cinema staff飯田瑞規、初のソロ作品を突如配信リリース

ツイート


cinema staffのボーカル&ギター・飯田瑞規による初のソロ作品「眩暈」が本日10月24日(水)に配信リリースされた。

◆飯田瑞規 画像

現在放送中のTVアニメ『東京喰種トーキョーグール:re』のエンディングテーマ、österreich(オストライヒ)「楽園の君」にボーカルとして参加して話題となった飯田。今回のソロ配信は事前に何の前触れもなく行われた。飯田のソロ作品リリースはもちろん今回が初めてのことだ。

飯田が自ら作詞作曲した楽曲「眩暈」は、cinema staffとして驚異的本数のツアーを回っている最中でありながら、「楽園の君」からの刺激を受け、旅先のホテルを抜け出し、近くの公園で弾き語ったデモからスタートしたという楽曲。飯田の生々しい弾き語りから始まり、透き通った声とファズギターの広がりでピークに達する劇的なナンバーとなっている。曲を書いた瞬間にスタジオに入り、レコーディングを完了したとのことである。cinema staffの楽曲とはまた違う、飯田個人の息づかいに触れるような魅力が響くトラックだ。

cinema staffは現在、インディーズデビューから数えて10周年にあたる節目のタイミングであり、6月から5ヶ月間に渡りツアーを開催中。10月26日にその一連のツアーの集大成として渋谷TSUTAYA O-EASTにてBRAHMANとのツーマンライブを控えている。

■飯田瑞規コメント
突然の、そして、初めてのソロ作品です。
「楽園の君」のレコーディングを終えて、すぐに書き始めました。
ボーカリストとしての貴重な経験に、背中を押して貰えた気がしています。
歌詞は実体験。
自分の通り抜けて来た「眩暈」、そして純粋にこれからのことを歌っています。
ずっとcinema staffの飯田を見てきてくれた人も、今回アニメを機に知ってくれた方も、是非一度聞いて頂けると嬉しいです。宜しくお願いします。



飯田瑞規 配信シングル「眩暈」

2018年10月24日(水)リリース
特設サイト https://mizuki-iida.ponycanyon.co.jp

◆飯田瑞規 配信シングル「眩暈」サイト
◆cinema staff オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報