【レポート】<中津川ソーラー>The Birthday、「歌うかい? カモン!」

ツイート

再び盛夏がきたように気温がぐんぐんと上昇している中津川。会場は日焼けをした子たちが、楽しそうに行き交っていて、REVOLUTION STAGEにもそんな日焼け顔の人々がThe Birthdayの登場をジリジリしながら待っている。

◆The Birthday 画像

黒づくめのメンバーがステージに登場すると、大きな歓声がわき起こって、観客が放つ熱気で体感温度はさらに上がる。





ギターのフジイケンジ(G)が静かにアルペジオを奏でると、チバユウスケ(Vo/G)は高々とギターを掲げ、それを合図に「なぜか今日は」へと突入。クハラカズユキ(Dr)の引き締まったビートにのせ、ヒライハルキがメロディアスなベースを奏でると、観客は思い思いに身体を揺らす。4人のアンサンブルはシンプルで飾り気がないが、深みがあって、いつの間にか会場を飲み込んでいる感じだ。



続く曲は、6月にリリースしたシングル「THE ANSWER」。よく、この<THE SOLAR BUDOKAN>のステージに立つミュージシャンは、“音がいい”と口にするのだが、その良さを、鳴りの良さを存分に味わえたのが、「THE ANSWER」だった。地を這ってうねるようなベース、尖りに尖って刺さりそうなドラムのビート、生々しく艶のあるギターやヴォーカル。そのひとつひとつの音がクリアで、かつ艶めかしく肉感的に聴こえ、この曲の構築的なアンサンブルに生命力を与えている。これがThe Birthdayというバンドが出している、リアルな音なんだという体感で、アンサンブルが濃密になるほどゾクゾクする。ビシッと締まったエンディングに、凄まじい歓声が起きたのもその音のほとばしりを直に感じた興奮からだろう。華やかなワイルドさを放つロックンロール「カレンダーガール」も、色っぽい。




「ハロー!」というチバの挨拶から続いたのは、アルバム『NOMAD』の1曲目を飾る「24時」。街のざわめきや路地裏の妖しい香り、漆黒の時間のヒリヒリとした情感が音となった、ノワール小説のようなサウンドに痺れる。ギターを置いたチバは、グルーヴに身をあずけて歌う。今が真昼間だということを忘れてしまいそうだ。

「LOVE SHOT」でさらにスリリングなセッションを見せつけたあとは、チバが「歌うかい? カモン!」とギターを奏で、観客の大合唱から「涙がこぼれそう」がスタート。続く「READY STEADY GO」とともに、会場と一体化するロックンロール・アンセムで、沸騰させていく。重厚なサウンドと、野外に響きわたる“READY STEADY GO”の大合唱に、胸が熱くなる。先ほどまで酸欠必至のThe Birthdayワールドで染めていた空間を、ドラマティックなまでに開放的で、高揚感でワクワクするシーンに変える。そのカタルシスがたまらない。



しかもラストに据えたのは、ガレージポップ的なスウィートなコード感がたまらない、「1977」。甘酸っぱいアドレッセンスたっぷりのギターと歌で、汗を飛ばしコブシを上げてタフに叫んでいた観客たちを一気にときめかせ陥落させてしまうという、イケズなステージとなった。

取材・文◎吉羽さおり
撮影◎上山陽介

【The Birthday@REVOLUTION STAGEセットリスト】

01. なぜか今日は
02. THE ANSWER
03. カレンダーガール
04. 24時
05. LOVE SHOT
06. 涙がこぼれそう
07. READY STEADY GO
08. 1977

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2018>

2018年9月22日(土) 岐阜県中津川公園内特設ステージ
2018年9月23日(日) 岐阜県中津川公園内特設ステージ

この記事をツイート

この記事の関連情報