B・ディッキンソン、ロックの殿堂を批判「ロックンロールのことわかってない。ビール飲め」

twitterツイート

アイアン・メイデンのブルース・ディッキンソンが、ロックの殿堂を批判した。1980年にレコード・デビューした彼らは、10年以上も前に殿堂入りする資格を得ているが、候補に挙がったことさえない。

◆ブルース・ディッキンソン画像

昨秋出版した自伝『What Does This Button Do?』をプロモートし、今月、オーストラリアでスポークン・ワードのツアーを行なったディッキンソンは、メルボルン公演(19日)のQ&Aセッションで、ファンから「アイアン・メイデンはロックの殿堂入りすべきだと思うか?」と問われた。

彼は「もちろん」と即答した後、歓声に応え、「俺は、ロックの殿堂は全くもって、完全に馬鹿げたものだと思ってる。正直言うとな。ロックンロールのことなんかまるっきりわかっちゃいない聖人ぶった忌々しいアメリカ人の集まりによって運営されている。あいつらはプロザック(抗うつ剤)をやめて、ビール飲み始める必要があるな」と話し、オーディエンスを笑わせた。

ディッキンソンのスポークン・ワード・ツアーは、10月24日にオーストラリアでの日程が終了。12月にはイスラエル、ノルウェー、アイスランド、スウェーデンで開催される。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス