【速レポ】<中津川ソーラー>HEY-SMITH、「こんな1日があったら、また頑張れるわ」

twitterツイート

すぐ側にあるREDEMPTION STAGEでgo!go!vanillasが終わった途端、REVOLUTION STAGEへ駆け出すたくさんの人たち。そんなオーディエンスに笑顔で手を振っているかなす(Tb)を眺めていると、あっという間に満員御礼。初登場のHEY-SMITHに対する期待度は著しく高かった。

◆HEY-SMITH 画像

しかし、満(Sax)が10-FEETの「RIVER」の一節を歌ってみたり、Task-n(Dr)のサウンドチェックでコールを煽ったりと、そんな期待をプレッシャーではなく、エネルギーに変換して楽しもうとする姿が見て取れる。初めての出演なのに頼もしいバンドだ。

ライブが始まれば、もう初っ端から狂乱状態。猪狩秀平(G,Vo)がどデカイ咆哮をかまし、冒頭を飾った「2nd Youth」からモッシュピットもダイバーも無数に出現。その横にはギターの裏打ちに合わせて踊る人、一心不乱に手を振り上げる人、目一杯の声で歌う人、どこまでも自由に楽しむ光景が広がっているのだ。



高揚感抜群のフレーズを吹くのみならず、少しの隙間も許さないとステージを所狭しと駆け回るイイカワケン(Tp)、かなす、満のステージングも目を見張った「Endless Sorrow」、猪狩が「よっしゃ! 生きてるヤツ、全員手を上げろ!」と叫んでからスタートし、巨大なダンスフロアも生まれた、お馴染みのカバーソング「Radio」に続けられたのは新曲「Not A TV Show」。HEY-SMITHの中でも飛び抜けた高速チューンであり、オーディエンスをかき回していく。

序盤からとんでもないテンションだが、それはこの<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>で過ごした1日があったからなのだろう。「初めて来たけど、最高やん! 素晴らしすぎて、ずっと(会場内を)歩いてたわ。クソガキから死にかけのおばあちゃんまで全員いたで。そんなフェスある?」と感想を述べる猪狩は本当に嬉しそうだった。

自分たちに続けとばかりに猪狩とYUJI(B)が頭を振りまくり、ライブハウスのフロアを着火しつづけてきた「We sing our song」、盛大なハンドクラップも巻き起こり、野性味溢れるぶっこみ方で鳴らした「Dandadan」と中盤以降も攻め手は一切ゆるめない。



そこから、切なさ漂うメロディーが沁みる「Summer Breeze」、激しいアクションはなくとも内なる炎が感じ取れる「Truth Inside」を挟み、最終盤は「True Yourself」でフルスイングの畳み掛けを見せ、「こんな1日があったら、また頑張れるわ」と猪狩がつぶやいてからの「Goodbye To Say Hello」でフィニッシュ……かと思いきや、まだまだ溢れる思いがあったのだろう。猪狩が「やっぱり、もう1曲だけやらせてくれ」と懇願し、最後の最後はハード極まりない「Come back my dog」を投下。<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>を心ゆくまで存分にかっ喰らって帰っていった。


取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎上山陽介

【HEY-SMITH@REVOLUTION STAGEセットリスト】

01. 2nd Youth
02. Endless Sorrow
03. Radio
04. Not A TV Show
05. We sing our song
06. Dandadan
07. Magic Leaf
08. Don't Worry My Friend
09. Summer Breeze
10. Truth Inside
11. True Yourself
12. Goodbye To Say Hello
13. Come back my dog

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2018>

2018年9月22日(土) 岐阜県中津川公園内特設ステージ
2018年9月23日(日) 岐阜県中津川公園内特設ステージ

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報