見やすく聞き取りやすくなったメトロノームの新定番「MA-2」登場、「KDM-3」にはウッド・フェイス・モデルが数量限定で発売

twitterツイート

コルグのコンパクトなカード型電子メトロノーム「MA-1」がさらにパワーアップ、「MA-2」が登場。また、機械式メトロノームのようなかわいいルックスで注目を集めたメトロノーム「KDM-3」には、フロント・パネルに木材を使用した数量限定モデルが発売される。

■管弦楽器のニュー・スタンダード・メトロノーム「MA-2」

「MA-2」は、メトロノームとしての確かな機能を網羅した、リズム・トレーニングに欠かせない一台。広いテンポ範囲や豊富なビート/リズム・パターンを備えるほか、拍の表示方法やヌケの良い音、新搭載の「タイマー・モード」など随所に工夫を凝らした。ボディ・カラーはビビッドでおしゃれな配色の2種類、ブルー&ブラック、ブラック&レッドをラインナップする。


▲MA-2 ブルー&ブラック


▲MA-2 ブラック&レッド

ディスプレイのサイズは従来モデルに比べて30%大きくなり、より見やすくなった。ディスプレイ内をデジタルの針が左右に振れ、耳で聴くだけでなく、目でもしっかり拍を確認できる。音量のパワーアップは、新設計の電子ブザーの搭載により実現。よりパワフルで、音量の大きな楽器や高音にも埋もれない、聞き取りやすいサウンドとなった。

本体は折りたたみ式スタンドを備え、見やすい位置で自立させることが可能。スライド式の電池蓋は本体部分と一体化しており、電池交換の際に紛失する心配もない。また、電池寿命はアルカリ乾電池使用時で約400時間の連続使用が可能に(従来モデルは約290時間)。長時間の練習でも心おきなく演奏に集中できる。

リズム・トレーニングのすべてをカバーする「MA-2」。テンポの設定方法は3タイプ。機械式メトロノームの数値と同様のペンデュラム・ステップ、テンポを1ステップ刻みで設定するフル・ステップ、演奏する楽曲に合わせてボタンを押すことでテンポを設定するタップ・テンポから選択できる。また、0~9の拍子と8種類のリズムを組み合わせることで、さまざまなタイプの楽曲練習に対応する。

メトロノームだけでなく、毎日に便利な「タイマー・モード」と「サウンド・アウト・モード」も搭載。これらはMODEボタンでワンタッチで切り替えられる。

・「タイマー・モード」
設定時間が経過するとアラーム音が鳴り、メトロノームが停止。1分から120分まで1分単位で設定できるので、ウォーミング・アップや基礎練習に最適。
・「サウンドアウト・モード」
本体スピーカーからチューニングのガイドとなる基準音を出力。基準音はC4~B4 の1オクターブから選択。A4の基準周波数(キャリブレーション)も410Hzから480Hzの範囲で、1Hz単位で設定可能。

■「KDM-3」に落ち着いた雰囲気のウッド・フェイス・モデルが数量限定で登場

クラシックなデザインにデジタルならではの操作性を装備、パワフルで聴き取りやすい音色が特徴のメトロノーム「KDM-3」に、フロント・パネルに耐久性と高級感を併せ持つピンカド材を使用したモデルが数量限定で登場。

シックなブラウンの木肌が、モノトーンのボディに温かな印象をプラス。エレガントな佇まいは、練習中はもちろん、部屋のインテリアのひとつとしても、上品な空間を演出する。デザイン以外の仕様はすべて「KDM-3」の通常モデル(ブラック、ホワイト)と同じだ。


製品情報

◆MA-2
価格:オープン(市場予想価格 1,490円 税別)
発売:2018年10月下旬
◆KDM-3 Wooden Black
価格:6,000円
発売日:2018年11月下旬
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス