リッチー・ホウティン&アルヴァ・ノト、豪華ツーマンライブ<MIRAI TOKYO>決定

ツイート

現代最高峰のテクノアーティスト、リッチー・ホウティン。ドイツの天才サウンドアーティストのアルヴァ・ノト。ありそうでなかった2人が、それぞれの最新オーディオ・ヴィジュアルを一夜で披露するツーマンライブが実現する。


リッチー・ホウティンは、音楽家でありアーティストとしての世界観とテクノロジーを詰め込んだ最新のオーディオビジュアルライブ<CLOSE - Spontaneity & Synchronicity>が日本初上陸。現在リッチー・ホウティンはこのライブセットでワールドツアー中だが、<Coachell>や<Movement>など巨大フェスティバルでのライブセットとなっているため、その膨大な機材やステージセットアップは、国内では実現不可能と思われていたなか、積み重なるミーティングを経て、ついにここに実現、常に革新的な取り組みに挑戦してきたリッチー・ホウティンは、今回のプロジェクトで人間の創造性とテクノロジーを駆使してDJとライブの境界線に挑む。


規則正しく刻むビートに、人間だからこその直感で即興テクノを作り上げていくその姿を、各機材に取り付けた無数のカメラが巨大スクリーンにリアルタイム投影。機材を巧みに操る姿を目にすることで、彼の意識・世界観そのものに没入することができるという。


一方、坂本龍一とのコラボレーションで知られる天才サウンドアーティスト、アルヴァ・ノトことカールステン・ニコライ。彼のダンスフロア向け作品である“Uniシリーズ”3部作の完結編となるアルバム『UNIEQAV』から最新のオーディオビジュアルライブも同時開催される。


ベルリン、パリ、ロンドンなどでソールドアウトとなった刺激的なサウンドとヴィジュアルがシンクロする圧巻のパフォーマンスを披露。卓越したセンスとテクニックで立体的なサウンドデザインを構築し、ミニマルでメディテイティブな側面とダイナミックでダンサブルな側面が完璧なバランスで混在する唯一無二の音響空間に没入していただきたい。

会場は都内有数のライブスペース「豊洲PIT」。最新鋭の音響と空間、ここに高精度の大型LEDビジョン、ライティ ングを持ち込み、アーティストの望むままのステージセットで、オーディオ・ヴィジュアルのダイナミックさを極限 まで表現する。テクノ&電子音楽の豪華ツーマンライブに、東京の夜が複雑なリズムと重低音で揺れる。


<MIRAI TOKYO - Audiovisual Media Art Show>

2018年10月27日(土)
開場・開演16:00/終演21:00
会 場: 豊洲PIT(東京都江東区豊洲6-1-23)
https://toyosu-pit.team-smile.org/
出 演:
RICHIE HAWTIN[CLOSE - Spontaneity & Synchronicity]
ALVA NOTO[UNIEQAV]
ISHIJIMA[Openning DJ]
料 金:
前売 8,500円 当日 10.500円
チケットプレイガイド:
イープラス http://eplus.jp/miraitokyo/
RA https://jp.residentadvisor.net/events/1165892
iFLYER https://bit.ly/2pqWPVb
主催・制作:株式会社ミスターフュージョン 協力:新豊洲フェス、東京花火大祭

◆<MIRAI TOKYO - Audiovisual Media Art Show> オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス