the engy、初MA『Call us whatever you want』10月発売

twitterツイート


関西を拠点に精力的に活動する4人組バンド、the engyが、10月24日に初のミニアルバムをリリースすることを発表した。

今年2018年の春、夏と立て続けに2枚の7インチ・アナログ盤をリリースし、同時に各サブスクリプションなどでも話題となった彼ら。『Call us whatever you want』と銘打たれた今回のミニアルバムは、ジャンルの枠を超えたバラエティー豊かな8曲が収録されるとのこと。また商品特典として、タワーレコードではアコースティック音源(CD-R)が、ヴィレッジヴァンガードではPV(DVD-R)がそれぞれ付く。

なおthe engyは、9月15日には京都GROWLYにて自主企画を開催し、9月17日には表参道WALL & WALLでのイベント出演を予定している。昨今のブラックミュージック礼賛の流れを汲みつつも、ロックが持つソリッドかつアッパーな一面も併せ持つ彼らの今後の活動に期待したい。

ミニアルバム『Call us whatever you want』

2018年10月24日
LACD-0295 ¥1,944(税込)
【特典情報】
タワーレコード:アコースティック音源(CD-R)
ヴィレッジヴァンガード:PV(DVD-R)

【収録楽曲】
1. Under the water
2. Say it
3. When you’re with me
4. Empty space
5. Fall
6. Found myself
7. All about
8. Longing for you

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報