須田景凪、unBORDEから2019年1月にEPをリリース

ツイート


2013年からボカロP“バルーン”として活動し、昨年2017年にはシンガーソングライターとしても活動を始めた須田景凪(すだけいな)が、来年1月16日に6曲入りの新作EP(タイトル未定)をワーナーミュージック・ジャパン内のレーベルunBORDEからリリースすることを発表した。あわせて、このEPに収録される新曲「レソロジカ」が主題歌となる短編アニメーション『ROAD TO YOU ~星降る丘の約束~』がYouTubeにて公開された。

◆【映像】短編アニメーション『 ROAD TO YOU -星降る丘の約束- 』

今作のCDには「レソロジカ」の他、今年7月にYouTubeで公開され100万回再生を突破した「Dolly」を含む全6曲を収録予定だ。DVD付の初回限定盤とCDのみの通常盤があり、収録内容詳細は後日発表される。

  ◆  ◆  ◆

【須田景凪コメント】

「この度、unBORDEより新しいEPをリリースすることになりました。
これからも自由な形で活動していければと思います。
今までの色々な思考や体験を咀嚼したものをこのEPに詰め込みました。
楽しんで聴いて頂ければ嬉しいです。」

  ◆  ◆  ◆

「レソロジカ」が主題歌を飾る短編アニメーション『ROAD TO YOU ~星降る丘の約束~』は、ダンロップのスタッドレスタイヤ「WINTER MAXX 02」のプロモーションのために制作されたものの2018年バージョン。2017年10月に公開された『ROAD TO YOU ~君へと続く道~』は同じく須田景凪による楽曲「アマドール」が主題歌であった。

ダンロップの『ROAD TO YOU』シリーズ第2弾となる今回は、冬の北海道を舞台に、20歳の誕生日を迎える主人公・ゆいと母、そして成人した娘の姿を見ることなく天国へ旅立った父の3人が織りなす親子の愛情物語を、本格的なアニメーションで描いている。本作品の制作は、『機動戦士ガンダム』シリーズをはじめとする人気ロボットアニメや、『ラブライブ!』など、数々の名作を手掛けるアニメ制作スタジオ「サンライズ」が担当。さらに、スタジオジブリ出身のアニメーター・やぼみ氏(キャラクター原案)、「ローゼンメイデン」シリーズの松尾衡氏(監督)など、気鋭のクリエイターが集結した。

声優には、20歳の誕生日を迎える主人公・ゆい役に悠木碧、母親役に斎藤千和、そして、成人した娘の姿を見ることなく、天国へ旅立った父親役に岡本信彦を起用。『魔法少女まどか☆マギカ』で話題を呼んだ名コンビに、『僕のヒーローアカデミア』の爆豪勝己役で人気を博した実力派が主要キャストを演じる声優陣が集結した。




須田景凪 1st EP「(タイトル未定)」

2019年1月16日発売
・初回限定盤(DVD付) ¥2,500+税 品番:WPZL-31556
・通常盤 ¥1,800+税 品番:WPCL-12982
「レソロジカ」(DUNLOP WINTER MAXX 02 短編アニメ作品『ROAD TO YOU ~星降る丘の約束~』主題歌)、「Dolly」を含む全6曲を収録予定

【須田景凪 プロフィール】

2013年より“バルーン”名義でニコニコ動画にてボカロPとしての活動を開始。その後「シャルル」「雨とぺトラ」「レディーレ」と続々にヒット曲を投稿。自身の曲を自ら歌うセルフカバーも多くの支持を集め、「シャルル」のセルフカバーはYouTubeで1400万回再生を突破。 JOYSOUNDの2017年発売曲年間カラオケ総合ランキングでは1位に輝いた。2017年10月、自身の声で描いた楽曲を歌う“須田景凪”として活動を開始する。中毒性のある予想外かつ大胆でありながら、隅々までこだわりの詰まったメロディーが多くの若者の支持を集める。

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス