全英アルバム・チャート、ロッド・スチュワートの新作が初登場1位

ツイート

今週のUKアルバム・チャートは、ロッド・スチュワートの30枚目のソロ・アルバム『Blood Red Roses』が初登場で1位に輝いた。彼にとって、『Every Picture Tells A Story』(1971年)、『Never A Dull Moment』(1972年)、『Smiler』(1975年)、『Atlantic Crossing』(1975年)、『A Night On The Town』(1976年)、37年ぶりに1位を獲得した前々作『Time』(2013年)に続く、7枚目(コンピレーションを含むと9枚目)の全英No.1アルバムとなった。

◆ロッド・スチュワート画像

2位には、シェールがABBAの楽曲をカヴァーした『Dancing Queen』がチャート・イン。先週2位だった映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックが3位に、4週連続で1位をキープしていたエミネムの『Kamikaze』が4位に後退した。

今週はトップ2枚のほか、リル・ウェインの『Tha Carter V』が5位。先月、ヴォーカリストのChas Hodgesが肺炎のため74歳で亡くなったChas & Daveのベスト盤『Gold』が8位、ナイル・ロジャース&シックの26年ぶりの新作『It's About Time』が10位に初登場している。


シングル・チャートは変わらず、カルヴィン・ハリス&サム・スミスの「Promises」が5週連続で1位をキープ。バスティルをフィーチャーしたMarshmelloの「Happier」が4位から2位へ上昇し、カニエ・ウェスト&Lil Pumpの「I Love It」が3週連続で3位をマークした。

今週新たにトップ10入りしたのは2曲あり、リタ・オラの「Let You Love Me」が6位、ロンドン出身の新人女性シンガーFreya Ridingsの「Lost Without You」が9位につけた。「Lost Without You」は7月に72位で初めてチャート・インして以来、じわじわとランクを上げ、12週目でトップ10圏内に到達した。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報