ロッド・スチュワート、失恋した子供たちへアドバイス

twitterツイート

ロッド・スチュワートは90年代終わり、2人目の奥さん、モデルのレイチェル・ハンターが彼の元を去ったとき、失恋の痛みを思い知ったという。

◆ロッド・スチュワート画像

ロッドは英国の新聞『The Sun』紙にこう話した。「僕は女性を酷く扱うなんてことなかったけど、関係の終わらせ方については誇れない。僕は本当に憶病だった。フィル・コリンズとは違ったよ。たくさんの心を傷つけてきた。謝罪したよ。少なくとも、あれ以来そうしようとしてきた」

「レイチェルが僕の元を去ったとき、僕にはそれに対処する術がなかった。粉々になった。最悪だった。カルマが戻ってくることがあるとしたら、それがこのときだ」

「息子の一人が失恋したとき、僕はこう言ったんだ。“いまで良かったな。パパはもっと年取ってからだったから、(傷ついた心を)治す道具を持っていなかった”ってね。娘の1人は誰かと別れ、いまそんな状況の真っ只中だ。彼女には“勇気出せ。永遠に続くものなんてないよ”って言ったんだ」

ロッドは2007年にモデルのペニー・ランカスターと3度目の結婚。ようやく、生涯続く幸せを見つけたという。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス