【インタビュー】ライブレボルト“最強ユニット”FIREVOLTが登場!アルバム『REBIRTH』にこめられた熱さと夢

twitterツイート
▲写真左から:堀内まり菜(時音ひなた役)、荒井瑠里(白石まどか役)

“ライブに革命を”をコンセプトとして、漫画、ライブ、イラスト等、多方向のメディアミックスを展開している声優ライブアーティスト企画『ライブレボルト』。8人のキャラクターを演じる声優たちで結成された同名グループによるライブ・パフォーマンスは、その激しさから巷で評判を呼んでいる。

そんな中、1stアルバム『REBIRTH』が11月21日にリリースされることとなった。果たしてライブレボルトとは何か? 今回、グループ内ユニット「FIREVOLT」を組むバディ、堀内まり菜(時音ひなた役)と荒井瑠里(白石まどか役)に初インタビューを行い、それぞれのキャラクターへの想いなどをじっくり語ってもらった。

◆『ライブレボルト』関連画像

■「ライブレボルトへようこそ!」と温かく迎えてくださって。(堀内)
■「最強」って言われちゃうと、「最強かぁー!(汗)」って思っちゃいますけど(笑)。(荒井)


──まず、自己紹介をお願いします。

堀内まり菜(以下、堀内):時音ひなた役の堀内まり菜です。趣味は4コマ漫画を描くことと、美味しいチーズナン巡りです。

──すごくピンポイントな食材で巡ってるんですね(笑)。

堀内:そうなんです、チーズナンが大好きで(笑)。特技は、短距離走なので何かあれば、走ります!よろしくお願いします。

荒井瑠里(以下、荒井):白石まどか役の荒井瑠里です。趣味はカフェ巡りで、食べることが大好きで美味しいものを日々探し回っております(笑)。5歳からバレエを習っていたので、ダンスが特技です。BARKSさんも、もちろん初登場なんですけど、私は取材自体を受けさせていただくのが始めてなんです。

──えっそうなんですか?

荒井:はい、なので今日はすごくドキドキしてます。よろしくお願いします。

──こちらも責任重大ですね(笑)。では今日は『ライブレボルト』及びグループ内ユニット「FIREVOLT」とは何か、という基本的なことから教えてください。

堀内・荒井:わかりました。よろしくお願いします。

▲『ライブレボルト』コミック版表紙

──お2人が加入したのは、2018年からなんですよね。

堀内:そうです。2018年5月13日に開催された2nd LIVEから加入しました。私たちは、漫画作品『ライブレボルト』の原作をもとにしたグループなんですけど、それぞれキャラクターを担当しているので、各々がそのキャラクターに寄せた表現をしつつ、バディと呼ばれる2人組のグループ内ユニットが4つで活動しています。ライブ自体は、バディでやるシーンと、全体でやるシーンと両方あります、2nd LIVEのときも、ユニットでバトルをしたり、キャラクターとして影ナレをしたりしました。そういう、キャラクターとしてのライブをしています。

──ライブ以外ではどんな活動をしてきたのでしょうか。

荒井:以前、まず私たち2人のことを、ライブレボルトのファンのみなさんに知ってもらおう、というトークイベントをやらせて頂いたんです。

堀内:ライブレボルトが秋葉原にあるカフェとコラボしていたときに、そのカフェでFIREVOLTと原作の瀬島ハルキさんの3人でやらせていただきました。

荒井:その後に、お渡し会をやらせて頂いたので、直接ファンのみなさんのお話を聞くことができたので、とても貴重な機会でした。

堀内:ファンのみなさんが、「ライブレボルトへようこそ!」と温かく迎えてくださって。あとは、「FIREVOLTはラスボスだと思うから、頑張ってね!」とか、応援してくださる言葉をいっぱいいただきました。

荒井:私たちのことを、FIREVOLTとして受け入れてくださったことが、私的に嬉しくって。直接ファンの方のお声をいただいて、より頑張ろうという気持ちになりました。私は、この作品が声優としてのデビューになるので、他のメンバーの方たちと馴染めるのかなとか、ファンのみなさんに受け入れてもらえるかなっていう気持ちが正直あったんですが、本当に温かく迎えてくださったので、感謝しています。

堀内:メンバーの方たちもすごく温かく受け入れてくださって、早く打ち解けることができたので、6人のメンバーの方々にもすごく感謝しています。

──そのライブレボルトの中で、FIREVOLTとはどんなユニットなのか教えてもらえますか。

堀内:最初、白石まどかちゃんは主人公の藤原あかねちゃんとバディを組んで入学したんですけど、入学初日のオリエンテーションで、私が演じる時音ひなたがスカウトして、そこで2人のユニットFIREVOLTが結成されたんです。だから、普通のバディとはまた違う始まりなんですよね。

荒井:ひなたが、「トップディーヴァ」という称号を持っている最強キャラで、まどかもそのトップディーヴァにスカウトされている立場なので、なかなかの実力者なんです。なので、この8人の中でも「最強のユニット」という立ち位置でして。

堀内:そうだね。

荒井:「最強」って言われちゃうと、「最強かぁー!(汗)」って思っちゃいますけど(笑)。

──なかなかプレッシャーのかかる設定ですよね。

荒井:そうですよね。私たちも実際にパフォーマンスをさせていただくというコンセプトのユニットなので、すごく頑張らなきゃなっていう気持ちになりますね。

──お2人が演じているキャラクターはどちらも個性的ですけど、それぞれ紹介してもらえますか?

▲堀内まり菜(時音ひなた役)

堀内:時音ひなたは、最初の印象だと、楽観主義で歌うことが好きなんだなって感じました。1人でも全然生きていけそうな子だなって最初は思っていたんですけど、原作を読んでだんだん理解を深めていくうちに、全然1人じゃ駄目というか、人との絆をすごく大切にする子なんだなって感じていて。それに突き動かされて自分も音楽にその大切さを込めているというか、音楽に対して熱い思いを持ってる子だなって思っています。

──堀内さんご自身と比較するとどうですか。

堀内:最初に、時音ひなたのプロフィールを見たときに、血液型とか好きな食べ物とか嫌いな食べ物とかが全く一緒で(笑)。だから親近感はあったんですけど、蹴落としていくパワーだったり圧倒的なカリスマ性、キラキラ感は私もひなたに負けないように磨いていかないとなって思っています。

──荒井さんが演じている白石まどかについてはいかがですか。

▲荒井瑠里(白石まどか役)

荒井:最初に原作を読んだとき、白石まどかちゃんはちょっとクールというか、冷たい印象を受けていたんです。ですけど、読み進めていくにつれて、今はこの8人の中で負けないくらい音楽とか人に対して熱くて真っすぐな気持ちを持っている子だなって思っています。クールっていうよりは、ボーイッシュでカッコイイ子なんだなって思うようになりました。あと、ちょっとふざけたりとか、主人公のあかねをいじったりする可愛らしい面もあるので、そういうところのギャップも魅力だなって思います。結構、バディのひなたが、謎多きキャラなんですよ。

堀内:そうだね(笑)。

荒井:でも、その思惑をちょっと察しているフシがあって。たぶん、まどかは根本的に頭が良いんだろうなって思うし、女性としてすごく憧れるキャラクターです。

──お互いのキャラクターがどんな性格なのかもちゃんと考えながらやっているんですね。

荒井:そうですね、やっぱり2人組ということもあるので、まどかもひなたに影響されていることもすごくあると思うし、逆も然りですし。相手の性格とかを知ることもすごく重要になってくるんじゃないかと思います。

──キャラクターの性格と同時に、堀内さん荒井さんそれぞれの性格も知らないといけないですよね。大変じゃないですか?

堀内::そうですね~。色々ね?(笑)。

荒井:色々知るべきことはあって大変ですけど(笑)。

堀内:実際にFIREVOLTとしての曲を2人でやってみると、やっぱりまどかと瑠里がリンクして見えるときがたくさんあって。一緒にやってみてやっと、私もひなたを掴めたというか。バディでやったことによってキャラクターをより掴めた感覚があったので、2人で組んでみてすごく楽しいなって思っています。

荒井:ああ~ありがとう!

堀内:(笑)。

──荒井さんとまどかは似ているところもあるんですか?

荒井:まどかはすごくカッコイイキャラクターなんですけど、私は普段、おちゃらけてることが多くて(笑)。

堀内:(食い気味に)うん、そうだね。すごく動きが早くて。

荒井:私は、リアクションが大きいところがすごくあるので。まどかとの共通点を探すことが役を演じる上ですごく大切なんじゃないかなって思ったので、最初はちょっと苦戦していたんです。でも、だんだんまどかを知っていくうちに、音楽への熱い思いとか、ひなたのことをすごく考えていることがわかってきて。たぶん、ひなたに対しても憧れの気持ちを持っているんだろうなって。それは私との共通点かなって思って、そこをなるべく、パフォーマンスをするときもレコーディングをするときも、強く意識してやるようにしています。

──荒井さんは、ライブレボルトのメンバーの中でも普段からリアクションが大きい?

堀内:私から見るとかなり大きいですね……

荒井:えっ? まり菜も相当だよ!?

──いや、こちら側からするとお2人ともリアクション大きめな気がしますけど(笑)。

堀内・荒井:あはははは!

──とても良いことだと思います!ところで、キャラクターを抜きにすると、素のお2人はどんな音楽が好きなんですか?

堀内:音楽は結構幅広く聴くんですけど、高校生の頃にGLAYさんの「疾走れ!ミライ」という曲のMVに出演させていただいたときに、どんどんハマってしまって聴いていました。「疾走れ!ミライ」のMVは、GLAYさんの学生時代をイメージして描かれたもので、私はヒロインとして出演させて頂いたんですが、バンドの背景を知ろうと思って、過去のアルバムから遡って聴いてみたんです。そのときに「口唇」という曲を聴いて、「なんだこの曲は!? ヤバい!」って、すごく刺さってしまって(笑)。そこからビジュアル系ロックも好きになって、X JAPANさんのライブにも何回か足を運ばせてもらいました。あとは、ミュージカルなどのびのびとした音楽も好きですね。そういう好きな音楽も、ライブで活かしていけたらなと思っています。

荒井:私は、もっぱらアニソンを聴いていますね。そもそも、アニメを観る数がかなり多いんじゃないかなって思っていて。

堀内:すごく、詳しいんですよ。

荒井:いやいやいや(笑)。アニメのタイアップ曲は、作品の内容とリンクしていることが多いので、聴いたときにすごくグッときて泣いてしまうことがよくあるんです。アニソンは、私のバイブルだなって思います。アニメが好きで声優になりたいって思ったので、アニソンばかり聴いています。自分が逆の立場で歌を歌えるっていうのは、本当に幸せですし、ありがたいです。

▲1stアルバム『REBIRTH』/(c) 2017-2018 LiveRevolt

──1stアルバム『REBIRTH』が11月21日にリリースされますが、1曲目の全体参加曲「革命の唄」はどんな思いを持って歌っている曲ですか?

堀内:アルバムの1曲目ということもあって、ライブレボルトの世界観を堪能してもらえる1曲だなと思っています。是非、その世界観に浸ってほしいですし、最後のサビ前にライブでお客さんに言ってもらえるコールがあるんです。最後の方の〈旗を掲げたあの日に〉っていう歌詞から〈運命を破れ〉っていう歌詞の間に、“イエッタイガー”ってコールを入れてくれる瞬間がありまして。ここは、「革命の唄」でしか生まれない瞬間なので、ライブで楽しんでもらえると思いますし、曲を聴くだけでも楽しめる曲だと思いますので、是非両方楽しんでほしいですね。

荒井:「革命の唄」は、ライブレボルトを語る上で避けて通れない曲です。歌詞が原作の内容にすごく踏み込んでいて、読み解いていくと「これはどういう意味だろう?」って思ってしまうような、ハッとする歌詞があるので、意識して聞いてみると楽しいと思います。あと、今話に出たように、ライブでコールがすごく揃ってるんですよ。こんな綺麗な“イエッタイガー”は本当にないなって(笑)。その瞬間のカタルシスというか、こっちも気分が「ワー!」ってアガる瞬間なので、私もライブでそういう楽しみ方をしています。それと、サビの8人集まった歌声がすごく好きです。そこもエモーショナルな気持ちになりながら、私も楽しんで聴いています(笑)。

──そもそも、ライブレボルトはライブを重要視したグループなんですよね。ライブではお客さんからの反応もかなり激しいんですか?

堀内:そうですね。今までの経験値では最高潮の熱量というか、本当に会場もアツいです。お客さんが一体となって楽しんでいるのがカッコイイなって思っていて。私たちもそれをどんどん楽しんでいってほしいってステージの上から思っているので、ライブレボルトでしか生まれないライブの楽しさをどんどん発信していきたいですね。

荒井:やっぱり、ライブで盛り上がれるのがライブレボルトの魅力だと思うのでそれをどんどん発信していきたいと思いますし、すごく盛り上がってくれればくれるほど、私たちも楽しいですし、「本当に楽しんでくれているんだな」っていうみなさんの顔を見るのが、嬉しいです。そういうときに、本当はカッコイイキメ顔をしないといけないのに、こっちまで笑いがこみ上げてきちゃって(笑)。

──気を抜くとついニタニタしちゃう?

荒井:そうなんですよ。私たちも嬉しいから笑顔になってしまうので気を付けているんですけど(笑)。こっちまでエネルギーをいただいていますし、体感しないとわからないライブの熱量があるので、是非いろんな方に体感してほしいです。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報