生熊耕治、12月にアコースティックワンマン開催。東京では写真展も

ツイート

生熊耕治が、12月に大阪と東京でアコースティックワンマンライブを開催する。

◆生熊耕治 ライブ画像

これは10月14日にスタートした対バンツアー<生熊耕治LIVE HOUSE TOUR 2018『VORTEX』>大阪公演にて発表されたもの。

ワンマンライブは12月21日大阪・soap opera classics-umeda-、12月28日東京・学芸大学APIA40で行なわれ、ピアノにTETSUを迎え1stフルアルバム『12-Twelve-』を中心としたセットリストが披露される予定だ。

また、東京公演では、『12-Twelve-』のアートワークを撮影したカメラマン・生熊友博が2018年の生熊耕治の活動を追った写真展も同時開催される。

ワンマンライブ情報

<生熊耕治 Acoustic LIVE 2018『No.12』>
2018年12月21日(金)大阪・soap opera classics-umeda-
開場18:30 開演19:00
前売り 一般¥4,000/学生¥2,000
https://tiget.net/events/38091

<生熊耕治×生熊友博LIVE&Photo Exhibition『CODE-TWELVE-』>
2018年12月28日(金)東京・学芸大学APIA40
開場18:30 開演19:00
前売り 一般¥4,000 / 学生¥2,000
https://tiget.net/events/38092

チケット発売日:11月4日(金)10:00
support musician:TETSU(Piano)

その他ライブ情報

<生熊耕治 B-DAY LIVE『44』>
2018年10月16日(火)東京・高田馬場 LiveCafe mono

<生熊耕治LIVE HOUSE TOUR 2018『VORTEX』>
※終了公演は割愛
2018年
10月27日(土)愛知・R.A.D
共演:森翼、Initial'L、Yeti

11月4日(日)東京・TSUTAYA O-Crest
出演:Yeti、Flutter Echo、since i RE:MADE

[生熊耕治サポートメンバー]
Bass:亜季(Sadie / AXESSORY / ナナ) Drums:赤松芳朋(SOPHIA / HATAKAE BAND / S.R.O.D)

<生熊耕治 弾き語り公演『Monologue』名古屋公演>振替公演
11月18日(木)愛知・ROLLING MAN

この記事をツイート

この記事の関連情報