マキシマム ザ ホルモン、ライブ活動休止の理由はダイスケはんのヘルニア手術+新曲MVを本日21時に公開

twitterツイート

マキシマム ザ ホルモンが9月15日に行われた<氣志團万博2018>にて、ライブ活動を一時休止することを発表したが、その理由が明らかとなったことに加え、新曲ミュージックビデオを本日9月18日21時に公開することが告知された。

◆マキシマム ザ ホルモン 画像

これは昨日9月17日に出演した<OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2018>でアナウンスされたものだ。

ライブ活動の一時休止は、長年のライブ活動における疲労が蓄積した結果、ダイスケはんが「頸椎椎間板ヘルニア」と診断され、緊急手術が避けられないため。先ごろお伝えしたとおり、以降のライブ活動を一時休止、出演予定の公演は全てキャンセルとなる。

なお、本日9月18日21時に新曲ミュージックビデオを公開することが予告されている。新曲公開は約5年半ぶり。同新曲ではヘドバン/デス声を自粛しているとのこと。

マキシマム ザ ホルモンはライブ活動を一時休止するが、ライブ以外の活動は変わらず精力的に続けていくとのこと。まずは、新曲ミュージックビデオの公開をお楽しみに。

■キャンセル公演

・2018年10月08日(月・祝) <THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL2018>
・2018年10月29日(月) <MAN WITH A MISSION presents Chasing the Horizon Tour 2018>松江AZTiC canova
・2018年10月31日(水) <MAN WITH A MISSION presents Chasing the Horizon Tour 2018>米子コンベンションセンター
・2018年11月03日(土)・04日(日) <MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!!18>

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報