【速レポ】<中津川ソーラー>LIFE IS GROOVE、「なぜなら、最高だからさ」

twitterツイート

ロックシーンに欠かせないベースヒーロー・KenKen(B)、10代にして多くのミュージシャンにその才能を認められるギタリスト・山岸竜之介(G)、そして日本ロック界のレジェンド、ムッシュかまやつで結成したLIFE IS GROOVE。ムッシュかまやつ亡きあとも、新たなるミュージシャンを迎えるなどして音楽を紡ぎ続けているLIFE IS GROOVEが、2年ぶりにTHE SOLAR BUDOKANに帰ってきた。

◆LIFE IS GROOVE画像

まずステージに登場したのはKenKen。ベースを手にとり、“サウンドチェック、サウンドチェック”と歌いながらベースをプレイし、ドラムのSATOKO(Dr/FUZZY CONTROL)を呼び込み、セッションに加わっていく。タブゾンビ(Tp/SOIL&“PIMP”SESSIONS)、田中邦和(Sax/Fl)、DURAN(G)、そして山岸竜之介と順々にメンバーが登場してセッションに加わり、それぞれ(相当に)色の濃い6色のグルーヴで、オープニングから観客を圧倒していく。そこにムッシュかまやつの声もサンプリングで加えたりと、レジェンドの魂も加わったグルーヴだ。全員が揃って一発ぶちかましたところで、ゴージャスでファンキーな1曲目の「PARTY ON」へ。タイトルどおりのサウンドで、自然と踊ってしまうのはもちろん、それぞれがソロで魅せたりと、聴きどころ・見どころが満載だ。各楽器の名うてのプレイヤーたちはそれぞれ、ルックスも個性的なら、音も個性的。それゆえ、ステージのどこを見ても楽しく、反対にもうどこを見ていいか迷うくらいの贅沢なライブだ。




「みなさん、ファンクミュージックは好きですか。日本の音楽に足らないのは、ファンクミュージック。ファンクミュージックでトランスしよう」。KenKenのMCから、「Today's Song」、「Brain Food Mama」へと続く。MCや曲の間にも、ムッシュの雄叫びや“LIFE IS GROOVE!”という声で盛り上げたりと、こちらも存在感たっぷり。山岸がボーカルをとる「心の闇を照らせ」では、《Light on Light on》という歌とともに、観客が力強く手を上げたりと一体感、多幸感も募る。




山岸が軽やかにギターをつま弾くと、「ビールがほしくなるな。なぜなら、最高だからさ」とKenKen。するとステージ袖から、Dragon AshのATSUSHIがKenKenにビールを持ってくるという嬉しいサプライズも! 美味しそうにビールを飲んだKenKenは、メロウな「Galaxy Module」でラップを聴かせる。ステージの後方に夕焼けを背負うような時間帯に、ぴったりの曲だ。「様々な音楽、新しい音楽はたくさんあるが、LIFE IS GROOVEは先人の教えを守り、ファンクミュージックをやっていきたい」とKenKen。そして、ムッシュの最高の曲を──と、かまやつひろしが1975年に発表した「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」を、LIFE IS GROOVEで蘇らせた。ラストの「HIGH TIME」は、アッパーなアンサンブルにムッシュのさまざまな言葉がコラージュ的に散りばめられた斬新な曲で、また言葉の数々やメッセージは普遍的だ。音楽家の魂を受け継ぎつつ、楽しく、新しい音を生み出していくスピリットに溢れたステージに、老若男女から大きな拍手が送られた。


取材・文◎吉羽さおり
撮影◎三浦麻旅子

【LIFE IS GROOVE@RESPECT STAGEセットリスト】

01. PARTY ON
02. Today's Song
03. Brain Food Mama
04. 心の闇を照らせ
05. Galaxy Module
06. ゴロワーズを吸ったことがあるかい
07. HIGH TIME

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2018>

2018年9月22日(土) 岐阜県中津川公園内特設ステージ
2018年9月23日(日) 岐阜県中津川公園内特設ステージ

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス