ロックの殿堂(2019年)、候補15アーティスト発表

twitterツイート

<2019年 ロックの殿堂>の候補15アーティストが発表された。

◆ロックの殿堂 関連画像、動画

15アーティストの内6アーティスト──デフ・レパード、ディーヴォ、ロキシー・ミュージック、トッド・ラングレン、スティーヴィー・ニックス、John Prineが、初めてノミネートされた。ニックスは、フリートウッド・マックのメンバーとして1998年に殿堂入りしている。

候補者リストの常連になりつつあるクラフトワークとLL・クール・Jは5回目となる。

<2019 ROCK & ROLL HALL OF FAME>の候補アーティストは以下のとおり。*()内は、今回も含めこれまでノミネートされた数

デフ・レパード(初)
ディーヴォ(初)
ジャネット・ジャクソン(3)
John Prine(初)
クラフトワーク(5)
LL・クール・J(5)
MC5(4)
レディオヘッド(2)
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(2)
ロキシー・ミュージック(初)
スティーヴィー・ニックス(初)
ザ・キュアー(2)
トッド・ラングレン(初)
ルーファス ft. チャカ・カーン(3)
ザ・ゾンビーズ(4)



公式サイト(Rockhall.com/class-2019-nominees)では、現在(12月9日まで)、ファン投票を受け付けている。


殿堂入りするアーティスト(通常5~6アーティスト)は12月に発表され、式典は3月29日、ニューヨークのBarclays Centerで開かれる。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報