【ライブレポート】ドリフェス!武道館2days、DearDream&KUROFUNEがファイナルステージに万感

twitterツイート


2018年10月20日(土)・21日(日)の2日間にわたり、日本武道館にて<ドリフェス!Presents FINAL STAGE at NIPPON BUDOKAN 「ALL FOR TOMORROW!!!!!!!」>が開催。2次元のキャラクターと3次元のキャストが連動する『ドリフェス!R』プロジェクトの到達点として、メインキャストで構成される2つのユニットDearDreamとKUROFUNEの7人が5次元活動の区切りとなるファイナルステージを迎えた。

◆<ドリフェス!Presents FINAL STAGE at NIPPON BUDOKAN 「ALL FOR TOMORROW!!!!!!!」>写真

2daysで約15,000 人を動員した本公演。オープニング映像が流れると早くもスクリーンに天宮奏をはじめとする2次元のメンバーが次々と登場。そしてスクリーンが上がると、同じ衣装姿の3次元のメンバー、DearDreamの石原 壮馬(as 天宮 奏)、溝口 琢矢(as 及川 慎)、富田健太郎(as 佐々木 純哉)、太田 将熙(as 片桐 いつき)、正木 郁(as 沢村 千弦)、KUROFUNEの戸谷 公人(as 風間 圭吾)、株元 英彰(as 黒石 勇人)が登場し、大歓声が上がった。


「行くぞ武道館!」と、石原壮馬が叫び 1曲目「ALL FOR SMILE!」から、ライブスタート。息の合ったダンスパフォーマンスにさらに歓声が大きくなっていく。7人で2曲続けてのパフォーマンス後、「ついにきたぞ、武道館!」と、改めて、日本武道館へたどり着いた喜びを7人で、噛み締めていた。そしてDearDreamの5人による「Real Dream」(20日公演)、「NEW STAR EVOLUTION」(21日公演)では、アクロバティックな要素も含んだキレのあるダンスを披露し、さらに客席のテンションは急上昇。続いての曲、アニメ映像を背負っての「PLEASURE FLAG」では大きなフラッグを使ったパフォーマンスも見られ、DearDreamのパフォーマンスの成長が感じられた。



そして、スモークと光の中からの登場となるKUROFUNEに、大歓声が巻き起こる。戸谷公人が「みんなも一緒に!」と煽り、客席との「KUROFUNE」「襲来!!」のコール&レスポンスで会場が一体となりヒートアップ。MCタイムでは、「この武道館で、KUROFUNE だからこそ出来ること」として、ゴールドとシルバーの 2 色の光で、アニメで描かれたライブステージさながらの光景で会場中を輝かせた。

そして、ユニット曲、ソロ曲と続く。石原壮馬、溝口琢矢、富田健太郎の3人、『TRAFFIC SIGNAL』によるアニメとのシンクロ率の高い「グローリーストーリー」に客席からは割れんばかりの歓声があがり、21日(日)の公演では、「MAY BE, LADY!」の人気曲でミラーボールの星が煌き、その勢いのまま、溝口琢矢・正木郁のユニット曲では色気たっぷりのパフォーマンスで歓声が鳴り止まない中、キレのあるダンスで魅了。続いて溝口琢矢・富田健太郎のユニット曲でも息がぴったり合ったキレのあるダンスをみせ、客席を熱狂させた。

ジャンピングポップアップで元気よく飛び出した太田 将熙、正木 郁のユニット、『W-MaSKat』は、「STATRING TOGETHER」を歌唱。21日(日)の公演の日替わり曲では「You are my RIVAL」で、二人の仲睦まじい様子が微笑ましく、客席からの歓声もより一層大きくなる。それに対抗するかのようにKUROFUNEの二人も、「BEST☆★PARTNER」で、絆の深さを見せつけるようなパフォーマンスを繰り出す。

また、それぞれのソロ曲の初披露では、アニメで描かれた2次元メンバーのアイドル活動の軌跡を編集した映像をバックに、それぞれの想いを込めたソロを歌い上げ彼ら自身の成長した姿で魅せ、客席を各自のメンバーカラーで染め上げた。DearDreamの5人による「真夏色ダイアリー」では、タオル曲タイムに。客席はカラフルなライトとタオルでさらに鮮やかさを増し、会場中が手拍子とダンスでさらに一体感を増した。

MCタイムでは、5人の和気藹々としたトークで観客を楽しませ、会場は、アットホームな温かい空気に包まれた。さらに、21日(日)の公演では客席すべてを巻き込み、大きな光の波でのベストオブウェーブを作り上げた。

DearDreamと、KUROFUNE、7人が、新衣装でステージに集合すると、新衣装のお披露目となる嬉しさなどを語り合い、さらに、今回のライブの描きおろしキービジュアルと同じシチュエーションで客席と一緒に、記念写真撮影タイム。これで、5次元のビジュアル(5次元写真)完成となった。


ライブは、ラストスパートに突入。DearDream「ユメノコドウ」、KUROFUNE「Future Voyager」では、背景映像のアニメーションとともに、ストーリーのクライマックスを感じさせる。そして、本編を締め括ったのは「シンアイなる夢へ!」。曲中で、KUROFUNE も登場し、DearDream・KURORFUNE の、7人でラストの楽曲を歌い終えると、サイコーの笑顔でステージを後にした。

その後、アンコールを待ちわびるファンたちの恒例の「イケるっしょ!」コールが響く中、スクリーンに新作のアニメ映像が映し出され、2次元メンバー7人がアンコールの感謝を伝えたのに合わせて、3次元メンバーの7人も登場し、アンコールでは、「インフィニティ・スカイ」を披露。そして、MCタイムで、ひとりずつ、これまでの「ドリフェス!」への想いなどを語った。

   ◆   ◆   ◆

<21日(日)公演より>
株元: 今日はありがとうございました。3年、長かった。
こうしてみなさんと武道館でファイナルを迎えられて幸せです。
ここに来れたのは、スタッフ、そしてみなさん(お客さん)のおかげです。
「ドリフェス!」を愛してくれた、みんな一人一人に感謝しています。本当にありがとうございました。

戸谷:こうして、(ライブに)来てくれるプリンセスのおかげ、そして、支えてくれるスタッフのおかげ。
本当に感謝です。これからまた、それぞれの道を歩んでいきます。ファンのみなさんも明日からそれぞれの道に進んでいくわけですが、「ドリフェス!」は永遠に心の中に生き続けます。
それを思い出して、一緒に頑張っていけたら僕たちも幸せだし、みなさんも幸せになってくれたら嬉しいです。
そして、サイコーの、永遠の相方に会えて幸せでした。

正木:僕がこの芸能活動をスタートしてから、3年間ずっと「ドリフェス!」が一緒でした。
大好きなメンバーとスタッフと一緒に、たくさん、いろんなところに行って来ました。
ファンの皆さんに感謝を伝えたいです。僕たち3次元にも、2次元たちにも、会いに来てくれたみんなが大好きです。ドリフェス!は、僕の青春でした。
僕に色々な夢を与えてくれてありがとう。僕たちに、7人に、14人に、出会ってくれてありがとう。

太田:「ドリフェス!」が始まる前は、正直、自分の道に迷っていました。
そんな中、「ドリフェス!」で(片桐)いつき、DearDream、KUROFUNE、みんなに出会って、そして、みんなに出会って人生輝き出しました。
(DearDream)5人で、ドリカ 配って、7人でイベントして、こんなに大きくなった。
みんなひとりひとりがいたから、ここまでこれました。今、胸を張って、武道館に立ってます。
みんなも、絶対に誇りに思っててほしいです。ファイナルだからじゃなく、みんながいたから、実力で武道館というステージを勝ち取った。出会ってくれて、ありがとうございました。

富田:今日は武道館に来てくれてありがとうございます。
初めてのことだらけで、全力で、迷いながらも、7人で、がむしゃらに走って来ました。
まさかこんな景色が見れるなんて、3年前は、思ってませんでした。皆さんがいたからだと思ってます。
アニメに触れてこなかった自分が、今回、アニメ・声優の世界に触れ、声優の素晴らしさや難しさを知り、この仕事が素敵だなと、思いました。佐々木純哉と自分は、別々の人間であって、でも、互いに尊敬しあうものとして、表現しようとしました。その想いが伝わりづらかったかもしれませんが、でも、今日、純哉の気持ちが少しわかった気がしました。5次元って素晴らしいなと思いました。同時に、一緒に立ってるこのメンバーのことが誇らしいです。みなさんも、夢を追いかけて、掴んで、叶えてください。最高の夢を叶えました。
ありがとうございました。

溝口:「ドリフェス!」が始まり、(自分の担当カラーが)「青だよ」と言われて、最初は戸惑いました。
「青」という色は、大好きで、憧れで、「青」は自分とは、真逆だと思ってました。憧れだっただけに、その「青」になることが最初は苦しいかなと思うこともあったんですが、元々好きだった分、プレッシャーも最初はあり、でも、なぜ頑張れたかと思うと、仲間がいたからです。「青」のイメージを、メンバー、スタッフと、一緒につくっていけました。
みなさんから「慎くんが好きですよ」といってくれる言葉を聞いて、頑張って来てよかったと思いました。
みなさんから応援<エール>を受け取れる、そんな場所がある、この「ドリフェス!」プロジェクトって本当に、素敵だなと思っています。この空間、この感謝、絶対に忘れません。本当に幸せでした。

石原:今日は、今まで思い出さなかったことも思い浮かんで来ました。
カード配りから始まり、全国行脚では、場所によっては(お客さんが)少ない人数のときもありました。
そんな時でも、応援してくれる人はそこにいたし、今日も、こうして、見えるだけでも、こんなにたくさんの人がいて、見えないところにも、たくさん応援してくれた人がいて、その積み重ねで僕たちは、今日、ここまで来れました。出会いが多かった分いろんな思い出があります。
みんなが武道館に連れて来てくれました。誇らしいです。3年間の中で出会った人たち、みんなの力で、夢だった武道館のステージに、今日ここに立っています。みんなに連れてきてもらいました。
みんなの気持ちも受け取り、サイコーのファイナルステージだなって思います。スタートした時には、考えられなかった武道館のステージがあり、そしてたくさんの出会いがあった。だから、何も悲しくないと思うんです。
僕らも、武道館に立たせてもらったことは、誇りに思いますが、みなさんも、誇っていい。
みんなで来ました、武道館。僕らだけでは「ドリフェス!」は、できません。
今まで出会ったみんなで、真の「ドリフェス!」を作りあげてファイナルステージまで走り抜けました。
みんなで称え合いましょう。ありがとうございました!

   ◆   ◆   ◆

それぞれが想いを熱く語り、中には、感極まり、涙を堪え切れないメンバーも。
21日(日)公演では、客席から、イケるっしょ!の応援<エール>の声も上がり、改めて「すげーな、『ドリフェス!』って」と、石原壮馬は、かみしめた。みんなが支えてくれて、センターにしてくれたと語る。株元英彰は、「最年少ながら、センターをがんばった壮馬に拍手」と称えた。

そして最後に、「歌にぶつけましょう」と告げ、7人で「ETERNAL BONDS」を歌い上げ、スクリーンにアンコールの T シャツ姿で登場したのは2次元の7人、そしてステージ上の7人、全 14人で最後のステージを締めくくった。

さらに、21日(日)公演のダブルアンコールでは、「みんなが、『ドリフェス!』の一員と思って全員で曲を完成させよう!」と再度、「ALL FOR SMILE!」を歌唱。「ALL FOR TOMORROW!!!!!!!」 という、今回のライブテーマ通り7人のメンバー、そして客席の一人一人が、これからくる明日を楽しめるよう、「笑顔を超えるサイコーの明日に向かって。」と、笑顔で締めくくられる、5次元アイドル応援プロジェクト『ドリフェス!』らしい、FINAL STAGE となった。


メンバーからの公式コメント

■石原壮馬
数えきれないほど沢山の応援本当にありがとうございました。みんなで目指し辿り着いた日本武道館は最高の空間になりました。思い返せば色んな出会いも出来事もあって、それが全て積み重なり繋がって今日という日になった訳で、感動と感謝で身が破裂しそうです。最後は笑いしか出ませんでした。笑いまくりました。なんだかハッピーで他の感情は一切なくなって愛おしい気持ちと明日への力だけが残りました。これはみんながくれたプレゼントだと思ってます。明日も生きていける。ありがとうございました。

■溝口琢矢
サイコー超えていました。「ドリフェス!」が大好きな皆さんの応援の力で、僕らはこの武道館で最高を超えることができました。本当にありがとうございました。感謝してもしきれません。でも今回のステージは「ALL FOR TOMORROW!!!!!!!」です。皆でまだまだ一緒に最高を更新していきましょう!僕はずっとこの景色を忘れませんし、感謝をお返していきたいです!この先も変わらず応援して頂けたら嬉しいです!頑張ります!武道館2days ご来場ありがとうございました!!

■富田健太郎
武道館 LIVE 最高超えてました!感無量でした。3年間の色んな想い出が走馬灯のように駆け巡って一つ一つのペンライトの光にその想いが映ってるようでした。燃え尽きました!
僕はドリフェスに出会って貴重な経験をさせてもらいました。
ずっと支えて下さったスタッフの皆様、見えない所で関わってくれた皆様、そしてずっと応援してくださったファンの方、全ての人の愛が「ドリフェス!」を作り上げました。
その全ての想いに感謝でいっぱいです。本当にありがとうございました!
僕たちは皆さんのおかげで夢を叶えることが出来ました!そして皆さんに夢を与えられる人間になることが出来るように富田健太郎大きくなります!一人一人のみんなの人生が笑いの絶えない素敵な人生になることを祈っております。本当にありがとうございました!!

■太田将熙
『ALL FOR TOMORROW!!!!!!!』武道館 LIVE 2days ありがとうございました!
3月5日に発表した武道館ライブ、たくさんのエールのおかげで予想してなかった 2days になりました。
思えば、3年前にこれ受かったら人生変わるかもねって壮馬と話しながら受けてた「ドリフェス!」のオーディション。あの時の僕に言いたいです。本当に人生変わったよって。
ひたすら楽しみながら駆け抜けた3年間でした。片桐いつきとDearDreamとKUROFUNEと、そして応援してくれる皆に出会って僕の人生は輝き出しました!この先も僕はいつきと一緒に歩んでいきます。
ドリフェスはずっと僕のホームです。

■正木郁
「ドリフェス!」武道館ライブ、本当に本当に本当〜に最高でした。夢のような時間でした。何千もの光の波が、虹色に輝いて僕らを照らしてくれていた。僕らが歌えばみんなの顔が煌めいて、僕が想いを伝えればみんながエールで応えてくれる。ファンの皆さんがいてくれるからこそ、「ドリフェス!」は武道館に立つことができて、これほどの曲を歌えるようになりました。感謝してもしきれない。でも、何よりも伝えたい気持ちは感謝だから、しっかりと伝えます。ファンの皆さん!本当にありがとうございました!!

■戸谷公人
2 日間武道館ありがとうございました。最高を超えるって感覚を初めて感じられました!
今までで間違いなく 1 番楽しい空間でした!本当に皆さんに感謝しかないです!
KUROFUNE を「ドリフェス !」を愛してくれて風間圭吾、戸谷公人を愛してくれてありがとうございました!
風間圭吾は心の中に生き続けます!そしてこれからがスタート!
絶対に後悔させないのでこれからも付いてきてください!
全てに感謝!ありがとうございました!!

■株元英彰
長いようで短いような、短いようで長いような3年間でした。武道館という最高峰のステージでファンの皆さんに直接ありがとうを伝えられた僕らは本当に幸せ者です。
武道館に連れてきてくれて、本当にありがとうございました!
エールをくれたファンの皆、全力でサポートしてくれたスタッフの皆さん、メンバー全員に感謝しかありません。
2次元のDearDreamとKUROFUNEは少し休みにはいりますが、3次元の僕たちメンバーは「ドリフェス!」で貰ったエールを胸にこれからも各々の現場で生きていきます。これからも応援して下さい。
「ドリフェス!」の絆は不滅!

セットリスト<ドリフェス!Presents FINAL STAGE at NIPPON BUDOKAN「ALL FOR TOMORROW!!!!!!!」>

2018年10月20日(土)・21日(日) 日本武道館
1. ALL FOR SMILE!
2. Dream Greeting!
3. Real Dream(Day1) / NEW STAR EVOLUTION(Day2)
4. PLEASURE FLAG
5. Tomorrow’s Song
6. ARRIVAL -KUROFUNE Sail Away7.FACE 2 FAITH(Day1) / シナリオ(Day2)
8. グローリーストーリー
9. 薔薇の三銃士(Day1) / MAY BE, LADY!(Day2)
10. 君はミ・アモール
11. Magnetic Emotion
12. Symmetric love
13.STARTING TOGETHER
14. リバーシブル→バレンタイン(Day1) / You are my RIVAL(Day2)
15. BEST☆★PARTNER
16. ハピハピハッピー♪スマイリング☆
17. Wherever I am
18. Dream Painter
19. Lifetime=Partytime!
20. 真夏色ダイアリー
21. RING
22. SINGIN’ IS ALIVE
23. Whole New World
24. リフレイン
25. Run After Blowin’ Wind!
26. ユメノコドウ
27. Future Voyager
28. OVER THE SEVEN SEAS
29. GO TOMORROW!!!!!
30. シンアイなる夢へ!
EN1.インフィニティ・スカイ
EN2. ETERNAL BONDS
W-EN ALL FOR SMILE!(Day2 のみ)

■5次元アイドル応援プロジェクト「ドリフェス!R」
DearDream
・天宮 奏(CAST 石原 壮馬)
・及川 慎(CAST 溝口 琢矢)
・佐々木 純哉(CAST 富田 健太郎)
・片桐 いつき(CAST 太田 将熙)
・沢村 千弦(CAST 正木 郁)

KUROFUNE
・風間 圭吾(CAST 戸谷 公人)
・黒石 勇人(CAST 株元 英彰)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報