来日間近のスティーヴ・ハリスのBritish Lion、新作のレコーディングを終了

ツイート

アイアン・メイデンのベーシスト、スティーヴ・ハリスは、サイド・プロジェクトBritish Lionの新作のレコーディングを完了したそうだ。

◆British Lion画像、動画

ハリスは2012年に初のソロ・アルバム『British Lion』を発表し、British Lionとしてライヴ活動をスタート。新作はブリティッシュ・ライオンの“セカンド”と表している。

新作のサウンドについて、ハリスは『The Metal Voice』のインタビューでこう語った。「バンドはこの5、6年のライヴで進化した。僕ら、ヨーロッパなんかでたくさんプレイしてきた。だから、よりタイトなバンドになってる。(前作)よりヘヴィになってると思う。曲は…、そうだな、UFO、シン・リジィ・タイプの影響はまだある。でも、総体的に、もうちょっとハードなエッジがある」

リリースは、アイアン・メイデンの活動次第で、まだいつにするかは決めていないという。





British Lionは、メイデンがツアーから休みを取っている間の11月、カナダ、南米、そして日本でツアーを行なう。日本では、11月26日大阪(なんばHatch)、27、28日東京(EXシアター六本木)で公演を開く。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス