合言葉は「Hello New me!」、『hummel loves music』とフレンズ、MINT mate box、SHE IS SUMMERのこれから

twitterツイート

1923年創業のデンマークのライフスタイルスポーツブランドhummelが、今春、国内で始動した『hummel loves music』プロジェクト。フレンズ、MINT mate box、SHE IS SUMMERの3組のアーティストがスニーカーアンバサダーへと就任し、「Hello New me!」を合言葉に、楽曲&MV制作やフォトシューティングに加えて、渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて<hummel loves music live tokyo>を開催した。



夏を終え、改めて全国各地フェスやライブを駆け回ってきた、各アーティストへと、アンバサダーとしての取り組みを振り返ってもらった。

■フレンズの『Hello New Me!』



5人組神泉系バンド、フレンズが制作したMVは、プロジェクトメッセージへと直球勝負した『Hello New Me!』。賑やかなMVで、歌詞と相まって、いい靴を履いて飛び出していく感じへ仕上がっている。


5月にはユニクロ「ステテコ&リラコ」キャンペーンムービーに起用され、8月には1stフルアルバム『コン・パーチ!』を発売。アルバム収録曲の『常夏ヴァカンス』がスマホ発の本格ニュース番組「AbemaPrime」8月度エンディング曲に決定するなど、今後へと、さらなる期待が高まるシーズンとなった。今秋からはアルバムを携えた<〜コン・パーチ! Release Tour〜 シチュエーション・コメディ season3>が、9月30日の東京・TOKYO DOME CITY HALL公演を皮切りに、全国12カ所で実施される。



ボーカルおかもとえみが、今回のプロジェクトを振り返り、「キッズサイズのスニーカーが大人になっても履けるのだと気付きました。おしゃれの幅が広がりましたね」とメッセージ。これから新しいことへの挑戦として、ボルダリングを上げた。そして、アンバサダー就任時と同じように心の短歌でしめてくれた。

「良い靴が みんなの絆 深めてく レベルアップした フレンズですよ」(フレンズ心の短歌)

■MINT mate boxの『走れ』


mahocato(Vo/G)、やすだちひろ(B)、KJ(G)がSNS発信で結成した3人組ギターロックバンド「MINT mate box」は、本格始動から4ヶ月で1st EP「present」をリリースした日常生活が大きく変わった経験を踏まえ、周りに左右されずに、自分が信じる道へと走り出す後押しとなるようにと思いを込めた『走れ』を発表。MVではメンバーのダッシュの回数が話題にもなった。


今回のプロジェクトについて、mahocatoから「素敵な靴を履くと靴が素敵な場所に連れて行ってくれる』というフレーズを聞いたことがあります。思えば、私はhummelを履き始めてから行ったこともない場所にたくさん行くことができました。今ではそこが私の居場所となり、本来の自分に出会えたような気がします。全く違う文化の中で育った人や、全く違う価値観を持った人たちの意見や考え方を知ることが楽しくなり、視野が広がった。たくさんの刺激を受け、自分をより良くしたいと常に思えるようになりました」とコメント。

続けて、やすだちひろは、「これまで興味を持たなかった世界に目を向けてみるようになりました。最近になって、これまで興味を持たなかったこと、見逃してきた物事にすごく面白いものが隠れていたことに気がつきました。最近では花が好きになったり、映画を観に行く機会が増えるなど、今まで自分にはなかった感性が磨かれていっているような気がしています。これからは、読書やアウトドア、また、様々な展示会にも足を運んでみたいです」とのコメント。


今夏は<JOIN ALIVE>と大規模フェスへも出演し、自主企画ライブも成功させた。10月にはMOSHIMOとの 2マンTOUR<GOOD CRUE TOUR> を全国7カ所で開催。10月3日には、待望の3rd EP『ideal』をリリースする。自分たちの想い描く理想に近づきたいという思いを込めた今後の活動からも目が離せない。

■SHE IS SUMMERの『NEW ME』


2016年より、“MICO”のソロプロジェクト“SHE IS SUMMER” として始動。タイアップソングとなった「NEW ME」のMVでは、高く積まれたヒュンメルのシューズボックスを突き破ったMICOが、壁を越え新しく踏み出していく様をイメージした。



MICOはヒュンメルとの『hummel loves music』について、「今回のプロジェクト内容にぴったりだったこともあり、兼ねてからずっとチャレンジしたいと思っていたショートカットにイメージチェンジすることができました。ショートカットと自分の性格の相性がとても良く、そこから服装についても今までとは異なる考えを持つようになれました。好きなものを身にまとうのもいいけれど、自分がアピールしたい自分を見せられる服が別にある、と気づきました。どちらの時期があってもいいと思いますが、新しい発見でひとつ選択肢が増えたことで、可能性が広がりました」とコメント。

8月1日には、プロデューサーに片寄明人(GREAT3)を迎え、TENDRE、高橋海(LUCKY TAPES)、コレサワなどがアーティストとして加わり、1stミニアルバム『hair salon』をリリース。新たなサウンドづくりに挑戦し、新境地のリードナンバー『CALL ME IN YOUR SUMMER』が話題を集めた。



「今までは都会的なものばかりに興味があったのですが、これからはもっと、そんな街をつくる源になっている大自然をたくさん見に行って、さらに新しい価値観を手に入れたいです」と、新しい自分を見据える。11月には“SIRUP”参加の『とびきりのおしゃれして別れ話を』Remixを含む初の7inchレコードのリリースを発表。12月には最新作 ”hair salon”の世界を描く集大成となる東京キネマ倶楽部でワンマンライブも決定している。

■「hummel loves music」プロジェクトのその後


音楽性の異なる3つのアーティストが参加した『hummel loves music』プロジェクト。世界で最も古いスポーツブランドのひとつであるhummelとのプロジェクトで成長したアーティストたち。取り組みから得たもの、感じたことが、次の曲やライブに繋がっていく。今後もフレンズ、MINT mate box、SHE IS SMMERの3組から目が離せない。

撮影:船橋岳大 / Takehiro Funabashi

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報