ポール・マッカートニー、急逝したエンジニアのジェフ・エメリックを追悼

twitterツイート

ザ・ビートルズやポール・マッカートニーの作品を手掛けたレコーディング・エンジニアのジェフ・エメリックが、10月2日、亡くなった。72歳だった。

◆ポール・マッカートニーからのメッセージ

エメリックは電話中、突然、倒れたという。『Variety』によると、マネージャーのWilliam Zabaletaは、「彼は電話中、合併症を引き起こし、電話を落としました。僕は911(緊急通報用電話番号)に電話したのですが、彼らが到着したときにはすでに遅かったのです。ジェフは長い間、心臓の問題を抱えており、ペースメーカーを使用していました」との声明を出したという。

15歳のとき、アビー・ロード・スタジオでアシスタント・エンジニアとして働き始めたエメリックは、すぐにザ・ビートルズのレコーディング・セッションに参加するようになり、彼らの初期の作品「Love Me Do」「I Want To Hold Your Hand」「She Loves You」「A Hard Day’s Night」等のセッションでアシスタントを務め、チーフ・エンジニアになってからは『Revolver』『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』『The Beatles(ホワイト・アルバム)』『Abbey Road』などを手掛けた。『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』と『Abbey Road』、ポール・マッカートニー&ウイングスの『Band On The Run』でグラミー賞(Best Engineered Recording, Non-Classical)を受賞した。

旧知のポール・マッカートニーは、訃報が流れすぐSNSとオフィシャル・サイトを通じ、追悼の言葉を捧げた。

「今朝、ジェフ・エメリックが亡くなったという悲しい知らせで目覚めた。彼は素晴らしいエンジニアであり友人だった。ザ・ビートルズには素晴らしいエンジニアがたくさんいたが、ジェフが1番だった。頭の回転が速く、楽しいことが大好きで、僕らのレコードに収められた多くの素晴らしいサウンドの背後にいる天才だった。ザ・ビートルズの後も僕は彼と仕事をしてきた。いつも楽しく、彼が創り出すことができたサウンドはいつだって特別だった。今年初め、僕らのスタジオに遊びに来た彼と会ったばかりで、こんなにも特別な友人を亡くしたことに僕は衝撃を受け、悲しみに包まれている。ジェフリー、神のご加護を」

オフィシャル・サイトにはそれと別に、「彼は、スタジオでの僕ら(ザ・ビートルズ)の仕事に対する姿勢にぴったりのユーモアのセンスを持ち、僕らが投げかけるたくさんの新しいアイディアに対し、いつだってオープンだった。僕らが望むサウンドを理解するようになり、それを実現させるため、あらゆる種類の技術を開発してくれた」「今年、最近、彼に会ったばかりだった。僕らが『Egypt Station』の仕上げを行なっていたLAのHenson Studioを訪れ、いつものように陽気でフレンドリーで、僕らが聴かせたミックスにOKを出してた。この先ずっと、僕は深い愛情と共に彼のことを思い出すことになるだろう」等、さらに長い追悼文が掲載された。



エメリックは、ザ・ビートルズ、マッカートニーほか、エルヴィス・コステロ、バッドフィンガー、アート・ガーファンクル、ジェフ・ベック、チープ・トリックら多くの作品を手掛けており、2003年、長年の功績が称えられテクニカル・グラミー・アワードが贈られた。

合掌。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報