【インタビュー】ライブレボルト“最強ユニット”FIREVOLTが登場!アルバム『REBIRTH』にこめられた熱さと夢

ツイート

■ライブレボルトのような世界がいつ現実になってもおかしくない(荒井)
■ライブって、出る側も聴く側も「音楽になれる」「人間じゃなくて歌になれる」瞬間(堀内)


──アルバム収録曲のうち、FIREVOLTの曲が2曲ありますね。まず「2つの願い」について教えてください。

堀内:この曲はタイトル通り、ひなたとまどかそれぞれが持っている願いを誓い合っている曲になっています。決してFIREVOLTは仲良しこよしで組んでるわけではないんですけど、それぞれの立場での決意をしっかり持っているので、その2つが共鳴しあってて。

荒井:爽やかだけど、すごくアツくて熱量がある曲です。

堀内:すごく速い曲なんですけど、「革命の唄」とは違った爽やかさがある曲ですね。

荒井:でも、ひなたとまどかはアツい子たちなので、本来持っているパワーをストレートに出せる曲だなって思います。

──結構、ライブで体力を使いそうですね。

荒井:そうですね~、本当に。

堀内:体力作りを頑張っている真っ最中です。

──観る側も体力が要りそうですよね(笑)。

荒井:すごく面白いなと思ったのが、ファンの方の中には、ライブの翌日が平日だった場合、有給休暇を取らないとキツいっておっしゃってる方がいて(笑)。やっぱり、観に来てくださる方もすごく動くからつらいだろうなって(笑)。

堀内:ただ、ライブレボルトのライブには「静観エリア」というものがあって、会場によるんですが、例えば1階は盛り上がる方たちのエリアで、2階は初めて来た方や落ち着いて観たい方のエリアになっていて、皆さまに楽しんでもらえると思います。

──「時を超えて」はどんな曲ですか?

荒井:今までのFIREVOLTにはなかった、すごく爽やかなピアノロックです。最初に聴いたときに、「あ、この曲をFIREVOLTで歌うんだ!?」ってすごく衝撃がありましたね。あと、歌詞がとんでもなく意味深なんですよね(笑)。歌詞カードもしっかり見ながら聴いてもらえると、違った聴き方が出来ると思うので、是非歌詞に注目していただければと思います。

堀内:「2つの願い」は、各々の願いを全力で突っ走って全力で届けている曲なんですけど、「時を超えて」はわりと落ち着いているというか、FIREVOLTの鼓動感というか、日々FIREVOLTが何を思って過ごしているのかとか、より内面が綴られている歌詞だと思うので、FIREVOLTの世界観に誘えたらなと思います。

荒井:私たちも、「FIREVOLTらしさ」っていうのを、パフォーマンスのときにもレコーディングのときにも意識してやっていきたいなと思っているので、2人で「FIREVOLT感をどうやって出そう?」っていう話もよくします。



──アルバムの最後に全体参加曲「My best buddy」「QUAD DRIVE!」が続きますね。

荒井:「My best buddy」が一番”バディ”というものにフォーカスした曲です。私自身、ライブレボルトのコンセプトとして、2人組のユニットが4組あるということが、特色だなって思っているので、そのライブレボルトらしさがすごく出た曲だと思います。歌詞に、ところどころキャラの名前やメンバーカラーが隠れていたり、1人1人の個性のある歌声が強調されていて、その歌声が魅力的に聴こえる曲ですね。

堀内:お互いのバディのことを描いている曲なので、ライブレボルトでしかできない曲だなって思います。これは、原作を読んでくださった方は是非試していただきたいんですけど、ひなたとしては、今はまどかとバディを組んでいるけれど、本当は過去に組んでいたバディがいる設定なんです。なので、ひなた目線でこの曲を聴いてもらうと、またちょっと違う聴き方ができるというか。まどかに対してもそうだし、その先に元バディに対しての想いも感じ取れるんじゃないかなって思うので、両方楽しんでみて欲しいです。

荒井:しかも、それはまどかもそうなんですよね。今はひなたとバディを組んでいるんですけど、もともと主人公の藤原あかねちゃんと、「dubstar」というユニットを組んでいたので。すごくいろんな側面からの聴き方ができる曲だと思います。

──「QUAD DRIVE!」はどういう曲でしょうか。

堀内:「My best buddy」はバディの2人目線だったんですけど、それぞれ4つのユニットがあるので、「QUAD DRIVE!」はこのユニットが揃って動き出すエンジン感、躍動感がすごくある曲だと思っていて。曲の始まりに一瞬さざ波の音があるんですよ。ライブレボルトの漫画のシーンで、海をバックにまどかとあかねが良い感じの場面があったり、海と関連したシーンがあるんです。「QUAD DRIVE!」を聴くときは、海のさざ波を感じながら、友情について思ってもらえたら、より臨場感があると思います。あと「革命の唄」では〈宿命〉という言葉がカッコよく決まってるんですけど、「QUAD DRIVE!」では〈昨日の宿命〉って滑らかに言っている歌詞があって。こういう表現もこの曲にしか出せない雰囲気だと思います。「戦闘モードじゃないときに聴く宿命」というか。そういう感じを楽しんでもらえたらなと思います。

荒井:他の曲は重厚感がある歌詞とかメロディが多いんですけど、「QUAD DRIVE!」はかなり爽やかな曲になっていて、歌詞の内容も明るくて爽やかで。聴いていてすごく勇気をもらえるような曲になっていると思っています。それと、私たち抜きの6人バージョンのライブで披露されたことはあるんですけど、私たちはまだ参加したことがないので、ライブで歌うのがすごく楽しみです。

──12月にはツアー<3rd TOUR LIVE「LiveRevolt REBIRTH」>が控えていますね。このツアーの見どころを教えてください。

荒井:ツアー自体が、ライブレボルトで初めてになるので、またここから始まるという熱量を持って臨みますので、そこに注目していただけたらと思います。それと、キャラやユニットに対しての思い入れ、他のキャラに対してのいろんな感情を持ちながら表現しているので、そのバックボーンとかを想像しながらライブを観てもらえたら嬉しいなって。そこが見どころだと思います。

堀内:ライブレボルトは全員で1つのライブをするのではなくて、バディ同士で戦ったりするのも見どころなので、私たちFIREVOLTのパフォーマンスでもみなさんに楽しんでもらえるように頑張りたいです。年末12月のライブなので、ライブレボルトとして成長した姿をみなさんにお届けできればなと思います。

──『ライブレボルト』の原作では「インターネットの発達で人々が娯楽を簡単に享受できるようになって、よりライブが価値あるものになった」という設定がありますよね。そこは現実社会にもリンクしていると思うのですが、生まれながらにインターネットが当たり前にある中で育ってきた世代のお2人にとって、音楽ライブの魅力ってどんなところにあると思いますか?

荒井:私は、観る側の立場になって言うと、ライブは一番頑張るパワーをもらえるものだと思っています。私自身、ライブで励ましてもらったり元気をもらったりしていて、それがライブの魅力だと思っているので、ライブレボルトのライブに来てくれた方にもそういうエネルギーをお届けできればなって思っています。『ライブレボルト』のような世界がいつ現実になってもおかしくないと思うので、みなさんにも生のライブの良さを感じてもらいたいです。

堀内:私も結構ライブには行っていて。ライブって、出る側も聴く側も「音楽になれる」というか、「人間じゃなくて歌になれる」みたいな瞬間なんだなって思います。歌詞とかも、ただ聴くだけの受けの姿勢じゃなくて、ライブだと刺さるというか、生きてる意味を感じる瞬間だと思います。ライブは繋がることができると思うし、その空間しか生まれないものがあるので。ライブは「生きる意味を感じる場所」ですね。

──最後に、今後FIREVOLTとしての目標はありますか?

荒井:FIREVOLTは“最強ユニット”っていうのが大事なポイントで最大の個性だと思うので、まどかっていうキャラクターと一緒に私自身も成長していけたらなと思っていて。まどかも作中でひなたっていうトップディーヴァと組んでどんどん成長していくんだろうなって思わせてくれるキャラクターなので、負けないようについて行かなきゃなって思っています。私自身の、そしてまどか自身の成長した姿で、また藤原あかねちゃんと歌える日を夢見て邁進していくだけだなって思います。

堀内:ライブレボルトとしても頑張るし、FIREVOLTとしてもどんどんライブができるようになって行きたいと思っていて。原作のシーンで、ひなたがまどかをスカウトする場所が新横浜を舞台にして描かれているんですけど、原作に出てくるこの講堂でライブをやりたいです。

荒井:ああ~やりたいね!



堀内:あとは、まどかがギターが得意なので、ギターを弾いてもらったり(笑)。

荒井:全然弾けないよー(笑)。でもまり菜はギターが弾けるんだよね?

堀内:まあ、趣味でね。

荒井:だから、教えてもらいたいなっていうのがひそかな野望です。

堀内:いつか2人でギターも一緒にできたら良いよね。

──これからいろんなことが起こりそうですね。今後の活動を楽しみにしてます。今日はありがとうございました!

堀内・荒井:ありがとうございました!

取材・文◎岡本貴之


▲1stアルバム『REBIRTH』/(c) 2017-2018 LiveRevolt

LiveRevolt 1st Album『REBIRTH』

2018年11月21日発売
価格:3,000 円+税
発売元:株式会社ストレイキャッツ
販売元:エイベックス・ピクチャーズ株式会社

■『ライブレボルト』企画楽曲クリエイター情報
8 人楽曲:畑亜貴(作詞)、山田高弘(作曲)、河田貴央(編曲)
「dubstar」:岸田教団&THE 明星ロケッツ
「RumBlue」:Alstroemeria Records(Masayoshi Minoshima)
「リサイタルズ」:IOSYS
「FIREVOLT」:Arte Refact



■ライブレボルト<3rd TOUR LIVE「LiveRevolt REBIRTH」>

2018年12月2日(日)東京・TSUTAYA O-WEST
17:30 open/18:00 start
2018年12月23日(日・祝)大阪・ESAKA MUSE
16:30 open/17:00 start
2018年12月24日(月・振休)名古屋・Electric LadyLand
16:30 open/17:00 start

【受付ページ URL】
チケットぴあ http://w.pia.jp/t/liverevolt-tour/
イープラス http://eplus.jp/liverevolt/
ローソンチケット http://l-tike.com/liverevolt (L コード 東京: 74591 大阪:53291 名古屋: 45102)
※受付詳細に関しては各受付ページにてご確認下さい。

■声優ライブアーティスト企画『ライブレボルト』概要

活動開始:2017年5月
メンバー構成:「dubstar」「RumBlue」「リサイタルズ」「FIREVOLT」の各 2 名4ユニット
キャスト:藤原あかね(CV:田口華有) / 野田ここみ(CV:秋場悠里) / 瀬戸マリン(CV:道井悠) / 紫咲クリス(CV:あおきまお) / 宮代りな(CV:五味茉莉伽) / 平井かな(CV:池羽悠) / 時音ひなた(CV:堀内まり菜)/ 白石まどか(CV:荒井瑠里)

あらすじ:時は近未来――。デバイスやインターネットの発達により、人々は娯楽を簡単に享受できるよう になっていた。ゲーム・アニメ・音楽等、そのいずれもが、即座に、かつ簡単に手に入った。 しかし――「ライブ」は違った。生身の人間が表現する音楽は何物にも代えがたく、データでは表現でき ない価値があった。 これは、そんなライブに命をかけた、女の子たちの物語――。

『ライブレボルト』公式ホームページ:
https://liverevolt.jp/

BookLive!「NINO(ニノ)」連載 URL:
https://booklive.jp/feature/index/id/nino

■『ライブレボルト』単行本情報
原作:瀬島ハルキ/作画:咲良ゆき
発行:株式会社 BookLive
発売:フレックスコミックス株式会社
https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4866750200/

◆BookLive - 『ライブレボルト』連載ページ
◆ライブレボルト オフィシャルサイト

◆ライブレボルト 画像
◆インタビュー(1)に戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報