【速レポ】<中津川ソーラー>田島貴男(ORIGINAL LOVE)、「ひとりひとりのソウルパワーを!」

twitterツイート

「みなさん、ひとりひとりのソウルパワーを聴かせてください!」と叫び、ギター1本と己の体のみで、決して小さくはないRESPECT STAGEに登場したのが田島貴男。

◆田島貴男(ORIGINAL LOVE) 画像

ライブ中に田島から説明もあったが、ORIGINAL LOVEとしての動きがありつつも、近年は<ひとりソウルショウ>と銘打ち、たったひとりでエネルギッシュにギターをかき鳴らし、驚くほどの熱量で歌い上げるスタイルでライブを行っているだけあって、口火を切った「BODY FRESHER」から凄まじいインパクトを与えていく。ソウルフルな歌声、ギターもただ弾くだけではなく、パーカッションとしても活用し、弾き語りのライブとは思えないパワフルさに満ちており、強くなる日差し以上に会場が熱に帯びていくのだ。



加えて、集まったオーディエンスを積極的に巻き込み、一緒に高まっていくことも特徴のひとつ。「ブロンコ」では巧みにギターを操りながら「いい天気なんで歌いましょう!」と投げかけて大きな歌声を生み出し、ちょっとした隙間があれば改めて挨拶をして初見であろう人たちとも距離も縮めようとする。そこに高いスキルを誇るプレイと歌が合わさるのだから、曲を追うごとに会場はお祭り騒ぎになっていき、クライマックスに田島が絶叫した「フィエスタ」で生み出したヒートアップ具合も素晴らしかった。


そして、秋からスタートする<ひとりソウルツアー>の告知を挟み、中盤戦で披露されたのは、田島の歌い出しから大きな歓声が上がった名曲「接吻」。ゆったりと惹きつけながら、クライマックスには盛大なギターソロでオーディエンスを沸かせていく。

終盤に入り、さらにギアを上げた田島はもう止まらない。「フリーライド」では濃密すぎるプレイとパフォーマンスでオーディエンスを先導し、締めくくりはブルースハープによって加えられた色味も最高だった「JUMPIN' JACK JIVE」。会場全体で「ソーラーパワー!」の大合唱を巻き起こす盛況っぷりとなり、田島がステージから去った後も拍手と歓声が鳴り止まないほど。田島が爆発させたソウルパワーと<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>が誇るソーラーパワーの融合はとんでもない爆発力を秘めていたのだ。



取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎高橋良平

【田島貴男(ORIGINAL LOVE)@RESPECT STAGEセットリスト】

01. BODY FRESHER
02. ブロンコ
03. フィエスタ
04. 希望のバネ
05. ハッピーバースデイソング
06. 接吻
07. 朝日のあたる道
08. フリーライド
09. JUMPIN' JACK JIVE

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2018>

2018年9月22日(土) 岐阜県中津川公園内特設ステージ
2018年9月23日(日) 岐阜県中津川公園内特設ステージ

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス