【ベスト盤発売記念】CNBLUEの軌跡をたどる楽曲レビュー vol.4

twitterツイート


8月29日(水)にリリースされたCNBLUE初のジャパン・ベストアルバム『Best of CNBLUE / OUR BOOK [2011 - 2018]』の発売を記念し、BARKSではこのベスト盤の収録順にCNBLUEの軌跡をたどる楽曲レビュー企画をお届けしてきた。そして遂に、今回で最終回。Vol.4となる本稿は、「Go your way」「Starting Over」「Supernova」「Glory days」の4曲だ。こうしてベスト盤の終盤には前向きな楽曲が揃い、現在は兵役入隊中の4人との再会の日に向け、エネルギーを受け取った感覚すらおぼえる。思わず胸が熱くなる、坂本ゆかり氏によるレビューをどうぞお楽しみいただきたい。

▲『Best of CNBLUE / OUR BOOK [2011 - 2018]』初回限定盤

▲『Best of CNBLUE / OUR BOOK [2011 - 2018]』通常盤

■ 16.「Go your way」

2014年8月20日発売の8thシングル。「Don't stop 進むだけさ」と、“自分の信じた道を行け”というメッセージが込められた、アップテンポでストレートなロック曲。MVでは、演奏するメンバーたちの前で、現状の困難と戦うことを示唆するかのように男たちの乱闘が繰り広げられている。韓国ではこの年の2月に、彼らにとって大きなターニングポイントとなった5thミニアルバム『Can't Stop』を完成させ、CNBLUEはこの後どんどんポジティブな方向に進み、ファンと共感する楽曲とライブを作り上げていくことで、ライブハンドとしても大きく飛躍していった。作詞、作曲共にヨンファが手掛けた。

▲8th SINGLE「Go your way」


▲8th SINGLE「Go your way」リリース時

■ 17.「Starting Over」

2017年10月18日発売の6thアルバム『STAY GOLD』のリード曲。「大変なことはすぐに忘れて、リセットしてして行こう!」というポジティブなメッセージを伝えるこの曲は、「ファンのみなさんが、ライブで一緒に歌ってくれることを考えながら作った」(ヨンファ)という、思わず手拍子したくなる、肩の力が抜けたポップでピースフルなライブアンセム。図らずも、この「Starting Over」を掲げたアリーナツアーが入隊前最後のツアーになってしまったが、「僕らにとって今、この瞬間がいつでもGOLD。その輝きがずっと続いていくって意味で『STAY GOLD』というアルバムタイトルを付けました。最高のライブも、過去ではなく今。常に最高が更新されていく」とジョンヒョンが言うように、4人が再びそろう2020年に、“最高のライブ”が更新される日を今から心待ちにしていたい。MVでは流行りのグランピングを体験したが、“雨男”とファンにいわれている彼らだけに、撮影日前日から大雨が降り、1日延期されるというアクシデントに見舞われたそう。作詞、作曲共にヨンファが手掛けた。

▲6th Album『STAY GOLD』


▲6th Album『STAY GOLD』リリース時

■ 18.「Supernova」

2015年9月30日発売の4thアルバム『Colors』のリード曲。「1曲1曲が記憶に残る、まさに名盤」と、ミンヒョクも太鼓判を押すアルバムの収録曲の中からリード曲に選ばれた「Supernova」は、ミンヒョクの得意なディスコのリズムの上に「ギターリフとシンセのラインが特徴的。シンセを使ってるけど、アナログ感がある。そこが幻想的というか宇宙的というか……」(ヨンファ)という要素で構成されている。MVは「幻想的で、エモーショナルな感じもする。曲の歌詞とすごく合っているので、MVを見ると歌詞がよく理解できると思います」(ジョンシン)というように、暗闇に無数のミラーボールが宇宙のような空間を作り出している。作詞、作曲共にヨンファが手掛けた。アルバム『Colors』には、ベースのジョンシンが初めて作詞・作曲を手掛けた「Daisy」も収録されているので、ぜひアルバムも聴いてみてほしい。

▲4th Album『colors』


▲4th Album『colors』リリース時

■ 19.「Glory days」

2016年10月19日発売の5thアルバム『EUPHORIA』のリード曲。作詞、作曲共にヨンファが手掛けた。日本デビュー5周年のアニバーサリーを記念したアルバムのタイトル『EUPHORIA』は、イタリア語で“幸せ”を意味する。「日本デビューした5年前は“大きくなりたい”ってことばかり考えていたけれど、今、振り返ると、“ああ、ちゃんと達成できてるな”って思います。成功って後からじゃないとわからないもの。一歩ずつ着実にやれていますよね? でもこれは、僕たちの力だけじゃなく、僕たちの音楽を愛してくれるファンのおかげです。「Glory days」には、これまで同様、そしてこれからも、夢のような時間、幸せな時間をファンのみなさんとずっと一緒に過ごしたいというメッセージを込めました」(ヨンファ)というように、このころからファンへの感謝、ファンと楽しむ音楽へと気持ちがシフトしてゆく。年に1枚アルバムを出し、年に2回のアリーナツアーを行うCNBLUEだが、このように安定した人気を保つのは、日本のバンドでも容易ではない。CNBLUEのライブに来た方は、バンドとファンの一体感、音楽で繋がれる多幸感を体験しただろう。それは、彼らのファンに対する姿勢の表れなのだ。この「Glory days」こそ、CNBLUEのベストアルバムのラストを飾るにふさわしい、彼らからファンへの感謝のメッセージである。全員が涙ではなく、笑顔で入隊していったCNBLUE。軍隊でまた新しい経験を積み、男として、人間として成長した彼らが、次にどんな曲を聴かせてくれるのだろう? そして、どんなライブを見せてくれるのだろう? 寂しさよりも、期待に満ちた心で、彼らが戻ってくる2020年を待ちたい。それまでは、この『Best of CNBLUE / OUR BOOK [2011 - 2018]』を聴きながら……。

▲5th ALBUM『EUPHORIA』


▲5th ALBUM『EUPHORIA』リリース時

文◎坂本ゆかり

  ◆  ◆  ◆


■『Best of CNBLUE / OUR BOOK [2011 – 2018]』

2018年8月29日発売
<収録曲>※CD共通
1. Don’t Say Good Bye (新曲)
2. In My Head
3. Lady
4. SHAKE
5. Radio
6. Puzzle
7. Where you are
8. One More Time
9. Still
10. Blind Love
11. Truth
12. Robot
13. WHITE
14. Come on
15. Time is over
16. Go your way
17. Starting Over
18. Supernova
19. Glory days

<初回限定盤DVD> Music Video集
1. 「In My Head」 Music Video
2. 「Where You Are」 Music Video
3. 「Come on」 Music Video
4. 「Time is over」 Music Video
5. 「Robot」 Music Video
6. 「Blind Love」 Music Video
7. 「One More Time」 Music Video
8. 「Lady」 Music Video
9. 「Truth」 Music Video
10. 「Still」 Music Video
11. 「Go your way」 Music Video
12. 「Radio」 Music Video
13. 「WHITE」 Music Video
14. 「Supernova」 Music Video
15. 「Puzzle」 Music Video
16. 「Glory Days」 Music Video
17. 「SHAKE」 Music Video
18. 「Starting Over」 Music Video
19. 「Don’t Say Good Bye」 Music Video(新曲)

◎初回限定盤 CD+DVD 税抜価格:¥4,200 WPZL-31498/9 POS: 4943674285372
DVD:Music Video集(全19曲)
仕様:デジパック&スリーブケース、フォトブックレット
※新曲「Don’t Say Good Bye」を含む全19曲のMusic Videoが収録されたDVD、フォトブックレット、デジパック、スリーブケース付きという超豪華仕様。

◎通常盤 CD 税抜価格:¥3,000 WPCL-12918 POS: 4943674285365

<CDショップ先着購入者特典>CNBLUE「Best of CNBLUE / OUR BOOK [2011 – 2018]」(初回限定盤/通常盤)のCDショップ先着購入特典が決定。
対象店舗でお買い上げの方に先着で、CNBLUEオリジナル 缶マグネット(各メンバーソロ1種/全4種)をランダムでお渡しします。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon