【インタビュー】ヒステリックパニック、毒々しい新作を携えて全国ツアーへ「1回来てほしい。来て怖かったらマジで謝るから」

ツイート
PR

10月31日にミニアルバム『Hypnotic Poison』をリリースするヒステリックパニック。“催眠毒”というタイトルの通り、今作で彼らが掲げたコンセプトは、ずばり“毒”。いつも以上にヘヴィでラウドな要素が色濃い、彼ららしい毒っ気たっぷりな全7曲になっている。しかし、そもそも彼らは“このバンドの強みであり、アイデンティティ(とも談)”でもある“毒”をテーマに選んだのか。11月からスタートする<どくどくツアー>のことなど、メンバー全員に話を訊いた。

■10代の頃の自分が聴いたら、思わず拳を挙げてしまうようなものにしたかった

──もともとバンドにある要素だったとはいえ、今回はなぜ“毒”を強く押し出そうと思ったんです?

とも(Vo):春に出したEP(『666』)までは、ポップとかキャッチーなほうにフォーカスを当てていて。そこもこのバンドの強みではあるんですけど、次の作品をどうしようという話し合いをしていたときに、純粋にカッコいい楽曲を作りたいねっていう方向で意見がまとまったんですよ。初期衝動というか、10代の頃の自分が聴いたら、思わず拳を挙げてしまうようなものにしたいっていう。それはTack朗(G,Vo)が言い出したんですけど。

Tack朗:この前、ELLEGARDENが復活したじゃないですか。今でもたまに聴いていたんですけど、復活のタイミングでめちゃめちゃ聴いたんですよ。で、初めて聴いたときからもう10年以上経つんですけど、その当時の僕が、今の僕らの音楽を聴いたらどう思うのかなって。

──なるほど。

Tack朗:僕らがやっている音楽って、自分たちをキャラクタライズするというかデフォルメして、ポップでキャッチーでみんなが楽しめるものを作っているけど、それを10代の自分が見たらどう思うんだろうと思ったんですよね。だから今回は、あの頃の自分に戻って、純粋にカッコいいと思うものを突き詰めたものを作りたいと思って。なので、キャッチーは大事にしつつ、ポップさは抜いてとにかくシンプルに……とはいっても、シンプルではないと思うんですけど(笑)。僕ら的にスタイリッシュというか、シュッとした感じの曲を集めました。だから、今回は珍しくあんまりふざけてないんですよ。1曲だけちょっと問題な曲があるんですけど。


取材・文:山口哲生

【先行配信情報】

「絶対×絶命」先行配信中!
ミニアルバム『Hypnotic Poison』のiTunes予約絶賛受付中!
https://jvcmusic.lnk.to/hystericpanic_zettai

【新譜情報】

ミニアルバム『Hypnotic Poison』
発売日:10月31日(水)
VICL-65068 ¥2,100(tax out)

<収録曲>
1.絶対×絶命
2.俺は赤ちゃん
3.Venom Shock
4.ノット・イコール
5.GO! GO! MANIAC
6.Shut up
7.夢遊病

■配信情報
『Hypnotic Poison』はiTunes Store、レコチョク等主要配信ストア、Apple Music、LINE MUSIC、Spotify、AWAなど主要定額制音楽ストリーミングサービスにて10月31日より配信スタート。
https://jvcmusic.lnk.to/hystericpanic_hypnotic

【ツアー情報】

ヒステリックパニック <どくどくツアー(ワンマン)>
11月15日(木) 札幌 DUCE SAPPORO
11月17日(土) 仙台 enn2nd
11月28日(水) 東京 リキッドルーム
11月30日(金) 金沢 金沢AZ
12月7日(金) 福岡 DRUM Be-1
12月11日(火) 大阪 梅田CLUB QUATTRO
12月16日(日) 高松 DIME
2019年1月4日(金) 名古屋 Zepp NAGOYA (ツアーファイナル)
http://www.hystericpanic.com/schedule/
DiGa:Online
この記事をツイート

この記事の関連情報