バッテリー内蔵エフェクトペダル用パワーサプライ「POWER CARRIER VA-R8」

twitterツイート

バッテリーパックを内蔵したエフェクトペダル用パワーサプライ「POWER CARRIER VA-R8」が、Vital Audioから登場。10月12日に発売される。

2016年よりエフェクトペダル用電源シリーズPOWER CARRIERを展開しているギターシールドの老舗ブランドVital Audio。同シリーズの「POWER CARRIER VA-06+」は、バッテリーパックを内蔵し、ACアダプターを接続しなくても使用できる便利さから人気が高かったが、惜しまれつつも生産完了となっていた。今回、後継機種への要望に応え、シリーズ5機種目となるリチャージャブル/オールアイソレートパワーサプライとして「POWER CARRIER VA-R8」が完成、いよいよ発売となる。


「POWER CARRIER VA-R8」は、バッテリーパックを内蔵したエフェクトペダル専用パワーサプライで、充電容量も8000mAhの大容量を確保。9V/500mA(Max)× 2、各9V/300mA(Max)×6の計8ポートを装備。これらの全ポートはアイソレートされた仕様になっており、ポート間のノイズ干渉を減らしてくれる。


▲8ポートのDC出力はフロントパネルに配置。トップパネルには各ポートに個別のLEDが用意され、点灯したLEDの色で状態を確認することができる。

これら8ポートDC出力に加え、USB出力(5V/2000mA Max)も搭載。エフェクターだけでなく、携帯電話などさまざまなデバイスへの電源供給が可能だ。専用のACアダプターが同梱されているため、ACアダプターによる電源供給をしながら使用することも可能。この際、同時にバッテリーパックへの充電も行える。

動作時間の目安は、たとえば消費電流200mA×2台、100mA×6台のペダルを使用した場合、8000mAh÷(200mA×2 + 100mA×6)=8時間の使用が可能(使用環境、発熱の度合いによって駆動時間が変わる)。充電時間は付属の12V/2000mAアダプターで約2~3時間。別売りのUSB出力5V/2Aアダプターで約5~6時間、同じく別売りのUSB出力5V/1A アダプターで約10時間。


▲本体左側面にはUSB出力とMicro USBの入力を用意(Micro USB入力はVA-R8本体の充電にのみ使用可能)。スマホやオーディオプレイヤーへの電源供給も行える。

本体にはアルミ削り出しの高級感あふれる筐体を採用。ショート保護回路による安定した動作も魅力の一つで、各出力ポートにはLEDライトを備え、使用しているポートはグリーンLEDが点灯、不具合の出たポートはレッドLEDが点灯する。ショートしたポートのペダルを抜かない状態でいると、セルフ・プロテクションモードに入り、2秒に1回再起動を行う。

パッケージにはDCケーブル (60cm S/L) × 8本、USB出力用ケーブル (30cm USB-A/Micro USB) 1本を同梱。さらに電圧昇圧用Yケーブルも1本同梱 (プラグタイプ:ストレート/ストレート×2)、昇圧用Yケーブルを使用することでさらに高い電圧のエフェクターも同時に使用可能だ。電源は付属の12V 2A ACアダプターを使用する。外形寸法は140(W) x 70(D) x 30(H) mm、本体重量は238g。

製品情報

◆POWER CARRIER VA-R8
価格:16,800円(税別)
発売日:2018年10月12日
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報