【インタビュー】Official髭男dism、激変する環境にもまれながら自分たちらしい音を追い求めて作り上げた『Stand By You EP』

ツイート

■「Stand By You」は一番興味のある新しい音とミックスできた
■ヒゲダンにとってとても進歩だなと思っています


――次は「Stand By You」に行きますか。

楢崎:あの、ちょっと言いたいことがあって。

――はいはい。何でしょう。

楢崎:スルーしていただいてけっこうなんですけど。僕、「FIRE GROUND」の解説で、押し相撲の話しかしてないんですけど(笑)。

――あれっ。そうだっけ(笑)。

松浦:大輔が、ベースがかっこいいって言ったから。それでいいじゃない(笑)。

楢崎:そのほうが面白いかな。じゃあそれで(笑)。


▲「Stand By You EP」初回限定盤


▲「Stand By You EP」通常盤

――えー、「Stand By You」行きます(笑)。これはつい数日前にもらった音源に“Rough”と書いてあったので。かなりぎりぎりの作業だったのではないかと。

藤原:おっしゃる通り、ぎりぎりでした(笑)。2日前にマスタリングがやっと終わりました。本当は、6月に出す予定だったんですよ。

――え、そうなの?

藤原:「ノーダウト」のあとにすぐ出そう、という話をしていたんですけど、いろいろありまして。

楢崎:レコーディングもして、歌も乗った状態から、発売延期になって。だったらアレンジをもっとこうしたほうがいいんじゃないか?とか、歌詞をこうしたらいいんじゃないか?とか、紆余曲折があって。もともと、こんなにコーラスワークが充実した曲じゃなかったんですよ。

藤原:コーラスよりも、シンセサイザーのほうが目立っていた感じ。

楢崎:最後のフレーズもシンセだったもんね。それを全部コーラスに変えて。

藤原:ピアノのリフレインがあることも、僕としてはうれしいことで、デビュー作はピアノのフレーズから始めているし、それをもう一回やれたことと、自分たちが今一番興味のある新しい音とミックスすることができたのが、ヒゲダンにとってとても進歩だなと思っています。音作りの面と、歌詞のメッセージ的な面を考えると、この曲をリード曲にするのが一番いいなと思えたので、そういう曲ができたことがすごくうれしいですね。

――ラブソング、なのかな。でも夢に向かって進んでゆく、同じ思いを共有する仲間に向けてとか、そういうイメージもあるし。

藤原:そうですね。6月に発売されていたかもしれない時のバージョンから、歌詞を変えているんですよ。それは夏フェス等々、大きなイベントやいろんなライブに出させてもらって、たくさんの人がライブを観てくれて、たくさんの歓声とかいろんなものを吸収した結果、歌詞を書き直したくなったので。



――リスナーに呼びかけてる感がすごくある。プレイヤーとしては?

楢崎:ベースはスラップのような指弾きのような、中間の奏法をやっています。トリリアンっていうベースのソフトを使って(藤原が)デモを作ってきてくれて、その質感が気に入ってたんですよ。だから下と上を行き来しながら、低音は指弾きで、高音はプル(弦を引っ張る)を使うという変なことをやりました。新しい奏法にチャレンジしています。これもライブで再現しようと思ったら、いっぱい練習しなきゃいけないと思うんですけど。

藤原:これは大変だよね。

楢崎:でも、できたらすごく楽しいので。頑張ります。

――このグルーヴは絶妙でしょう。懐かしさと新しさの分量がちょうどいい。

藤原:それはベースのおかげですよ。指弾きのビッ!ていう音って、僕の中では山下達郎さんっぽいなと思っていて、ベースの伊藤広規さんもそういう音だから。僕のデモはけっこうギラギラのスラップだったけど、楢ちゃんのプレーが、達郎さんっぽいエッセンスをいい感じで出してくれているなと思います。それとアナログシンセの音と、ドラムの音を一回録ってサンプラーで出した音との整合性が取れていて、すごく気持ちいいんです。

――いろいろ凝ってます。ギターは?

小笹:EDMで言うところの、ドロップのシンセの役割を担っているというか、ギターにオートワウをかけて弾いています。ヒゲダンは1年ぐらいかけて、ループミュージック的な音楽を作ってきていて、今まではグリッドに正確に合わせた機械的なグルーヴをやってきたんですけど、今回はサンプラーの音を人間のグルーヴで弾き直すということをやっています。今まで作ってきたヒゲダンの楽曲の中で、一番グルーヴしてる楽曲になったと思っています。

――おお。なるほど。

小笹:バックのトラックもすごくいいものができていたし、ドロップのフレーズもすごくかっこよくて、弾いていてハマっていく感触がすごく気持ち良かったです。好きですね、これは。

――プレイヤー専門誌のインタビューみたいになってきた(笑)。でもほんと、好きな人はめっちゃ食いついてくると思う。「この音どうやってるの?」「どうやって弾いてるの?」とか。

小笹:ずっとオートワウで弾いているんですけど、Cメロのところではペダルのワウを使っていて、人力ならではの味が出せてると思います。言わないと気づかないと思うんで、ここで言っておこうと思います(笑)。レイドバック気味にペダルを踏んでるのが、すごくハマっている。

松浦:ドラムはサンプリングした音が多いんですけど、この曲で個人的に印象が強かったのはコーラスですね。僕らはコーラスが強みだと言ってきたのに、最近そこがおろそかになってた気がして。

藤原:確かに、CDでコーラスをがっつり入れることはやってなかった。ライブではやっていたけど。

松浦:4曲目に「Stand By You」のアコースティック・バージョンを入れているんですけど、レコーディングに向けて、一番コーラスを練習した曲なんですよ。このタイミングでそういうことができてよかったなと思います。三人のハーモニーがほかの曲でも生かせるし、ライブでももっと良くなっていくと思うので。

楢崎:コーラスはかなりこだわりましたね。天井の高い部屋で、上からのマイクでも録って。三声を録る時は、三つのパートを四人でやってるので、それだけで12人ぶん。うしろのコーラスをゴスペル風に作り上げることによって、主メロディも目立つし、ハーモニーもきれいに聴こえるので。

藤原:あれは面白い取り組みだった。こういうふうになるんだ!って。

――いやあ、本当に濃い3曲。今回のシングルで、ヒゲダンの新しいサウンドが生まれたんじゃないですか。未来が見えるような。

藤原:発見がたくさんありましたね。いろんなことを試せたし、これからの音楽人生において、とても前向きな素晴らしいことをやらせてもらったなと思います。でもこうやって話をしてみると、あらためてこのEPはグッド・ミュージックの粒揃いですね。この形でリリースできることがとてもうれしいです。

取材・文●宮本英夫

Official髭男dismは、カラオケの第一興商が強力プッシュする11月度D-PUSH!アーティストに決定しており、「Stand By You」は楽曲配信されており歌唱が可能だ。また「Stand By You」のミュージックビデオは、カラオケ背景映像に今だけクリップ(期間限定映像)として順次配信。さらに、カラオケ演奏の合間に放映される音楽情報コンテンツ「DAM CHANNEL」内のD-PUSH!コーナーにゲスト出演し、パーソナリティとのトークを楽しませてくれる。DAM express(目次本)D-PUSH!ページでは、ここでしか読むことのできないインタビュー記事とともにアーティスト写真、ジャケット写真が掲載される。そしてリリース情報、インタビュー記事が同社が運営するwebサイト「DAM CHANNEL」(http://www.clubdam.com)でも掲載される。カラオケ店やWEBで、Official髭男dismとの出会いを楽しんでほしい。

リリース情報

「Stand By You EP」
発売日:2018 年10 月17 日
初回限定盤(CD+DVD) PCCA.04716 \2,200+税
通常盤(CD Only) PCCA.04717 \1,200+税
●収録曲:
M1. Stand By You
M2.FIRE GROUND ※TV アニメ「火ノ丸相撲」OP テーマ
M3. バッドフォーミー
※テレビ大阪・BS ジャパン深夜ドラマJ「グッドバイ」主題歌
M4.Stand By You(Acoustic Ver.)
■DVD 収録内容:
「Official髭男dism one-man tour 2018 LIVE DVD」
 - selected from 2018.07.05 中野サンプラザホール -
01.ノーダウト
02.Second LINE
03.Tell Me Baby
04.Driver
05.相思相愛
06.たかがアイラブユー
07.115 万キロのフィルム
08.犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!
09.ESCAPADE
10.発明家

ライブ・イベント情報

<Official髭男dism one-man tour 18/19>
【2018年】
11月07日(水)[神奈川]横浜Bay Hall
11月09日(金) [北海道]札幌cube garden
11月10日(土)[北海道]札幌cube garden
11月17日(土)[香川]高松DIME
11月18日(日)[愛媛]松山サロンキティ
11月22日(木)[島根]松江AZTiC canova
11月24日(土)[鳥取]米子AZTiC laughs
11月25日(日)[広島]広島CLUB QUATTRO
11月28日(水)[埼玉]HEAVEN'S ROCK さいたま新都心
12月01日(土)[宮城]チームスマイル・仙台PIT (●)
12月02日(日)[福島]郡山CLUB #9
12月09日(日)[茨城]水戸ライトハウス
12月15日(土)[新潟]新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
12月16日(日)[長野]長野CLUB JUNK BOX
【2019年】
01月11日(金)[大阪]NHK大阪ホール (●)
01月12日(土)[鳥取]米子市文化ホール (●)
01月16日(水)[愛知]日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
01月18日(金)[静岡]Live House 浜松 窓枠
01月19日(土)[愛知]日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール (●)
01月24日(木)[東京]NHKホール (●)
01月26日(土)[福岡]福岡DRUM LOGOS
01月27日(日)[鹿児島]鹿児島SR HALL
01月31日(木)[大阪]NHK大阪ホール (●)
02月02日(土)[島根]島根県民会館 大ホール (●)
(●):指定席公演

◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報