ディアハンター、3年ぶりアルバム1月発売+新曲公開

twitterツイート


ディアハンターの3年振り8枚目となる最新アルバム『Why Hasn’t Everything Already Disappeared?』が2019年1月18日(金)にリリースされることが発表され、あわせてアルバムのオープニングを飾る新曲「Death in Midsummer」も公開された。

◆「Death in Midsummer」MV映像

07年の『Cryptograms』で高い評価を受けた後、「4AD」からリリースされた08年の3rdアルバム『Microcastle』と10年の4thアルバム『Halcyon Digest』が国内外で評価され、今やレーベルの顔となった米アトランタ出身の4人組ロックバンド、ディアハンター。その最新作のプロデュースは、ディアハンターに加えて、ウェールズ出身のシンガーソングライター、ケイト・ル・ボン、ナールズ・バークレイやアニマル・コレクティヴを手がけたベン・H・アレンIII、前作にも携わったベン・エッターが手がけている。また国内盤には、3曲のボーナストラックが追加収録され、歌詞対訳と解説書が封入される。iTunes Storeでアルバムを予約すると、公開された「No One’s Sleeping」がいち早くダウンロードできる。


また、アルバムリリース直後に、同アルバムをひっさげた初パフォーマンスがここ日本で実現する。ギャング・ギャング・ダンス、オルダス・ハーディングと共に東名阪を巡る。



尚12月には、“ヴェルヴェット・アンダーグラウンドとマイブラッディ・ヴァレンタインの交差点”にして、ゼロ年代インディロック最重要作のひとつ、『Microcastle / Weird Era Cont.』の発売10周年記念盤がリリースされることも決定している。発売に合わせて2019年に設立40周年を迎える4ADの人気タイトルやオリジナル・グッズなどを加えたキャンペーンを実施し、対象商品購入者には4ADの新旧人気音源が収録されたスペシャル・サンプラーCDがプレゼントされるとのこと。詳細は後日発表予定だ。

■公演情報

4AD presents Revue
DEERHUNTER, GANG GANG DANCE and ALDOUS HARDING
SPECIAL GUEST DJ: 4AD LABEL BOSS SIMON HALLIDAY

[大阪公演]
2019年1月21日(月) BIGCAT
OPEN/START 18:00
前売¥7,000 (税込/別途1ドリンク代) ※未就学児童入場不可
INFO: SMASH WEST 06-6536-5569 / [http://smash-jpn.com] [http://smash-mobile.com]
TICKET発売: イープラス、ぴあ(P:130-779)、ローソン(L:52132)

[名古屋公演]
2019年1月22日(火) ELECTRIC LADYLAND
OPEN/START 18:00
前売¥7,000 (税込/別途1ドリンク代) ※未就学児童入場不可
INFO: JAIL HOUSE 052-936-6041 [www.jailhouse.jp]
TICKET発売: イープラス、ぴあ、ローソン

[東京公演]
2019年1月23日(水) O-EAST
OPEN/START 18:00
前売¥7,000 (税込/別途1ドリンク代) ※未就学児童入場不可
主催: シブヤテレビジョン INFO: BEATINK 03 5768 1277 [www.beatink.com]
TICKET発売: イープラス、ぴあ、ローソン(L:74192)、iFLYER、clubberia

企画制作: BEATINK www.beatink.com

■アルバム『Why Hasn’t Everything Already Disappeared?』


2019年1月18日(金)発売
label:Beat Records / 4AD
国内盤CD:4AD0089CDJP ¥2,400

TRACKLISTING
01. Death In Midsummer
02. No One’s Sleeping
03. Greenpoint Gothic
04. Element
05. What Happens To People?
06. Détournement
07. Futurism
08. Tarnung
09. Plains
10. Nocturne

Bonus Tracks for Japan
11. Canal Plastics no. 1 (月が点灯したステージ)
12. Canal Plastics no. 2 (白い冬の珊瑚)
13. Canal Plastics no. 3 (武満徹の記憶)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報