ドリーム・シアターのJ・ルーデス、来月、ソロ・ピアノ・ツアーを日本から開幕

twitterツイート

ドリーム・シアターのキーボード・プレイヤー、ジョーダン・ルーデスが、この秋、ソロ・ピアノ・ツアー<From Bach To Rock>を開催する。

◆ジョーダン・ルーデス画像、動画

ツアーは11月12日、日本で開幕。東京、大阪でプレイした後、台湾、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、アルゼンチン、チリ、ブラジルを周る。

ルーデスは、「僕のことをプログレッシヴ・ロックのキーボーディストとしてのみ認識しているファンも多いが、僕にとって全ての始まりはピアノだった。ピアノに向かうと、いつだって、これが自分の音楽的才能を表現するのに最も自然な方法だって気がしていた」と、コメントしている。

日本で初となる彼のピアノ・ソロ・リサイタルは、11月12日に東京オペラシティ リサイタルホール、14日ムラマツ リサイタルホール新大阪で開催される。

クラシックにはじまり、ピアノ演奏のためにリアレンジしたドリーム・シアターの曲もプレイするそうだ。

ルーデスは9歳のときに名門ジュリアード音楽院の予備校に入学。そのまま音楽院に進学し、クラシック・ピアノの一流の教育を受けてきた。



Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報