ラッパーのLil Xan、辛いスナック菓子の食べ過ぎで病院に急送

twitterツイート

今春、デビュー・アルバム『Total Xanarchy』が全米トップ10入りした新進ラッパー、Lil Xan(22歳)は、4日間お腹が痛み続け病院へ搬送されたが、原因はスナック菓子の食べ過ぎだったらしい。

◆Lil Xan画像、動画

彼は2日ほど前、「これまでになく健康でツアーの準備万端! それと、ホット・チートスには要注意、とんでもないドラッグだ、ハハハ!」とのキャプションでインスタグラムに動画を投稿。500万人のフォロワーに向け、「病院にいたんだ。ドラッグのせいじゃない。ホット・チートスを食べ過ぎたようだ(笑)」と話した。



チートスはアメリカ生まれのコーンスナック。Lil Xanはその激辛版にはまったらしい。どれだけ食べたらそうなるのかわからないが、「腹の中のなにかが裂かれ、ちょっと血を吐いた」という。

しかしながら、その直後、TMZの取材を受けた彼は「まだ腹は完全に良くなっていない」と言いつつ、レポーターからチートスを手渡されると、懲りずに口にしていた。ちなみに、チートスだけが悪いわけではなく、食生活全般が良くなかったそうだ。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス