【速レポ】<中津川ソーラー>Dragon Ash、「ありがとう、太陽!」

twitterツイート

いよいよフィナーレのときがきた。REVOLUTION STAGE大トリは<中津川 THE SOLAR BUDOKAN>にもはや欠かせない存在でもあるDragon Ash。オーディエンスにもそれが伝わっているのであろう。ステージ前方から後方は当然として、通路スペースにも人が溢れ出すぐらい、びっしりと集まっていた。

◆Dragon Ash画像

メンバーは大歓声で迎え入れられると、BOTS(DJ)、ATSUSHI(dance)とDRI-V(dance)の3人が大きなハンドクラップを誘い、心地よいリズムが響き渡っていく。そのムードの中、Kj(Vo,G)が歌いだしたのが「陽はまたのぼりくりかえす」だった。暖色系の照明で温もりのあるメロディーがより映え、すでに終幕かと思ってしまうような雰囲気。ステージがまるで太陽のような輝きを放ち、いいバイブスに身を任せたくなる。優れた技術はあれど、突飛なことなど何ひとつとしてない。だが、素晴らしく醸し出される特別感。

そこから一転、強力な衝撃音から始まった「Mix it Up」をドロップし、すべてを飲み込むドライブ感で一気に突き進めるのも彼らの強さだろう。HIROKI(G)がギターソロで彩れば、桜井誠(Dr)は屈強なショットを叩き出し、KenKen(B)も髪を振り乱しベースを弾き倒す。ステージ上が躍動すればするほど、客席が盛り上がっていくのも自然な流れ。オーディエンスも思いっきり飛び跳ね、この瞬間を最大限に楽しんでいく。





Kjのタイトルコールでどよめきが起こり、Dragon Ash流のドラマティックでグルーヴィーなアレンジが施された「ROCKET DIVE」、「オレはお前たちを信頼してるからな。モッシュもダイブもOK.ここまできたら、セキュリティにありがとうって言って帰れ。飛んでこい!」と曲中に口にし、怒涛のダイバーが生まれた「AMBITIOUS」から、日々の生活で抱きしめたいメッセージがこめられ、オーディエンスがひとつになって夜空に響き渡るほど大声を上げた「光りの街」という流れも圧巻。

そして、「今日、この音すべて太陽からできてます。ありがとう、太陽!」とKjが叫び、そこから放ったのは「The Live」だ。Kjだけではなく、KenKenもメインヴォーカルをとり、ベースプレイも炸裂。感じたままに体を動かすオーディエンスたちにより、カオティックな雰囲気も漂っていく。





ここで改めてKjが「オレたちが大好きな音楽を鳴らすたびに、ロックフェスを開催するたびに、オレたちは大切な電気を使ってる。この先どうなるかわからないけど、何度でも言うけど、Dragon Ashは<中津川 SOLAR BUDOKAN>に賛同します」と意思表明をし、オーディエンスが照らすスマホライトも美しく広がり、多幸感に包まれた「静かな日々の階段を」、掲げられたタオルで客席が埋め尽くされた「Jump」をプレイし、そこからクライマックスに向けて踏み込みまくった激的な流れだった。


曲が爆発する瞬間を待ち構えているオーディエンスに向かって、「こっちから、サークルピット、よく見えてるよ。ありがとう。そういうのを見たら、バンドを続けててよかったと思うわ」と語りかけ、より一層のアッパー状態となった「百合の咲く場所で」から、HIROKIが奏でたイントロから客席が沸き上がり、ATSUSHIとDRI-Vのステップもキレッキレで熱狂を描いた「Fantasista」。Kjも満面の笑みで「今日が終わっちまうぞー! 全部置いてけ、バカヤロー!」と絶叫。すべての想いが集約された、最高のシーンだった。

だが、アガりまくったオーディエンスがこのまま終われるはずがなく、呼び戻されたメンバーはフィナーレとして大切に音と言葉を紡いだ「Curtain Call」をセレクト。ひとつの終わりを告げる曲ではあるが、その終わりは別れでも完結でもない。また来年この場所で、という願いを共に、<中津川 SOLAR BUDOKAN>は見事に締めくくられた。


取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎上山陽介

【Dragon Ash@REVOLUTION STAGEセットリスト】

01. 陽はまたのぼりくりかえす
02. Mix it Up
03. ROCKET DIVE
04. AMBITIOUS
05. 光りの街
06. The Live
07. 静かな日々の階段を
08. Jump
09. 百合の咲く場所で
10. Fantasista
En1. Curtain Call

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2018>

2018年9月22日(土) 岐阜県中津川公園内特設ステージ
2018年9月23日(日) 岐阜県中津川公園内特設ステージ

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報