オジー・オズボーン、感染症の回復遅れ、北米ツアー残りの4公演を延期

twitterツイート

手に感染症を発症し手術を受けたため、10月6~11日に開催するはずだった3公演を延期し、13日にツアーを再開するはずだったオジー・オズボーンが、さらなる手術が必要な可能性があると診断されたため、13日の公演、およびその後に振り替えを予定していた先の3公演──北米ツアー残りの計4公演を2019年に延期することになった。

◆オジー・オズボーン画像

オジーは、「俺は公演の中止にものすごくへこんでる。ツアーは素晴らしく、俺ら、本当に残りの数公演を楽しみにしてたんだ。みんなが理解してくれることを願ってる。来年、会うのを楽しみにしている」と、コメントしている。



感染症は小さな切り傷がもとで発症したそうだ。オジーの奥さん、シャロンは数日前、こう話していた。「親指に小さな切り傷ができたの。爪の横を引っ張りぬくとできることあるでしょ。彼はそれを放っておいたのよ。それで、ドアにそこをぶつけたの。そしたら、どんどん大きくなっちゃって、その後、中指にも同じことが起きたのよ…。だから、土曜日の朝、緊急治療室に連れて行ったわけ。爪の横にできたほんの小さなものが、指2本に感染症を引き起こすことになったのよ」

オジー最後のツアー<No More Tours 2>は、次回、1月30日からヨーロッパでの開催を予定している。

延期された北米4公演の日程は今後発表される。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報