ショーン・ポール、新作でSPICY CHOCOLATEがリミックス

ツイート

レゲエ・ミュージックの老舗:アイランド・レコーズへ電撃移籍を果たしたショーン・ポールが、10月24日にミニ・アルバムCD『マッド・ラヴ:プリクエル』をリリースする。海外及びデジタル配信では6月にリリースされていた作品だが、この日本盤CDには日本のファンだけのスペシャルなプレゼントとして、ボーナス・トラック「ジャンプ・オン・イット(SPICY CHOCOLATEリミックス)」が収録されている。

◆ショーン・ポール画像

leccaやMs.OOJAとコラボレーションした楽曲をリリースするなど、日本通を自認するショーン・ポールだが、「何かスペシャルなモノを日本のファンのために提供したい」というのはショーン側からの発案だったという。そこで日本側スタッフはSPICY CHOCOLATEに白羽の矢を立てた。SPICY CHOCOLATEは、スライ&ロビーと共同制作したアルバム『THE REGGAE POWER』が第57回グラミー賞で最優秀レゲエ・アルバム賞にノミネートされた実績があり、ショーンはスライ&ロビーとも交流がある。即座に企画は快諾され、今回のリミックスが完成したというわけだ。


「今回、ショーン・ポール「ジャンプ・オン・イット」のリミックスをお手伝いさせて頂きました。SPICY CHOCOLATEのスパイシーな部分と、チョコレートの甘い部分の両方をふんだんに入れた、低音ブリブリなリミックスになってますので、そのあたりも聞いてみてください!是非チェックしてみてください!」──SPICY CHOCOLATE


▲SPICY CHOCOLATE

「ジャンプ・オン・イット(SPICY CHOCOLATEリミックス)」は、SPICY CHOCOLATEにとっても初めての洋楽アーティスト楽曲のリミックス作品となった。オリー・マーズ「キス・ミー」やデュア・リパ「キス・アンド・メイク・アップ」などポップ系の楽曲も数多く手がけるバンクス&ランクスがプロデュースしたオリジナル・ヴァージョンをさらに発展させ、レゲエ・フレイヴァーとメロウなポップさ、そこに重低音のビートが絶妙にミックスされた、これぞ“メイド・イン・ジャパン“というリミックスに仕上がっている。ショーン・ポールもかなりのお気に入りだとか。

なお『マッド・ラヴ:プリクエル』日本盤には、この「ジャンプ・オン・イット(SPICY CHOCOLATEリミックス)」のほか、デジタル配信でしか聴けなかったチート・コーズによる「マッド・ラヴ」のリミックスなど計5曲のボーナス・トラックが収録されている。


ショーン・ポール『マッド・ラヴ:プリクエル』

2018年10月24日発売
UICI-1150 2,160円(税込)
1.ネイキッド・トゥルース feat.ジェネイ・アイコ
2.バッド・ラヴ feat.エリー・ゴールディング
3.マッド・ラヴ feat.ベッキー・G / ショーン・ポール+デヴィッド・ゲッタ
4.ジャンプ・オン・イット
5.ティップ・ポン・イット / ショーン・ポール+メジャー・レイザー
6.ジェット・プレイン・トリップ feat.ステフロン・ドン
7.ボディ feat.ミーゴス
8.テック・ウェ・ユ・ハート feat.トーリー・レインズ
9.ノー・ライ feat.デュア・リパ
10.ノー・ライ feat.デュア・リパ(サム・フェルド・リミックス)
11.ノー・ライ feat.デュア・リパ(デリリアス&アレックス・K・リミックス)
12.マッド・ラヴ feat.ベッキー・G / ショーン・ポール+デヴィッド・ゲッタ(チート・コーズ・リミックス)
13.マッド・ラヴ feat.ベッキー・G / ショーン・ポール+デヴィッド・ゲッタ(ヴァレンティノ・カーン・リミックス)
14.ジャンプ・オン・イット(SPICY CHOCOLATEリミックス)* Bonus Tracks For Japan(日本限定ボーナストラック)

◆ショーン・ポール・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス