【短期連載インタビュー3】<米フェス>、キュレーター本間昭光&島田昌典「臨場感がすごい。あれはPAでは出せない」

twitterツイート
PR

<長岡 米百俵フェス ~花火と食と音楽と~ 2018>が10月6日&7日、新潟県長岡市で開催される。これまでお送りしてきた<米フェス>インタビューの第3回目は、世代やジャンルを超えた豪華な出演者を支えるハウスバンドのリーダーであり、今回のキュレーターを務める音楽プロデューサー本間昭光、島田昌典に話を聞いた。

■テーマソング「輝き」を長岡の歌として育てたい
――本間昭光さん、島田昌典さんは今回の<長岡 米百俵フェス ~花火と食と音楽と~ 2018>にキュレーターとして参加。このフェスに関わることになった経緯を教えてもらえますか?

本間:島田さんが所属している事務所(株式会社キューブ)の代表の北牧裕幸さんが新潟県長岡市の出身なんです。今年は旧長岡藩の開府400年ということでイベントを立ち上げたいという機運が高まり、<米フェス>につながりました。長岡のコンサート会場、アオーレ長岡の杮落としがいきものがかりのコンサートだったんですが、その時に僕も一緒に演奏させてもらって。いろいろな縁が重なったということですね。

島田:去年の冬にも現地に足を運ばせてもらったんですが、お酒も食べ物もすべてが美味しくて、がっちり胃袋を掴まれまして(笑)。それだけではなく、本当にいい街なんですよ、長岡は。歴史があるし、その雰囲気がしっかり残っていて。会場の東山ファミリーランドも素敵な場所で、“ここで音を鳴らしたら気持ち良いだろうな”と思いましたね。

――渡辺美里さん、岸谷香さんといったレジェンドから新進気鋭のバンド、アイドルまで、幅広い年代やジャンルの出演者が発表されています。

本間:ガチガチのロックフェスではなく、家族で楽しめるフェスにしたいんですよね。そのためには、いろいろな年代の方に楽しんでもらえる内容にしたいなと。そういったところで、魅力のあるアーティストのみなさんに出演していただけることになりました。

島田:ハウスバンドには、これまでの仕事でつながりがあるミュージシャンにも参加してもらっています。“美味しいものが食べれるよ”と誘って(笑)。

本間:ははは。アーティストの方々もミュージシャンもそうですが、みなさんのご協力があってこそのフェスですからね。フェスの趣旨も理解した上で、スケジュールを優先していただいて。みなさんに対する感謝の気持ちは当日の演奏にも出るだろうし、やさしい雰囲気になると思いますね。

島田:笑顔が多いステージになりそうですよね。


◆連載インタビュー第1回「株式会社キューブ代表の北牧裕幸氏が語る、長岡市の魅力が詰まったファミリー向けフェス『長岡 米百俵フェス』とは」
◆連載インタビュー第2回「ナビゲーター・山下穂尊(いきものがかり)とMC・長井短が“花火と食と音楽”をテーマにした『長岡 米百俵フェス』の魅力を語る」

取材・文:森 朋之
撮影:堀 清香


<長岡 米百俵フェス ~花火と食と音楽と~ 2018>

『長岡 米百俵フェス ~花火と食と音楽と~ 2018』
10月6日(土)&7日(日) 
新潟県長岡市・東山ファミリーランド

【10月6日(土)出演者】 ※50音順・敬称略
NGT48、神田莉緒香、岸谷香、GLIM SPANKY、琴音、サンプラザ中野くん&パッパラー河合、にゃんぞぬデシ、BEGIN、BIGMAMA、藤木直人、FLOW、wacci
MC:楠雄二朗 / U.K. 、 長井短

【10月7日(日)出演者】 ※50音順・敬称略
いとうせいこう is the poet、Creepy Nuts、Shiggy Jr.、JUNNA、東京パフォーマンスドール、ねごと、ひなた、平原綾香、杏子/スキマスイッチ/松室政哉 from 福耳、安田レイ、横山だいすけ、渡辺美里
MC:楠雄二朗 / U.K. 、 加藤諒

■米フェススペシャル・ナビゲーター:山下穂尊(いきものがかり)
■米フェスサポーター(ロゴデザイン):森本千絵(アートディレクター)

■HOUSE BAND MEMBER:
本間昭光 キュレーター/キーボード
島田昌典 キュレーター/キーボード

松永俊弥(Dr)
安達貴史(Ba)
林部直樹(Gu)
中村タイチ(Gu)
坂井”Lambsy”秀彰(Per)
足立賢明(Manipulator)

チケット一般発売日 2018年9月9日(日)
◆<長岡 米百俵フェス ~花火と食と音楽と~ 2018>オフィシャルサイト
DiGa:Online
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報