【レポート】さまざまなアーティストやあたらしい音楽との出会いの場<SOUND JUNCTION>は、まさに音楽の交差点なのだ!

twitterツイート

2018年9月22日から10月12日までの約1ヶ月間、さまざまなジャンルの音楽イベントが渋谷を中心に開催する都市型音楽フェス<RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018>が今年もはじまった!

その一環のイベントのひとつとして、2018年9月23日にベルサール渋谷ガーデンで開催されたのが、ライブイベント<SOUND JUNCTION>である。

2回目をむかえる<SOUND JUNCTION>は、会場のベルサール渋谷ガーデンの4方向にステージが配置され、4組のアーティストがそれぞれつづけざまにライブするというイベント。さまざまな音楽が交差する交差点スタイル、まさに<SOUND JUNCTION>。今回は、年々注目度がアップしている本イベントの模様をお伝えする。

強烈な個性と独特なスタイルを持つアーティストが出演する<SOUND JUNCTION>だが、今年もきゃりーぱみゅぱみゅをはじめ、向井太一、RHYMESTER、Survive Said The Prophetと、まさにジャンルの垣根を超えた4組のアーティストが集合。

“ダレが”、“どのタイミングで”、“ドコに登場する”、のかがまったく発表されないのが、この<SOUND JUNCTION>の特徴である。つまり、コッチでライブを見ていたら、急に反対側にあるアッチのステージで次のライブがはじまる!なーんてコトが。

そんなワケで、開演時間をまわったあたりで会場が暗転。会場の天井に映しだされたオープニング映像後に登場したのは、ゲストMCのあっこゴリラだ。煽る彼女に、それに応える会場。まさにコール&レスポンス状態で会場をゆっくりとウォームアップ。トップバッターであるRHYMESTERの紹介で、今年の<SOUND JUNCTION>が開演となった。


▲RHYMESTER by Keisuke Kato / Red Bull Content Pool

「おーい!こっちこっち〜!」と、反対側のステージに現れたRHYMESTERの3人。DJ JINがスクラッチでビートを刻みはじめ、Mummy-Dと宇多丸によるいつもの「The R」からの「B-BOYイズム」。おなじみのイントロが流れた瞬間に、フロアーが急速沸騰を開始。

つづく「ゆれろ」でさらに会場がユラされ、開始から10分以内にはすでに沸騰状態。

レッドブルカラーの衣装トークでさらに会場を盛り上げつつ、つづく「梯子酒」では、リリック中に出てくるお酒の名前をすべてレッドブルに変えるという荒業。ヤラせではなく、あくまで自発的であるのコトを強調していたが、営業の基本マナーを熟知しているトコロは、やはりキング!オブ!!ステージ!!!

さらに、「音楽はマーケティングから生まれない!」という、RHYMESTER自身が出演したレッドブルのCMの言葉を引用したMCとともに「Back & Forth」。からのRHYMESTER史上、もっともダンサブルな「Future Is Born」を最後に披露。

たった5曲、されど5曲。まさに音楽ファンたちに"翼をあたえた"、キング・オブ・ステージな彼らからはじまった今年の<SOUND JUNCTION>である。

次なる音楽の使者として反対側のステージに登場したのは、向井太一だ。


▲向井太一 by Yasuharu Sasaki / Red Bull Content Pool

会場を大きく移動する観客。その様子は、さながら民族大移動。人気曲「FREER」からはじまった向井のステージ。

ほぼMCなしで、「Siren」を含む4曲を立てつづけ、ひたすら歌いつづける彼。甘いフェイスからは想像もつかないほどの歌唱力をみせつけ、多幸感あふれるライブで会場全体を魅了。その不思議な魅力に惹きつけられ、見入っている女性ファン多し。アーバンメロウな「眠らない街」で、もう卒倒寸前。

そして、3番手に登場したのは、世界が注目するポップスター、きゃりーぱみゅぱみゅ。


▲きゃりーぱみゅぱみゅ by Yusuke Kashiwazaki / Red Bull Content Pool

ダンサーふたりを従え、超ヒット曲の「にんじゃりばんばん」からライブを開始。会場には、ハンドライトを振りつつ、彼女とともにダンスする、大勢のきゃりーフォロワーたち。

からの〜、「もんだいガール」で会場全体が跳ねまくるホドの盛り上がり。

そして、ニューアルバム『じゃぱみゅ』から、まだツアーでも一回しかやっていないという「演歌ナトリウム」を披露。さらに「キズナミ」から、ファンにはおなじみの「インベーダーインベーダー」までをつづけて3曲熱唱し、オトナからコドモまで喜ぶきゃりーワールド全開で、会場のボルテージも最高潮に。

彼女が日本のトップアーティストのひとりであるというコトを思い知らされた、最&高な30分間だった。

第一部のトリをつとめたのは、日本のラウドシーンが注目するSurvive Said The Prophet。


▲Survive Said The Prophet by Suguru Saito / Red Bull Content Pool

一曲目に「Fool’s gold」をドドーンと披露。ギターのノイズ、シャウトするボーカル、そしてベースのIvanによるデス声ボーカル。これまでのポップさとは一線を画す、落差の激しすぎる鬼の様なサウンドに(笑)。しかし、これぞ音楽の交差点、まさに<SOUND JUNCTION>なのだ。

「カワイイのの後にロックはダメなのかー!」というYoshのMCに、サバプロファンは「待ってました!!」とばかりに、彼らを盛り上げる。

しっとりしたバラードの「Follow」を入れつつも、ラストの「Network System」までは、完全ロック大全開の気合いの入ったパフォーマンス。

「みんなでカオスをつくっていこうぜ!」というMCどおり、会場全体をカオスな状態にした彼らを楽しんだ音楽ファンは多かったと思う。

そして、ついに第2部へ。第2部は、各出演アーティストがスペシャルなセットで一曲を披露する、一曲入魂スタイル。

▲きゃりーぱみゅぱみゅ by Yusuke Kashiwazaki / Red Bull Content Pool

一番手はきゃりーぱみゅぱみゅが、自身のプロデューサーでもある中田ヤスタカとともに登場。ニューアルバム『じゃぱみゅ』から「音ノ国」を披露。彼女が手をクルクル回す振りつけとともに、それを真似して手をクルクル回す会場。違う意味で会場をロックしたきゃりーぱみゅぱみゅ。

▲あっこゴリラ&向井太一 by Yasuharu Sasaki / Red Bull Content Pool

続いて、向井太一がゲストMCのあっこゴリラとともに登場し、コラボ曲「ゲリラ × 向井太一」を。一緒に歌っているファンも多く見られ、新世代アーティストであるふたりの存在感をとても大きく感じたパフォーマンスだった。

▲RHYMESTER by Keisuke Kato / Red Bull Content Pool

そして、3番手にはRHYMESTER。ココでも営業マナーか!?と、さすがの選曲。交差点つながりで「人間交差点」を、バンドを従えたアコースティック VER.で披露。いつも以上に、ファンクネスでグッドグルーヴなライブでフロアをユラし、会場を盛り上げる。

▲Survive Said The Prophet by Suguru Saito / Red Bull Content Pool

大トリは、Survive Said The Prophet。なんと! あの「Flavor Of Life」のカヴァーを披露。あまりに予想外の選曲と、彼ららしいアレンジでフロアをロック。最後の最後までロックな彼らであった。

ゲストMCのあっこゴリラが、フィナーレでふたたび登場し、キッチリと締め、大きな拍手とともに終演を迎えた。


今年で2回目を迎えた<SOUND JUNCTION>。「ジャンルの異なる」「4アーティストが」「4つのステージで」「観客を囲む」という新たなスタイルを提案している本イベントだが、ジャンルの垣根を取っ払い、さまざまなアーティストやあたらしい音楽との出会いの場をつくれた、まさに“音楽の開放区”になっていると思えたのはワタクシだけだろうか。

今後も最重要音楽イベントのひとつであると確信できた、今回の<SOUND JUNCTION>であった。

取材・文:カネコヒデシ(BonVoyage)


<RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018>

日程:2018年9月22日(土)〜10月12日(金)
会場:都内各所(渋谷・新宿・上野など)
オフィシャルサイト: www.redbullmusic.com/tokyo #REDBULLMUSIC
※会場内での出演者及びライブの撮影・録音・録画等は禁止となります。
※客席を含む、会場内のオフィシャル映像及び写真は公開される場合がございます。
※実施内容は予告なく変更となる場合がございます。
※前売券は各イベントのウェブサイトからご購入いただけます。
※前売券が規定枚数に達した場合、当日券の販売はございません。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報