【ライブレポート】Rayflower、全国ツアー初日から見せつけた圧倒的完成度の正体とは?

twitterツイート
PR

Rayflower が10月4日から来年1月5日にかけて全21都市を廻る<TOUR 2018 〜Endless Journey〜>をスタートさせた。今回のツアーは注目点が多く、まずは音源リリースに伴うツアーではないということがポイントと言える。こういう公演の場合は、最新作の楽曲や世界観などをフィーチャーするパターンとは異なり、より自由度の高いセットリストを組むことができる。つまり現在のバンドのモードや提示したいライブ感などがダイレクトに反映されたライブになるというわけだ。

幅広い表情を持つRayflowerだけに、どんな空気感のライブになるのだろうと思っていたが、ツアー初日を飾ったHEAVEN’S ROCK さいたま新都心公演は今まで以上に躍動感や力強さ、煌びやかさなどが増して、爽快感に溢れたライブになっていた。前回のTOUR<Brilliant Place>ではライブ中盤にじっくり聴かせる曲を並べたセクションがあったが、今回はなし。パワフル&キャッチーなナンバーを相次いで聴かせる構成の“駆り立て力”は絶大で、オーディエンスはライブを通して熱い盛りあがりを見せていた。


取材・文:村上孝之
撮影:松崎浩之、登坂未来

<Rayflower TOUR 2018 〜Endless Journey〜>

2018年11月14日(水) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
2018年12月16日(日) 高崎 club FLEEZ
2018年12月27日(木) EX THEATER ROPPONGI

◆新横浜NEW SIDE BEACH!!公演情報ページ
◆高崎 club FLEEZ公演情報ページ
◆EX THEATER ROPPONGI公演情報ページ
◆<Rayflower TOUR 2018 〜Endless Journey〜>情報ページ

ミニアルバム『ENDLESS JOURNEY』

発売日:2018年12月12日(水)

DiGa:Online
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報