スウェディッシュ・ハウス・マフィア、活動再開。来年5月に6年ぶりの公演開催

ツイート

スウェーデン出身のエレクトロニック・グループ、スウェディッシュ・ハウス・マフィアが、月曜日(10月22日)記者会見の模様をライブ配信し、2019年5月4日に出身地スウェーデン・ストックホルムで、6年ぶりとなる公演を開くことを発表した。

◆記者会見 動画

アクスウェル、スティーヴ・アンジェロ、セバスチャン・イングロッソからなるスウェディッシュ・ハウス・マフィアは2008年に活動を開始。2010年にデビュー・アルバム『Until One』を発表し、世界各国、とくにヨーロッパで人気を博したが、セカンド『Until Now』(2012年)をリリースした後、2013年に解散した。

3人は、今年3月米マイアミで開かれたフェスティバル<Ultra Music Festival>に揃ってサプライズ出演し数曲プレイしており、再結成するのではと噂されていた。先週、オフィシャル・サイト(Swedishhousemafia.com)に突如、40万秒のカウントダウン・クロックが出現し、それが0に到達した際、記者会見がライブ配信された。



現時点で告知されている公演はストックホルムのみだが、ツアーを行なう計画もあり、新しい音楽の制作にも取り掛かっているとほのめかした。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報