『Mステ』新サブMCに並木万里菜アナ

twitterツイート

テレビ朝日系『ミュージックステーション』の新サブMCに並木万里菜アナウンサーが決定した。本日10月19日(金)放送の2時間スペシャルで初登場する。

◆お披露目会見 画像

この10月で1986年の放送開始から33年目に突入し、放送回数もまもなく1300回を迎える『Mステ』。18日(木)に行なわれた会見には、これまでMCのタモリとともに進行役を務めてきたテレビ朝日の下平さやかアナウンサー、武内絵美アナウンサー、堂真理子アナウンサー、竹内由恵アナウンサー、弘中綾香アナウンサーも出席し、9月に番組を卒業したばかりの弘中アナウンサーの後任となる“新サブMC”を迎えた。


番組テーマ曲「#1090 ~Million Dreams~」に乗せておなじみの階段から登場し、緊張の面持ちで自己紹介した並木アナウンサーは、サブMCに決まったときの感想について問われると「頭の中が真っ白になって、心臓が2~3秒止まった気がしました」とコメント。報道陣の笑いを誘いながら、「自分にできることを精一杯やって、謙虚にまっすぐに、“生の音楽の楽しさ”をお伝えできれば」と意気込みを語った。

サブMCデビューを翌日に控える彼女に向けて、先輩たちからは様々なアドバイスも。下平アナウンサーは「フリーランスで活躍する先輩から受け継いでいるという誇りをもって」、武内アナウンサーは「特徴的な声を活かしたアナウンスを」、堂アナウンサーは「まずは全身で音楽を楽しんで」、竹内アナウンサーは「担当になって嬉しいというキラキラした気持ちを忘れずに」、そして前任の弘中アナウンサーは「心が折れそうになったときは開き直って、“私しかこの椅子には座れない!”と自分に言い聞かせて」と力強い助言を贈った。

並木アナウンサーからは最後に、「タモリさんから“向上心はいらない、反省もしなくていい”という深い言葉をいただきました。その言葉の意味が今はまだわからないのですが、これから経験を重ねていく中で、ちょっとでもその意味を汲み取ることができるように頑張っていきたいと思います」と今後への思いが語られた。

『ミュージックステーション』2時間スペシャルは、本日20時より放送される。


『ミュージックステーション』2時間スペシャル

放送日:2018年10月19日(金)20:00~21:48
テレビ朝日系24局ネット
MC:タモリ/並木万里菜(テレビ朝日アナウンサー)

[出演予定アーティスト]*50音順 (「」内は演奏予定楽曲)
嵐「君のうた」
E-girls「Perfect World」
King & Prince「Memorial」
ジェジュン「Defiance」
Superfly「Gifts」
HYDE「FAKE DIVINE」
BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」
MONKEY MAJIK × サンドウィッチマン「ウマーベラス」

『ミュージックステーション』

毎週金曜 20:00~20:54
テレビ朝日系24局ネット

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報