着脱可能な専用バッテリーパックにより約4時間の連続駆動が可能。

本体に取り付けられている3.5mm両出しステレオミニプラグケーブルを「T 1 2nd Generation」などのヘッドホンに採用されている3.5mm入力端子にダイレクトに接続することで、ヘッドホンの能力を最大限に引き出すこと可能。コンパクトながらも600Ωの「T 1 2nd Generation」を十分に鳴らせる駆動力を誇る。対応ヘッドホンは、「T 1 2nd Generation」「T 5 p 2nd Generation」「AMIRON HOME」「Aventho wired」(2018年9月現在)。

再生デバイスは、iOSデバイス、Android、Windows、Macに対応(Windows接続時は専用ドライバーのインストールが必要)。USBタイプAケーブル、USBタイプCケーブル、Micro USB OTGケーブ、Lightningケーブルの4種類のUSBケーブルが付属する。


▲USBタイプA&タイプC、Micro USB OTG、Lightningの4種類のケーブルが付属し、数多くのデバイスに対応。

ハイレゾ再生は最大でPCM 384kHz/32bit、DSD 5.6MHzまで対応。専用バッテリーパックは約4時間の連続駆動が可能だ(充電時間は約3.5時間)。バッテリーパック単体での発売も行われる。

製品情報

◆Impacto universal
価格:オープン
発売日:2018年9月上旬
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報