Royz、「生きづらいなと思ってる奴らの居場所でいたい」

twitterツイート

Royzが9月11日に東京・EX THEATER ROPPONGIにて全国ワンマンツアー<Royz SUMMER ONEMAN TOUR 『Dolly's Lucid Dreaming-人形は儚い夢を見る-』>のファイナル公演を行った。

◆ライブ写真・新アーティスト写真

シングル「DOLL」を手に行った全国ワンマンツアー。人形の螺子を巻く音に導かれ、響き出した美しくも幻想的なワルツの調べに誘われるようにメンバーたちが舞台へ姿を現し、妖艶な仕種を持って「DOLL」を歌い奏でる。続いて胸をくすぐる麗美な調べから始まるが、一瞬にして激しさを背負い駆けだす「LILIA」。重厚な演奏が否応なく身体を熱く刺激する。

野太い声で「声上げろ!」「派手にぶち噛まそうぜ!」と昴(Vo)が叫び、Royzは「PANDEMIC」を投下。鬱積した感情をすべて吐き出すよう、暴れ狂う観客たち。。序盤からそこには気迫と気迫をぶつけあう光景が広がっていた。続いて興奮の中へ観客たちを巻き込むように「RAVEN」を演奏。雰囲気を塗り替えるようにキャッチーな「JOKER」が披露されたかと思うと、「マーブルパレット」や「疾風迅雷」で頭を振ったりタオルを振り回す光景も生まれる。


舞台は一変。暗黒の世界へゆっくり誘うように、Royzは幻想的でシンフォニックな「螺旋」を披露。哀切さを持って歌う昴の歌声に、切なさと同時に優しさを覚える。また、子供の笑い声や妖しい甘美な音色をまとった「秘蜜」では、妖美でヒステリックな旋律に酔いしれてしまう。

演奏は、ふたたび黒い唸りを上げた。「いくぞ、てめぇら!」という昴の声を合図に、唸りを上げ疾走する「Daybreaker」で観客たちが頭を振って騒ぎだした。「シンクロニシティ」では感情的な昴の歌声から轟音が撃ち放たれる。「一人じゃない、お前たちとつかみたいんだ」という願いは4人の心の叫び、その熱情に魂が震える。Royzの意志を詰め込んだ「ANTHEM」が飛び出せば、轟音と共に爆走する「開眼」では熱気をぶつけあうバトルのような光景が。


そしてライブも終盤戦へ。会場中を緑色のサイリウムの光で塗り潰した「PHANTASIA-パンタシア-」では会場中の心がひとつに。生きた証や生きる意味を、歌に乗せ吐き出すように届けた「ステラ」。Royzの歌は、心の叫びを歌という翼を通し開放してゆく。「くすぶっている奴とか、生きづらいなと思ってる奴らの居場所でRoyzはいたいと思います。これからも君たちと歩いていこう」と伝え、最後にRoyzは「ANTITHESIS」を演奏。「また生きて歌いたい」と全力で歌う昴に、観客も全力で拳を振り上げて応えた。

昴は「こうなりたいなと思うRoyz像を、今回のツアーで見つけられたと思います。未来の自分を作るのは今の自分でしかない。これからも一緒にみんなと共に歩きながら、みんなの心の中にある燻りも消していけたらなと思います」との思いも語った。

「大人だから夢を見るんだ」と歌う「AILES」から始まったアンコールでも、Royzは剥き出しの感情を演奏へ乗せてぶつけてくる。「言葉じゃ言いづらいことも、歌ならみんなに伝えられる」と言って、バラードナンバー「Always」でファンたちに感謝の想いを伝える。続いて「何時か僕らの音が止まるとしても歩きだせるさBEGINNING」という昴のアカペラから始まったRoyz流デジロックナンバー「THE BEGINNING」、そしてオーラスは「恋花火」。お祭りのようになった会場で、Royzの夏が盛大に締めくくられた。


Royzはこの日のライブで、新たなリリースとツアーを発表。まず、11月21日に6thシングル「SINFONIA」を発売。「SINFONIA」とはイタリア語で“交響曲”のこと。壮麗な同期の音やメンバーの奏でる旋律も美しい、胸に響くミディアムナンバーだ。もともとメロディメイカー揃いのバンドだけに、その本領を発揮した楽曲の誕生とも言える。このシングルを掲げ、11月24日よりワンマンツアー<Royz WINTER ONEMAN TOUR「星屑のシンフォニア」>を開催。ファイナル公演は12月28日にZEPP TOKYOで開催される。

日程は前後するが、Royzはファンクラブ「WINGS」の会員へ向け11月上旬、東名阪を舞台に<Royz「WINGS」限定 カップリングonlyツアー【SIDE-B】>を行う。こちらは全曲カップリングナンバーで構成する、企画色の強いライブだ。さらに9月28日には、大阪BIG CATを舞台に<~Royz 9th Anniversary ONEMAN LIVE~「ユグドラシル」>が開催される。

間もなく10年目へ突入するRoyz。その幕開けを飾るのがシングル「SINFONIA」になる。彼らが記念イヤーに、どんな展開を描き出すのか楽しみにしたい。



ライブ写真◎Kyoka Uemizo
文◎長澤智典
編集◎BARKS編集部

セットリスト

DOLL
LILIA
PANDEMIC
RAVEN
JOKER
マーブルパレット
疾風迅雷
螺旋
秘蜜
Daybreaker
シンクロニシティ
ANTHEM
開眼
PHANTASIA-パンタシア-
ステラ
ANTITHESIS
-ENCORE-
AILES
Always
THE BEGINNING
恋花火

16th maxi single「SINFONIA」

2017年11月21日(水)4type同時発売

■Atype【初回限定盤】CD+DVD
¥1,800(税別)/BPRVD-321
CD2曲+DVD「SINFONIA」MV・メイキング
[封入]全タイプ購入特典応募券「A」+応募ハガキ

■Btype【初回限定盤】CD+DVD
¥1,800(税別)/BPRVD-322
CD2曲+DVD(09月28日~Royz 9th Anniversary ONEMAN LIVE~「ユグドラシル」ライブ映像)
[封入]全タイプ購入特典応募券「B」

■Ctype【通常盤】
¥1,500(税別)/BPRVD-323
CD2曲+ボーナストラック+インスト3曲
[封入]全タイプ購入特典応募券「C」

■Dtype【通常盤】
¥1,500(税別)/BPRVD-324
CD2曲+ボーナストラック+インスト3曲
[封入]全タイプ購入特典応募券「D」

全タイプ共通封入特典:トレカ2枚(全8種)
全タイプ購入応募特典有  

<Royz WINTER ONEMAN TOUR「星屑のシンフォニア」>

前売り:¥4,200/¥4,700
FINAL:¥5,000/¥5,500
FC先行:9月12日(水)~9月24日(月)
一般発売:10月27日(土)~

OPEN/START
名阪 17:15/18:00
Final 17:30/18:30
その他 17:30/18:00

OA(零[Hz])箇所(埼玉/千葉/宮城/新潟/浜松/岐阜/愛知)
OA(BabyKingdom)箇所(福岡/岡山/神戸/大阪)

11月24日(土)埼玉・HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3
11月25日(日)千葉・柏 PALOOZA
11月30日(金)宮城・SENDAI CLUB JUNK BOX
12月03日(月)新潟・新潟 GOLDENPIGS RED STAGE
12月06日(木)静岡・浜松窓枠
12月08日(土)岐阜・岐阜 CLUB ROOTS
12月09日(日)愛知・名古屋E.L.L.
12月12日(水)広島・広島SECOND CRUTCH
12月15日(土)福岡・福岡DRUM Be-1
12月18日(火)岡山・岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
12月20日(木)兵庫・神戸 VARIT.
12月23日(日)大阪・umeda TRAD

Tour Final
12月28日(金)東京・ZEPP TOKYO

<Royz「WINGS」限定 カップリングonlyツアー【SIDE-B】>br>

チケット価格:¥4,500
チケット受付:9月12日(水)~9月18日(火)
OPEN/START 17:30/18:00

11月06日(火)大阪・americamura FANJ twice
11月07日(水)愛知・名古屋ell.SIZE
11月10日(土)東京・SHIBUYA REX     

<~Royz 9th Anniversary ONEMAN LIVE~「ユグドラシル」>

9月28日(金)大阪・BIGCAT
OPEN/START 17:00/18:00
前売り/当日:¥4,800/¥5,300
Drink代:別途

◆Royz オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報