【インタビュー】BACK-ON、イベント<Bring the Noise Vol.1>は自分たちの新しい扉を開くことになる

ツイート

■イベント<Bring the Noise Vol.1>は新しい扉を開くことになる
■この2人になったからこそ、もっと外へ出ていこうと思ってます


――今回、スタートする主催イベント『Bring the Noise』はそういった道の第一歩にもなりそうですね。

KENJI03:そうですね。このイベントを立ち上げようと思ったのは、まず新しく2人で歩き出したというのもあるし、受け身の体勢だけじゃダメじゃないですか。もっと自分たちから発信して、攻めるべき。そこで僕らがもともとしたかったこと、影響を受けたことを考えたとき、ロックとヒップホップだなと思ったんですよね。で、3マンにして、ロックバンドとラッパーを呼んで、僕らがハブとして繋げる。意外とそういったイベントってないのもあるし。

――たしかに、主催バンドがそういった意識を持つことはありますが、そこをコンセプチュアルに打ち出すのはかなり少ないと思います。そんなイベントの第1回にはロックバンド枠としてFAITH、ラッパー枠としてあっこゴリラを招きました。

KENJI03:実は、どちらも面識はなくて(笑)。ずっと応援してくれる人だと「こういうバンドを呼ぶだろうな」と想像するだろうけど、そこじゃなくて「えっ!?」ってなるメンツにもしたかったんです。集客とか人気とかも関係なく、純粋にカッコいいと思うバンドと人に声をかけましたね。


▲FATIH

――どちらも注目を集めている存在ですが、まずFATIHはどんなところがピンときたんでしょうか?

KENJI03:最初はApple Musicでピックアップされてるのをたまたま聴いたんですけど、想像と違ったというか。語弊があるかもしれないですけど、注目される若手バンドってトレンドや流行りの要素を取り入れてることが多いじゃないですか。FAITHもそんな感じかと思ってたんですけど、ド直球に美エモだし、アヴリル・ラヴィーンやアシュリー・シンプソンとか、ああいう僕らが青春時代にきいてたようなグッとくるニュアンスもあって。

TEEDA:僕はKENJI03から聞いて初めて知ったんですけど、爽やかでめちゃくちゃいいし、メロディーやアレンジからどこか懐かしい感じもして。僕らともルーツが繋がるんだろうなと思いましたね。


▲あっこゴリラ

――あっこゴリラに関してはいかがですか?

TEEDA:これ、ずっと言ってたんです。曲を作ってる段階から「フィーチャリングしてくれないかな?」と話してたりもして、(あっこゴリラの)曲もよく聴いてたし。

KENJI03:リリックはめっちゃ面白いし、ゆるいっていうよりは攻撃的な感じがあるじゃないですか。しかも、オフィシャルサイトを見たら、もともとはバンドマンでドラマーだったというのも知って、「僕ら、ドラムがいないし、叩いてもらっても面白い」とか欲しがりすぎてましたね(笑)。今回、誘ったところ、快く出演してくれることになりました。

――まさに三つ巴のカオスな戦いが起こりそうです。

KENJI03:やっぱり、そういう面白さがないとイベントをやる意味もないだろうし。予定調和な空気感ってつまらないですよね。僕、すっごいプロレスが好きなんですけど、プロレスはそこが面白いし。だから、そういう魅せ方ができたらなと。

TEEDA:それぞれを目当てにしたお客さんが来ると思うんですけど、BACK-ONがあっこゴリラを誘ったということは、何か共通する部分があるからだし。FAITHともルーツで何かしら重なるところがある。最終的は全部が繋がるんじゃないかなっていう。


――このイベントはBACK-ONの活動の中で大事なモノとして継続させつつ、今後の展望としては他に何かありますか?

KENJI03:曲は常に作り続けてるんで、出すタイミングを考えてます。やっぱり、近いうちにアルバムも出したいですからね。

TEEDA:どういう形で届けるのか、ツアーをどう廻るのか。海外での展開もあるでしょうし、いろいろ混ぜて、バラ撒いていけたらいいなと思ってます。

KENJI03:あと、フィーチャリングもやったことがない人とやってみたい気持ちがあるし、誰かにプロデューサーとして制作に入ってもらっても面白いのかなと。

――2人で純度の高い尖ったモノを作り続けていくのかと思ってましたが、そういうアイデアもアリなんですか?

KENJI03:そうですね。今、自分たちのパーソナリティを曲に100%注ぎ込めてるからこそ、そういった試みもやってみたくて。へんなプライドやエゴはなくなってるし、シンプルにクリエイティブな発想を重視したいんです。

TEEDA:どういう形になっても嫌だなと思うことはなくて、(曲が)それ以上になればいいだけですから。

KENJI03:繰り返しになりますけど、フェスに出ていきたいことに加え、ライヴ自体の本数も増やしたいし、もっとツアーもやりたい。そういう目標はたくさんあります。

――ライヴが増えれば増えるほど、いろんな出会いもありそうですね。

KENJI03:だと思います。僕ら、今まで横の繋がりってあんまりなかったんですよ。そういった意味では、今度のイベントも自分たちの新しい扉を開くことになるんじゃないかと。まあ、今までバンド界の引きこもりでしたからね(笑)。その分、この2人になったからこそ、もっと外へ出ていこうと思ってます。

取材・文●ヤコウリュウジ

ライブ・イベント情報

BACK-ON Bring the Noise Vol.1
【Guest Act】
あっこゴリラ / FAITH
2018年11月11日(日) 渋谷WWW
open 17:30 / start 18:00
立見¥3,800 (税込・入場時別途ドリンク代)
※6歳以上有料
(問)H.I.P. 03-3475-9999 / www.hipjpn.co.jp
【チケット発売詳細】
プレイガイド一般発売日 10月12日(金)10:00
イープラス http://eplus.jp/
ローソンチケット http://l-tike.com/
0570-084-003 Lコード:72470
チケットぴあ http://t.pia.jp/
0570-02-9999 Pコード:125-637

◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報