三浦祐太朗、初の47都道府県ツアー開幕。母・山口百恵のカバーも

ツイート

シンガーソングライターの三浦祐太朗が1月19日、初の47都道府県ライブツアー<三浦祐太朗 Live Tour “47 MELODIES”>を鹿児島・志布志市文化会館よりスタートした。

◆ライブ画像(全8枚)

人口が3万人という志布志市。会場にはおよそ1000人が集まり、2013年のアリス再結成ライブ以来の満員御礼となった。

約2時間のライブでは「さよならの向う側」「いい日旅立ち」といった母・山口百恵のカバーに、「ハタラクワタシへ」「小さな手」(夢ハウスCM曲)などのオリジナル曲を織り交ぜて披露。鹿児島には昨年2018年も訪れたそうで、その時に食べた天文館の「小金太」ラーメンがおいしかったと思い出を語る一幕もあった。



「ライブで演奏する曲達が今後ツアーの中で育っていくのが楽しみ」と話した三浦。47都道府県で全49公演(東京3公演)を実施し、12月14日の東京公演まで全国を駆け抜ける。


撮影:田中 紀彦

この記事をツイート

この記事の関連情報