ジョージ・マーティン設立のエア・スタジオ、ロシア人の富豪が購入

ツイート

売りに出されていた英国ロンドンにあるAIR Studiosは、『Financial Times』紙によると、プレミアリーグ所属のAFCボーンマスのオーナーでもあるロシア人の投資家、Maxim Demin氏が購入したという。

◆AIR Studios画像

AIR Studiosは、ザ・ビートルズの作品で知られる伝説のプロデューサー、故ジョージ・マーティンが1969年に共同設立。もともと市内中心部にあったものが、1992年、ロンドン北西部ハムステッドに移転した。ロンドン自然史博物館などを手掛けた著名な建築家アルフレッド・ウォーターハウスが設計し1880年に建てられた教会を改装しており、他にはない厳かな雰囲気を持つ。



2006年からのオーナーRichard Boote氏とPaul Woolfe氏はどちらも70歳を過ぎ、売却を決断、今年5月に売りに出した。『Financial Times』紙によると、彼らは建物をアパートメントに改築してしまうような不動産開発業者ではなく、ビジネスを引き継いでくれる人を探していたという。

Demin氏は、レコーディング・スタジオとしてAIRに投資すると、すでにスタッフに話したと言われる。まだ新オーナーからコメントはなされていないが、Woolfe氏はスタジオの売買が成立したことを認め、「僕らはとてもハッピーだ。購入者は、スタジオとしての将来を約束してくれた」と話している。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス