【速レポ】<中津川ソーラー>go!go!vanillas、「太陽の音を鳴らしにきました!」

twitterツイート

「さあ太陽の音を鳴らしにきました! go!go!vanillasでーす!」──牧達弥(Vo,G)

◆go!go!vanillas画像

<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>初出演となるgo!go!vanillas。前日、日比谷野外大音楽堂にて初のワンマン公演を成功させた勢いそのままに、猛烈な盛り上がりを記録してみせた。

幕開けは今年リリースされた「SUMMER BREEZE」。シンプルな疾走感のなかにグッと押し込まれたセンチメンタル成分が、まずはオーディエンスの心を爽やかに踊らせる。そこから「準備はいいかー!」(長谷川プリティ敬祐/B)と「エマ」へ。ジェットセイヤ(Dr)が立ちながらぶっ叩く4つ打ちビートで、今度は身体を踊らせていく。このバンドは帯域の棲み分けがめちゃくちゃはっきりしているが、長谷川がロー、牧がミッド、柳沢進太郎(G)がジャキジャキのテレキャスターをさらにシャリシャリにしたハイを担うからこそ、これだけ多い音数、速いBPMでもサウンドが埋もれないんだなあということが、開けたでっかいステージで体感するとよくわかる。




長谷川プリティ敬祐がボーカルを取る「デッドマンズチェイス」では、柳沢がセンターのお立ち台に上り、牧に至ってはステージを飛び出しスタンディングエリア前方へ突入する場面も。それを受けて観客も飛べや叫べやお祭り騒ぎ、ものすごい狂騒空間が生まれていく。牧も「やばいね最高じゃん!」と楽しそうだ。「THE SOLAR BUDOKANってさ、太陽光を使って音を鳴らしてるわけですよ。太陽といえばもう概念的に一番圧倒的なパワーを持ってるヤツじゃん? それで音を出したら、そりゃみんな元気になるよな!」と続ける。で、次の「おはようカルチャー」では、壮大なシンガロングとソーラー電力によるサウンドが一体となり、このフェスでしか生まれるはずのない、太陽と人間のエネルギーがひとつの音楽を作り上げるシンボリックな瞬間が訪れた。



UKロック風味の「ストレンジャー」を経て、「太陽の音で愛を鳴らそう」という言葉によるコール&レスポンスも実現。そして「カウンターアクション」の燃え盛るグルーヴでダメ押しをすると、「平成ペイン」の大合唱にて圧巻の締めくくりを飾る。「この景色を見たら、来年も絶対来てえなあ!」、牧は最後にそう言っていたが、こっちだって絶対観てえものだ。


取材・文◎秋摩竜太郎
撮影◎柴田恵理

【go!go!vanillas@REDEMPTION STAGEセットリスト】

01. SUMMER BREEZE
02. エマ
03. デッドマンズチェイス
04. おはようカルチャー
05. ストレンジャー
06. カウンターアクション
07. 平成ペイン

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2018>

2018年9月22日(土) 岐阜県中津川公園内特設ステージ
2018年9月23日(日) 岐阜県中津川公園内特設ステージ

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報